ちうのブログ

ほとんどが釣りブログです。自宅PCのみの利用なので返事が遅くなる時がありますがご勘弁を^^;

全体表示

[ リスト ]


少し前までは一刀ヘッドで何の問題も無くキビレっちが釣れていたが、

ここ最近は、鈎折れによるバラッシングが頻発していた

これは、何とかしなくてはと思い、色々と考えた。

鈎が折れる原因は、硬い部分に鈎先が掛かり、

フトコロまで貫通しないため、無理な力がかかって折れる。

フトコロまで貫通すると、細軸の鈎でもなかなか折れないものだ。

で、早速試作にとりかかる。

まずは、、、、、、、、







イメージ 1


一刀ヘッドのフックサイズを上げてみた。

上:4号鈎

下:3号鈎

ポキポキ折られたのは3号鈎の方。

フックサイズを大きくすることにより、ゲイブ幅を広げ、

フッキングポイントを変えてみる作戦だ。

アイの長さとガン玉の取付位置を調整して、

3号鈎と同じシャンク長さで作ってみた。








よくよく考えてみると、昨年のキビレゲームでは、

ウィードレスシンカークレイジグ波動に管付きチヌ鈎をセットするスタイルで

釣ってたが、この時は鈎折れなど一度も無かったように思う、、、、

そんな事を思い出したので、これと同じタイプの鈎でもジグヘッドを作ってみた。








イメージ 2


4号速手チヌ

この鈎の特徴は、、、、、、、、、








イメージ 3


ヒネリが入ってます。

ヒネリの効果は、硬い口の中で鈎が滑って、

唇の柔らかい部分にフッキングするという事らしいが、真偽のほどは分からない

これが本当なら、この鈎で決まりって事になるが、

ただ、このヒネリはジグヘッドを作る際にバイスに真っ直ぐセット出来ないので

作り難いのと、ワームを刺す時も慣れないと真っ直ぐ刺せないという難点もある。







何が良いのかは、いくら考えても答えは見つかりそうにないので、

実際に使ってみるべし!

って事で、今宵もキビレゲームへ、いざ、出撃です









今日は長潮。

満潮が19時30分。干潮が0時44分。

満潮からの下げ潮の動き始めが時合となりそうです。

日曜日で仕事は休みなので、満潮時刻あたりから釣査を開始したかったが、

迂闊な事に夕食後にうたた寝をしてしまい、現場到着は21時前

今日も北東の微妙に強い風が吹いてて釣り難そうだが、

いつものキビレポイントへ、チェックインです。







昨夜ほどの強風でもなかったので、

4号鈎の1.9g一刀ヘッド、インチホッグ1.5インチから開始。

潮上に投げ、ボトムまで送り込んでからの、


トゥイッチ後のカウント3〜4で、、、、






クンッ






これを一呼吸入れて合わせると、

ズシッとした重量感と共に、心地良い魚信です

今日は鈎折れが発生するかどうかの検証でもあるので、

ドラグは敢えてキツキツ設定。

そして、ワザとゴリ巻きで巻いてきます。






イメージ 4


1投目から反応があるとは、今日はもしかして良い感じか??

そして、口横の良い所にフッキング

サイズは、、、、、







イメージ 5


腹パンの33cm

サイズの割には、とっても元気でよく引きました

4号鈎にして正解だったか!

と思いきや、鈎をチェックすると、、、、、、、、









イメージ 6


む!む!む!

鈎が曲がってるじゃありませんか!!


どうやら、フックサイズアップ作戦は失敗のようです









お次は、ヒネリヘッドです。

ところが、これ以降、全く反応がありません

横移動をしながら、探っていきましたが、、、、、、、









イメージ 7


海藻が絡んで上がって来たと思ったら、

推定400gのアシナガダコでした







行ったり来たりを繰り返し、

夜が更ける直前に、ようやく待望のアタリ

潮下に弧を描くように流しながらの微巻きで、







クンッ

と、小さなアタリ。

これを溜めて、ジワーっと聞き合わせると、嬉しい魚信です。

これも同じく、ゴリ巻きで捕獲成功。










イメージ 8


唇の皮に掛かってたが、貫通はしていなかった。

もっと、力強く合わせた方が良かったか?

サイズは、、、、







イメージ 9


34cm

鈎の変形はなかったので、ヒネリが正解なのか?








夜が更けるまで粘ってみたが、アタリはこの2回のみ。

この釣果だけでは検証できたとは言い難いので、

釣査続行ですな

最後に、、、、、、、










イメージ 10


17cmガッシーと遊んでから、納竿です。









僕はよく鈎にこだわります。

その理由は、鈎の形状やサイズがホンの少し違うだけで、

釣果がガラッと変わるって事を何度も経験してるからです。

鈎って、とっても大切なんですよ!

だって、魚との唯一の接点なのですから



トータル
【キビレ】34〜33cm×2
【ガッシー】17cm×1
【アシナガダコ】400gくらい×1

長潮、水温18.1℃、NM







一刀ヘッドってどんなもんかいのぅ?って思った方はこちら

閉じる コメント(2)

今度はヒネリにいっちゃいましたか(笑)
次はキット、ネムリに行くでしょー???

なんかチニングのTVではやたらめったら合わせる事で硬いとこをズラしてフッキングするーって言ってましたけど???

そんな事できるんでしょうかねー???

2017/6/5(月) 午後 10:27 maitaku0911

<マイタクさま>
実はネムリも試そうと思ってますが、
ちょうど良いサイズの鈎が無くて保留中です

合わせについても、もっと強く合わせた方が良いのかもと、
ちょうど思ってたところでして、
試そうと思うと、あまり釣れないんですよね

2017/6/6(火) 午前 2:21 ちう


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事