AUDIO噺 Beの心

世間にとって私は宇宙人のような存在です。特殊な交渉術を用います。極秘事項のためお見

全体表示

[ リスト ]

メインを追い越せ!

イメージ 1


DCD-1650AEです。ありふれているDENONの機種です。
ARCAMの代選機として購入しました。メイン用で購入しましたが
芯のある音と低音が出すぎたようなのでメインシステムから下げて
サブシステムで活躍させました。
音が穏やかなAMP3300Rと組み合わせてしばらく聴いていました。

現在ではFA1200ESと同軸デジタルケーブルで接続しています。

しかし組み合わせによって音が変わりますね。
当たり前のことですがいろいろやらないとやはりわかりません。

芯のある音でもなく低音の出すぎの音でもなく、うまくウェルバランスを取って
いるように思えます。
アンプの音場補正やバイワイアリング接続の影響もあるとは思いますが
高解像度で低音もきちんと分解されています。聞きやすい音でもあります。

正直に言うとここまでの期待はしていませんでした。
だから書いている本人が一番驚いています。




イメージ 2


SB-M500M2も評価は高かったらしいのですが、まさかここまでの音が出るとは・・。
前にも書きましたが、私がよく行くショップの高級機にも勝るとも劣らない音が出ます。
自分でも信じられないのが正直なところです。
このスピーカーを鳴らし切っていないで判断をしていた自分の経験の浅さ加減を恥じたいところです。
低音もきちんと出ています。鳴らしきっていないでボワボワなんてことはありません。
所有している人がたまにそのようなことを言っていますが、もう一度ちゃんとした状態で鳴らすよう
トライしてほしいものです。
オーディオっていうのはある意味で試されている部分もありますね。




イメージ 3


竹内まりやを見事に歌い上げています。
ピアノの音もきちんとキレイに出ていますし、ボーカルも伸びやかです。
エレキギターなども倍音を伴ってキレイに表現されています。

もしこのアンプを考えている人がいたら、私は推薦したいです。
聞きもしないでデジタルは奥行きがないとか言っているなら聞いて判断をするといいと思います。
いい音を出したらそれが納得できる意見になると思います。

ピュアもAVも関係ありません。いい音を出したらそれが答えです。


スピーカーにはfo.Qのシートが天板に載せてあります。あとはインシュにもかませてあります。
コンセントはオヤイデのXXXを使用しています。
タップはフルテックのTP60を使用。

電源はTX-1000XN、DA-7020isを使っています。
あとはCSEのケーブルやベルキンのケーブルが主です。
それぞれの機器にはfo.Qのインシュやシートを使っています。
ラックはTAOCを使用しています。

メインシステムを脅かす存在になってきているのが面白いところですが
今度はメインシステムにも喝を入れてサブを突き放そうと思います。


※追加


ソニーとしては久々のシンプルなプリメインアンプである。シンプルといってもそこはソニー。並のプリメインではない。まず、増幅回路はS-Master PROと称するデジタル方式だ。これは同社のAVアンプなどに採用されている技術の改良型である。

機能面では自動音場補正機能が大きな特徴だ。付属の測定マイクを通してスピーカーと部屋の特性を測定し、本機が自動で解析し補正する。AVアンプにはよくある機能だが、ステレオ機に搭載されているのは珍しい。実測重量は14.5kg。電源コードは着脱式でしっかりした太めのキャブタイヤだ。スピーカー端子は小型でちょっと使いにくい。内部をのぞくと、アンプのICに装着されたヒートシンクの小ささに驚く。出力は実用最大出力で150W×2となっているが、ピュアオーディオの定格出力に換算すると100W×2程度になる。

音はオーケストラがやや腰高で切れ味で聴かせる。低音のレンジは十分で聴感の力感、量感は重量相応である。ハイエンドはややきめが粗くシンバルの炸裂は僅かに生硬だ。ピアノはソフトで影が薄い感じの鳴り方になる。音場の透明度は最高ではないが自然な空気感がいい。デジタル入力のほうが全体に透明感が増す。ジャズはアナログのほうが厚みがあっていい。それでもクールな印象は変わらない。アナログ入力のボーカルはソフトでしっとりとした質感が秀逸。デジタルでも柔らかく、ささやき声は最高。シンプルな中にも独自の技術が盛り込まれた力作である。

(市川二朗/「AVレビュー(2007年1月号)」より転載)
http://www.phileweb.com/ec/index.php?p=13395
より

この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

立派なシステムですね♪

うらやましいです。

オーディオは凝ってしまったら、時間が足らなくなりませんか?
オーディオだけではないですが、趣味に夢中になっている時は、楽しくて仕方ないですよね〜

2008/6/8(日) 午後 11:28 [ ハセキョー☆ ] 返信する

顔アイコン

時間も足りませんが資金が足りません。
ですのでAMP3300RやB&WのSPなどは友人宅へお嫁に行ってしまいました(身売り)
趣味には発見が付き物ですね。それが好奇心の原動力になっています。

2008/6/8(日) 午後 11:39 flattwin 返信する

顔アイコン

ほんと、オーディオってのは いろいろやってみないとわかりません。ある程度の理屈も必要ですが、やってみると驚きの結果が待っている場合もありますよね!そういうのがまた、楽しみの1つでもあります。音ってのも、ひとそれぞれ感じ方が違いますから 難しい部分もありますが、要は 自分がここちよいか・・・ですかね・・・

2008/6/9(月) 午前 7:16 ジョン主 返信する

顔アイコン

予想される結果以上の成果が出ると驚きますね。
機器による再生音楽ではありますが、リアリティを持っている
音と遭遇するとドキッとします。
AVアンプを毛嫌いする人もピュア派にはいますが、もっとおおらかに
オーディオの楽しみを持つと豊かな世界が広がると思いますし発見もあると思います。

2008/6/9(月) 午前 10:10 flattwin 返信する

竹内まりやさんの「Denim」最高ですよね!
私も時々聞いています。でも、いつもパソコンやPSPでなので今晩は、CDを引っ張り出してユックリと聴いてみますね。しかし、flattwinさんのオーディオの記事は嫌味が無く大好きです。私の様な素人でも楽しく拝見出来ます(笑)。オーディオ愛ですね♪

2008/6/9(月) 午後 2:41 so-kei♪ 返信する

顔アイコン

わー嬉しい!同じCDを持っているとは!
こういうのってすごく嬉しいんですよね(^^♪
さて僕は発見が好きなのであんまり機器にはこだわらないんです。
真空管の音でなきゃダメとか言っていたらつまらないですもん(笑)
それぞれの機器に個性があるんだから、むしろそれを引き出すために
何をどうしたらいいかを学びたいものです。そのほうが楽しいですし。好きなCDがなおのこと「輝き」ますよね。

2008/6/9(月) 午後 3:41 flattwin 返信する

顔アイコン

オーディオは創意工夫でも・いくらでも音が変化しますので、
楽しみだすときりがないくらい楽しいですよね。お金はべらぼ
うにかかることがありますが、楽しみの分と思えば安いものです。

アンプの上に重りを載せるだけでも、スピーカーを逆さに置くだけ
でも・・たったそれだけのことで、音が激変するのですから、やめ
られませんね。僕は今、オーディオに回す資金が少ないのであまり
凝ってはいないですが、資金が回ってきたら、少しずつ、遊びたい
と思います。僕はもっぱら、スピーカーの自作で楽しみます。

2008/6/9(月) 午後 5:39 nek*r*n65 返信する

竹内まりやさん聴いています!
我が家に有る3台のCDの聴ける装置で聴き比べをして見ましたが…
一番お気に入りのCDPが最高の鳴りっぷりでしたよ♪
矢張り、マランツが好きです(笑)。

2008/6/9(月) 午後 8:26 so-kei♪ 返信する

顔アイコン

私がSHARPのAMPを購入した際に、お店のデモはDENONのSA1からデジタルケーブルでSHARPのAMPにつないでいました^^

デジタルケーブルの音の「透明度」+SONYのデジタルAMP+スーパースワン
聴いてみたいなぁ^^

P.S私のデジタルケーブルとアナログケーブルの印象の違いは、デジタルのほうがSNが上がる反面、すっきりし過ぎる?感じがありますが、Flattwinさんはどうですか?

2008/6/10(火) 午前 0:15 [ ひ〜る ] 返信する

顔アイコン

「アンプの上に重りを載せるだけでも、スピーカーを逆さに置くだけ
でも・・たったそれだけのことで、音が激変」

ねこさんの言うとおりです。やってみた後に振動を抑えるという理屈をつけても、初めは偶然に発見した産物かもしれません。いろいろ試すことが重要ですね。でも今のスピーカーは横にはできないや(笑)
スピーカーの逆さま。デイナウディオとかJBLでウーハーが上についたものがありますが聞いてみて大丈夫でした。いやー本当にわからないですね。意見交換のできるブログの大切さが身にしみます

2008/6/10(火) 午前 9:25 flattwin 返信する

顔アイコン

そういえばマランツファンでしたね。
DV8400でSACDを聞いたときに驚いたことを思い出しました。
端正で繊細な音が出ますね。ファンが多いのもうなずけます。
デザインも個性的です!

2008/6/10(火) 午前 9:27 flattwin 返信する

顔アイコン

「デジタルケーブルとアナログケーブル」のお題が出たので今度比較してみようかしら。まあ一応切り替えては聞いたことがあるんですよ

「デジタルのほうがSNが上がる反面、すっきりし過ぎる?」
その傾向はありました。スピーカーの繋ぎ方を変えたら解消されました。すっきりしすぎてデジアンはこんなものかな〜と思っていたのですが今ではフラットに出るようになっています。何かちょっとしたことを変えてみるといいのかもしれません。アナログにも使いこなしがあるようにデジタルにも独特の使いこなしがあるようです。ついアナログと同じようにしてしまいますが・・。今回はその発見ができたことで満足しています。

2008/6/10(火) 午前 9:33 flattwin 返信する

こんにちは。
デノンってやっぱり低音がよく出ますよね。
以前、私もデノンのDCD-1650SLを所有していたことがあります☆

2008/6/10(火) 午前 11:38 [ のんきなカメ♪ ] 返信する

顔アイコン

各メーカーの音決めの方向はあるみたいですね。
試聴はそれがわかるいい機会ですね。
実際に聞かないと低音が出るといってもいろいろありますからね。

2008/6/10(火) 午後 1:46 flattwin 返信する

顔アイコン

こんにちは〜DCD-1650AEはいいモデルですよ♪
サブシステムにはもったいないです。
私は・・DCD-1650AZ使ってた時ありましたよ。
サブです、アキュフェーズとは違った音の傾向ですね
これが、オーディオの楽しみです(^-^ )♪
シッカリしてた良い、CDプレーヤーでした◎

2008/6/10(火) 午後 7:33 mpx 返信する

顔アイコン

本当はメイン用に買ったのですがアキュの音を聞いたら
好みだったんですねえ(笑)
MPXさんのオススメもあったですしね(^^)v

2008/6/10(火) 午後 9:35 flattwin 返信する

こんばんは♪
デジタル領域のオーディオは、今後ピュアやAVといったカテゴリー感が通用しなくなるかもしれませんね。
それだけ、AV系も含めたデジタルアンプのクオリティが上昇しているのでしょう。

小生も昔、サブでSB-M300を使用しておりましたが、ビックリのスケール感あるスピーカーでしたね・・・flattwinさんのSB-M500M2も聴いてみたいものです(^o^)v

2008/6/11(水) 午前 1:57 ガンドルフ鏡 返信する

顔アイコン

オンキョーのスピーカーもそうですね。
能率が低いですがデジアンな駆動力のおかげで成り立つ商品になっています。
昔の製品で鳴らしきれなかったものを今の技術で鳴らすということは当たり前ですが昔にはできなかったことです。
こういうアプローチで新たな発見をすると楽しいと思います。
とはいいながら個人的にはなじんだ石アンプの音のほうが好みですけど(笑)
M300をお持ちでしたか。この製品ももっている方はみなさんそうおっしゃっていますね

2008/6/11(水) 午前 9:20 flattwin 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事