釣りバカ『のぶちゃん』奮戦記!

本日の出漁は?何のお刺身が食べれるかなー?

のぶのひとりごと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

しばらく滞っていたブログ、季節はとうに春爛漫のポカポカ陽気だというのに、自分は

 なにやってんだろーと思う。例年不調の一、二月をやっと乗り越え これからって時期やのに・・・

 世間は好景気のように いろいろ耳にはいってくるが このしがない小商いの小生には一向に

 その流れに乗れないでいる。

 多分 格差の末端に追いやられている我が地域、業界、そして能力でもその兆しか゛・・・。

 クッソー、デビルレイズの岩村も絶好調の成績で頑張ってるっちゅーに 負けるかーって

 海に出ておらんでみたいもんや・・・・・

 最近の自分には 本当になさけない自虐の気持ちばっかりが先走る・・・・。

きっとこんな時こそ 釣りにでも行ってストレスの発散と、気分転換に行けってことやないかなーっと。

 明後日なにもなけりゃー行っちゃろー。

開く コメント(1)

子供達へ

イメージ 1

 
 あと少しで 娘が嫁ぐ・・・

なんせ初めてのことゆえ、決まってから はや三ヶ月。 日一日と近ずくその日に 親父として

なんとも言えぬ複雑な気持ちの今日この頃なんである。

 いつまでも親にパラサイトされるのも困りものだが、かと言って 毎晩 家で団欒してた者が

一人欠ける シーンとしたこの瞬間、夜長 ワイフと二人っきりの静かなこの時間。

 やっぱりなんか違和感が・・・・

いずれはこんな日が来ることは想像はしたものだが・・・

まだ息子が同居してるからいいようなものだけど、彼もいずれは・・・と考えると

 やっぱり親父としては さみしさがこみあげるもんである。

自分の若かりし頃も嫁の親は 多分同じ想いをしていたに違いない と今になって

改めて理解した のぶであった。

 世の中は順繰りである。  

しかし釣りに行きたい。 釣れなくとも構わない、船に乗りたい、釣り糸をたれたい。

ストレスのたまる 最近の業況は!

開く コメント(1)

海は誰のもの?

イメージ 1

こないだの話 いつも出漁するエリアで ポイントの新規開拓してたときのこと。

たまたま通りかかった所で、いつもネットで拝見している老夫婦が真珠いかだで かかりづりを・・・

こんにちはー いつもネットで拝見さしてもらってます。 今日は釣れてますかーって気安く話しかけ

話をさしてもらおうと 少し離れたところて゛船を掛けさしてもらい 

仕掛けを降ろすかおろさぬかのうちに、ある貸し船屋の親父が来て きょうはいいけど そこは

家のイカダじゃけん かけられんっだって。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2e/27/flipper_344/folder/343012/img_343012_11646405_1?2007-01-15

この広い海の これだけ沢山ある真珠イカダのしかも本当にその親父の所有かどうかもわからん

イカダの しかも今きたばっかの自分に早速のイジワル親父ぶり。

レンタルのお客以外はさも敵じゃ と言わんばかりの横柄な態度で いやみな態度。

体はでかくてネットだと空手もやってるとか・・・

その割には人間のスケールのちっちぇー奴やなーっと思いながらも、向こうは商売、

こちらは遊びやから・・と その場はすんなり場所変りしたもんだけど

しかし、海は一体誰のもんなんやろーって疑問がわいた。

もちろん漁業者の施設を傷めたり、無断で立ち入ったり、は イカンのはよくわかるし

そんなことしようとも思わんけれど、でもイヤーな気分になった午後であった。

知識不足で漁業者様ごめんなさい。

開く コメント(0)

イメージ 1

 このところの日本の事件事故を耳にするにつけ、この二十年の間の時代の流れを考えてしまう。

かく言う自分も こうやってブログなどやってるけど、ただ一つ忘れてならない とても今の

日本人に必要欠かざるもの。 中年親父のたわごとと・・・

人間ひとりひとりのこの世での所作は きっと天国の神様が ぜーんぶお見通し  だってこと

近頃 人にバレなきゃ 何してもいい、勝てば官軍、負ければ賊軍 的な、すべてはカネカネ 的な

自分さえ良けりゃ・・・ 人が見てなきゃなんでもOK 的な大人が多すぎる。

 TVも視聴率一辺倒的だし、サラ金のコマーシャルが横行し、問題発覚すればマスコミこぞって

総袋叩き・・・・将来を背負う20~30代の若者も フジテレビのバカ番組に溺れ

夫婦も半数は惰性の生活で、不倫や浮気は日常茶飯事。

 そんな昨今の日本の子供達が、そんな大人の世界を観て どんな風に考えるか想像する大人は

いるんだろうか。 そんな子供達が大人になって事件を起こしても それを責める資格が

今の大人たちにあると思えるだろうか。 きっと今の大人の方が ガキより始末におえない

おネンネ化しちゃってる事態に この日本の将来に憂いを持たざるを得ない。

 今我々大人は 自分ひとりを一人と思わず 誰彼かまわず 清く正しく美しい生き方をすべき

じゃないやろか。 さすればきっと神様も気持ちよくあの世に受け入れてくれるやろうし、

自分たち一人ひとりの生き様としても、何の後悔も残らないだろうし、

シンプルにストレートにそう思うのだけど・・・・

天の神様が見てらっしゃると思えば 間違った事は何一つ出来っこないはずやのに・・・

自分は無神論者だけど しかし何が正しくて、何が誤りかぐらいはわかるつもりゆえ・・・

将来の日本や地球の全世界の子供達の為にも 一人ひとりが正しく生きるべきと・・・

開く コメント(1)

釣り納め前日

イメージ 1

  06年12月30日 明日は大晦日 やっと仕事も何とか一段落して、久し振りの天候も予報では

 最高のようなので 正月用の真鯛、モイカをゲットすべく今年の釣り納めときめこんだ。

 昨日は忘年会で チョット日本酒を飲みすぎ 帰りの代行に乗る頃からほとんど記憶がとだえて

 今になっておなかがムカムカしてる。

 体調は今一だけど なんと魚達が呼んでるので 二度目の出漁ってことに・・・

  しかし今日、明日はたぶん他の釣人も わんさか押しかけ帰りはメッチャ渋滞の予感

 一人の片道二時間のドライビングは行きはよいよい 帰りはしんどーい行程。

 でも刺身が食べたいから っなこた言ってられんしってことで 行ってきまーす。

  あの世に逝ったりして。

 

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事