ここから本文です
ぶらり日帰りの旅
休日の朝、行き先決めずにぶらり〜と家を出る

書庫全体表示


  紅葉! 今年最後のトリは 『嵐山』 (^o^)vピース
 
 朝、8時30分頃に阪急・嵐山に到着デス大勢の観光客が来る前に満喫しよう〜♪

   まずはベターなところで 「渡月橋」
イメージ 1

嵐山紅葉見頃も終盤戦!

今週の休日で最後です。

明日の27日雨予報やし・・・










  歩いた順番通りに写真を紹介しましょうか・・・(v^∇^)v

イメージ 2


保津川付近の紅葉デス。


付近と書いたのは、渡月橋一帯は「大堰川」(おおいがわ)と呼び、それより上流は「保津川」と呼び、渡月橋より下流を「桂川」と呼びます。




   次は 「竹林」 天龍寺北側から大河内山荘付近へと続く道です。

     観光客が少ないタイミングでの撮影は大変デス (´^`;)

イメージ 3

  さて、更にテクテク歩きます・・・
  
   落柿舎(らくししゃ)

イメージ 4
松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵で、去来がこの草庵について書いた「落柿舎ノ記」がある。古い家の周囲には40本の柿の木があったという。 庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。
 
ウィキペディアのマルマルコピ−です ゙(6 ̄  ̄)ポリポリ 

   次は 、「清涼寺(せいりょうじ)」 です。 ←リンク

 イメージ 5
 

正門は遠くから見ても立派です。













 
 嵐山・紅葉で有名な寺社は既に過去数回も拝観済みなので、今まで拝観していないお寺に参ります。

  最後は、 「宝筐院(ほうきょういん)」 ・・・前日調べました r(^〜^*)テヘ
 
イメージ 6

どんどん 観光客(拝観者)が入っていきます。


楽しみデス・・・











     言葉はいりません・・・ 【見頃】 ですネ〜♪
 
イメージ 7

イメージ 8


人が前を横切るので、撮影タイミングが難しかったですね〜
<(^ー^ι)



































イメージ 9

     やぁ〜 数年ぶりの嵐山ですが、前日調べたかいがありました  (^▽^)

  

  さて、大勢の観光客が押し寄せて来ました・・・
 
        お昼頃には撤収デス ( ̄ー ̄)キッパリ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事