全体表示

[ リスト ]

映画「ブラッド・ダイヤモンド」を見てきました。
中身の濃さ、映像から受ける衝撃、日ごろ目を向けようとしない暗い真実、
最近見た映画の中ではかなりオススメの一本です。

人によっては、あまりに残虐すぎるのでちょっと・・・という声も聞こえますが、
やっぱりあれがアフリカの真実なんでしょう。
映画では”TIA(This Is Africa)”と表現されています。
もちろんある程度の誇張や脚色はあるにしても、今の日本からは想像もできないような激しい世界。
同じくアフリカを舞台にして話題になった「ホテル・ルワンダ」を髣髴させます。

それにしても、資源や鉱物が紛争の種になることは、今も昔もかわりません。
日本が太平洋戦争を始めた要因のひとつは南方(旧オランダ領インドネシア)の石油確保でしたし、
いまだに国家を挙げての資源確保競争は続いています。

ただ、この映画が社会派映画として成功した要因のひとつは、ダイヤモンドという非常に身近なものを題材においた点でしょう。
「石油」というと、誰もがその重要性を認識しつつも、身の回りにあるものは全て加工された後なので、
ついつい他人事のような気分になってしまいます。
一方、ダイヤモンドといえば、生涯関わらない人の方が少ないような代物で、
値段の高さも相まって、誰もが何かしらのストーリーを想起させられます。
この映画を見たからといって、「ダイヤを買わない」という直接的な反応に繋がることは少ないにしても、
買う際にちょっと思いとどまって、その生い立ち・流通に思いを馳せるようになることは事実だと思います。

と、真面目なことを書きましたが、今回の驚きの1つには主演のレオナルド・デカプリオにもあります。
実に格好良かった!
いつの間にかあんなにシブ〜くなったのかわかりませんが、難しい演技を完璧にこなしていました。
騙されたと思ってでも、ぜひ一度ご覧になってみては如何?

この記事に

閉じる コメント(2)

「ブラッド・ダイヤモンド」は、テーマが重く、衝撃的な作品でしたね。T

2007/4/26(木) 午前 6:01 浜田千秋 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。 もうちょっと話題になっても良いと思うんですけどねぇ。 ほかにも何かオススメの一本があれば教えてください! バベルは絶対見ようと心に決めてます。

2007/4/27(金) 午前 0:42 [ fly*n*_yach*m*n11*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事