ヘ短調作品34

ルブランの回想録の link 先はゲストブックを御覧ください。

全体表示

[ リスト ]

Ode to the West Wind -- Shelley

イメージ 1

11月1日に投稿した「西風に寄せる詩」、webの注釈を参考にしながら全訳に挑戦してみた。図書館に行けば権威ある訳がいくらもあるが、敢えて参考にしなかったのは、暇人だからいつか読む機会があるからである。誤訳と思いながら訳をした。ソフトの制約か、11月1日の投稿にはうまく入りきらなかったので改めて詩だけを切り離して掲載した。


Ode to the West Wind

I.

O WILD West Wind, thou breath of Autumn's being
Thou from whose unseen presence the leaves dead
Are driven like ghosts from an enchanter fleeing,

Yellow, and black, and pale, and hectic red,
Pestilence-stricken multitudes! O thou
Who chariotest to their dark wintry bed

The winged seeds, where they lie cold and low,
Each like a corpse within its grave, until
Thine azure sister of the Spring shall blow

Her clarion o'er the dreaming earth, and fill
(Driving sweet buds like flocks to feed in air)
With living hues and odours plain and hill;

Wild Spirit, which art moving everywhere;
Destroyer and preserver; hear, O hear!


西風に寄せる詩

I.

おお荒き西風よ。汝、秋の息吹よ
目には見えずとも、汝はいる。枯れ葉は
魔術師から逃れんとする霊のごとくに追い払われる。

黄ばみ、黒ずみ、青ざめ、高熱で赤い顔をした
病人の群れ。おお汝は
羽の生えた種を暗く凍てついた床へと運ぶ。

そこで種は凍えながらじっと墓場の死体のように
横たわっている。
やがて汝の妹、紺碧の春が

(羊たちに草をはませ、愛らしき蕾を外気に触れさせようと)
眠れる大地にラッパを吹き鳴らし
色と香りで平原と山をみたす。

荒き魂よ、汝は至る所に来たる、
破壊者にして保護者だ。聞け、聞け!


II.

Thou on whose stream, mid the steep sky's commotion,
Loose clouds like earth's decaying leaves are shed,
Shook from the tangled boughs of Heaven and Ocean,

Angels of rain and lightning: there are spread
On the blue surface of thine airy surge,
Like the bright hair uplifted from the head

Of some fierce Maenad, even from the dim verge
Of the horizon to the zenith's height
The locks of the approaching storm. Thou dirge

Of the dying year, to which this closing night
Will be the dome of a vast sepulchre,
Vaulted with all thy congregated might

Of vapours, from whose solid atmosphere
Black rain, and fire, and hail will burst: O hear!

II.

混沌たる大空の激流に乗れる
ちぎれ雲が、大地の枯れ葉の落ちるがごとく、
空と海のもつれし枝から

振り落とされる。雨と稲妻の前触れだ。汝の空のうねりの
青き表面にはひび割れがある。
激しきミーナドの髪の毛のごとく美しく、

揺れ動く。暗き地平の彼方から
天頂にいたるまで
近づく嵐の髪。汝西風よ、

去りゆく年の哀歌よ。夜のとばりは
汝の大気の力を結集して建てられた
広大な墓の地下堂となり、

その凝固せる大気から
黒き雨、火、雹が炸裂する。おお聞け。


III.

Thou who didst waken from his summer dreams
The blue Mediterranean, where he lay,
Lulled by the coil of his crystalline streams,

Beside a pumice isle in Baiae's bay,
And saw in sleep old palaces and towers
Quivering within the wave's intenser day,

All overgrown with azure moss and flowers
So sweet, the sense faints picturing them! Thou
For whose path the Atlantic's level powers

Cleave themselves into chasms, while far below
The sea-blooms and the oozy woods which wear
The sapless foliage of the ocean, know

Thy voice, and suddenly grow grey with fear,
And tremble and despoil themselves: O hear!


III.

汝は、ベイエ湾の溶岩島のほとりで、
彼が横たわる、水晶のごとくに清らかなる
流れの渦に揺られる、青き地中海を

夏の眠りから覚ました。
波のさらに強き日に揺れる
眠れる旧き宮殿や塔の中に、

言葉にするのをためらうほど愛らしき、
紺碧のこけや花が生い茂るのを見た! 汝
の通るところ、大西洋を渡り水平化せんとする力は

自ら深い亀裂を創り、はるか深き所で
海の花や泥にまみれた木々は
海のしなびた葉を纏いながらも、汝の

声を知り、突如恐怖で青ざめ
震え、その葉を失う。おお聞け。


IV.

If I were a dead leaf thou mightest bear;
If I were a swift cloud to fly with thee;
A wave to pant beneath thy power, and share

The impulse of thy strength, only less free
Than thou, O uncontrollable! If even
I were as in my boyhood, and could be

The comrade of thy wanderings over heaven,
As then, when to outstrip the skyey speed
Scarce seemed a vision; I would ne'er have striven

As thus with thee in prayer in my sore need.
Oh! lift me as a wave, a leaf, a cloud!
I fall upon the thorns of life! I bleed!

A heavy weight of hours has chained and bowed
One too like thee: tameless, and swift, and proud

IV.

もし我が汝の運ぶ枯れ葉であれば、
もし我が汝とともに飛ぶ速き雲であれば、
汝の力の下で喘ぐ波であれば、そして

汝の衝撃力を持ち合わせ、ただ汝ほどには
無軌道でなくば!もし
我が幼児なりしごとく、

空をさまよう同志でありせば、
そのときは、大気の速度を上回るのは
幻想ではない。我が切なる願いを

汝とともに祈るであろう。
おお我を、波のごとくに、枯れ葉のごとくに、雲のごとくに舞い上げよ。
我は人生の棘に落ち、血を流す。

重き時が汝のごとき、粗暴で、敏捷で、傲慢な人物を
縛り、打ち拉いできたのだ。

V.

Make me thy lyre, even as the forest is:
What if my leaves are falling like its own?
The tumult of thy mighty harmonies

Will take from both a deep autumnal tone,
Sweet though in sadness. Be thou, Spirit fierce,
My spirit! Be thou me, impetuous one!

Drive my dead thoughts over the universe,
Like wither'd leaves, to quicken a new birth;
And, by the incantation of this verse,

Scatter, as from an unextinguish'd hearth
Ashes and sparks, my words among mankind!
Be through my lips to unawaken'd earth

The trumpet of a prophecy! O Wind,
If Winter comes, can Spring be far behind?

V.

我を林のごとくに汝の竪琴にせよ。
自らの葉が落ちようともかまわない。
汝の力強き不協和音は

悲哀に満ちた甘き、深き秋の調べとなるであろう。
汝猛々しき魂よ、我が魂となれ!
汝、苛立てる我となれ。

我が死せる思想を宇宙に広めよ、
枯れ葉が新たなる誕生をはやめるがごとくに、
そしてこの詩を歌い、

まだ消えざりし炉床の
灰と火種のごとく我が言葉を人類にまき散らせ!
我が唇を通して大地を目覚ます

予言のラッパとなれ!おお風よ、
冬来たりなば、春遠からじ。


参考にした注釈・解説は以下のごとくである。

http://www.newi.ac.uk/rdover/ode.htm

http://www.gale.com/free_resources/poets/poems/odewest_ex.htm

閉じる コメント(2)

アバター

すごいですね。自分で訳せるなんて尊敬します。

2006/7/2(日) 午後 7:48 curara 返信する

顔アイコン

最後に書きましたように注釈を読みました。注釈を読まずになんとなくわかる詩もありますが、このクラスになると注釈がないととても読めません。注釈は詩と違ってすごく易しいです。

2006/7/2(日) 午後 9:05 [ fminorop34 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事