有限会社アクアビットのブログ

千葉県我孫子市の釣り具製造事業者です。

全体表示

[ リスト ]

ご注文いただきましたオールインワン・テレスティックを、やっとすべてお納めすることができました。
長らくお待ちいただいたお客様には、感謝の言葉しかありません。
どうぞ是非とも、釣りのお供としていただきたく存じております。

当方も先日の日曜日(5月22日)に日光湯川に行ってきました。

イメージ 1

到着したのは午後3時ころ。
近頃は丸一日釣りを続けるとかなりタイヘンなので、このくらいがちょうどイイようです。

イメージ 2

最近使ってるMobusのバッグ。
ロッド&リール、フライボックス他と、350mlのペットボトル+αも入ります。
ターポリン生地で張りがあり、内側素材も柔らかすぎず、釣り用として使いやすい。
バッグを肩から下げて、両手を空けてハイカーさん達のように赤沼茶屋から入る。
今年初めての日光湯川。下流域はもう少し水草が増えてくれた方が、日中でも魚が見えるところでライズしてくれるから釣りやすい。
青木橋までの、ゆっくり流れるゾーンではこれといった魚が見えなかったので、そのまま歩いて小田代橋まで。この時点で4時くらい。
小田代橋から上流に向けて入渓。
時合なんでしょうか。
ハタハタと雑多な水生昆虫が水面を舞っております。
が、今日はムツカシイことを考えたくなかったので、#14CDCエルクヘア・カディスをつけて、ただしできるだけバンクのそばを流します。
このフライは、普通のエルクヘアカディスに対してボディハックルが無く、魚からはコンパクトに見えるはずで、結論として湯川のようにあまり浮力が要求されなくてライズも混じる釣り場には良好。

イメージ 6

今日、ここに入った釣り人は自分で何人目だろうか、などと思ってると間もなく、10回くらい投げると1回はフライに飛び出します。

魚が多いのかしら。

イメージ 3

結局小田代橋の上・下だけで6時半ころに釣りを終了。

イメージ 5

ロッドを収めてバッグに仕舞い、やはり両手を空けて、木道を帰ります。

オールインワン・テレスティックは、カバンにサッと仕舞えることにこそ、存在価値があります。
駐車スペースから釣り場まで、ある程度の距離がある場所で、両手をフリーにして歩くために作った竿です。
本当にたったの、それだけ。

イメージ 4

日が暮れて寒くなった木道を、ジャンバーのポケットに両手を突っ込んで帰ります。
また近々来たいな、と思える釣りができました。

この記事に


.


みんなの更新記事