ヘ短調作品34

"Poems in Other Language" の link 先はゲストブックを御覧ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

THE ROAD NOT TAKEN

Two roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;
Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim,
Because it was grassy and wanted wear;
Though as for that the passing there
Had worn them really about the same,
And both that morning equally lay
In leaves no step had trodden black.
Oh, I kept the first for another day!
Yet knowing how way leads on to way,
I doubted if I should ever come back.
I shall be telling this with a sigh
Somewhere ages and ages hence:
Two roads diverged in a wood, and I-
I took the one less traveled by,
And that has made all the difference.

Frost



通らなかった道

黄色い森の中で、道が二つに分かれていた
残念ながら二つとも通るわけにはいかない
一方しか通れない。私は長い間立ち尽くし
できる限り遠く道が曲がる
薮のところまでまで見渡した。
結局もう一方の道がどう見ても
草が多く、人が通っていないから
良い道だと思った。
人通りに関しては、
実際は同じぐらいだし
その朝の落ち葉は同じぐらいで
人が通ったあともなかった。
一方の道はまた通ることにしよう!
ここへの道を知っていたけれども
また来るかどうかはあやしいものだった。
ため息をつきながら、今後何十年も
私は語り続けることだろう。
「森の中で道が二つに分かれていて
今ではすっかり変わってしまったが
わしは人通りの少ない道を選んだのだ。」

フロスト

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

これも何かの比喩でしょうか。自分は人があまり選択しないような生き方をしてしまったという。

2006/10/17(火) 午前 0:09 mim*193*1*36 返信する

アバター

いつもピッタリの写真ですね。人通りの少ない道は「険しい道」ってことでしょうか。それとも、「人と違う道」でしょうか・・・。

2006/10/17(火) 午前 1:19 curara 返信する

顔アイコン

ミミさん、一番肝心な部分は最後の3行です。誤訳の可能性も大です。私の浅薄な知識では、フロストは詩の新しい流派に加わらなかった人ですし、名声を博してからも世俗的な成功をすて草深い田舎に引きこもった人です。そのことも彼の人気を増すことになり、有名人になっていくという困惑を「弁解」という形式で表現したのかなと思いこんで訳したのですが、どうでしょうか。最初は人通りが少ない道を選択したつもりが人通りの多い道になったしまったと解釈したのですがどうでしょうか。それにしてもフロストは難しい!

2006/10/17(火) 午前 7:34 [ fminorop34 ] 返信する

顔アイコン

クララさん「人と違う道」だと思います。「人通りの少ない道」はそれだけの理由で「人通りの多い道」になる可能性はつねにあります。とくにフロストが選んだ道は「人通りの多い道」になっていきます。アメリカですごく人気のある詩人になってしまいました。フロスト自身の「孤高」は売名行為ではなかったと思います。ただこの人について名前以外になにも知識がないのです。何を言っているのかさっぱり分からない詩が圧倒的に多いのです。そのためはまっています。

2006/10/17(火) 午前 7:49 [ fminorop34 ] 返信する

自分で選んだ道に踏み出したはずなのに、ふと気付くと、何かが変わってしまっている…独りで生きているつもりでいても、やはり何処かで世界とは繋がっているもんなんでしょうね

2006/10/22(日) 午後 2:53 白 返信する

顔アイコン

白さんはそう解釈されますか。一方でフロストはかって人通りが多かった道が寂れている光景も確か同じ詩集で歌っています。難しい詩人ですね。私は一通り読んでみようと思いますが、必ず解釈に苦しむ箇所があります。なかなか大変な詩人です。古くさい私には19世紀の詩が分かりやすくていいのですが、フロストには独特の魅力があります。

2006/10/22(日) 午後 10:16 [ fminorop34 ] 返信する

顔アイコン

参考にさせていただきました。ありがとうございます。
このような記事を書きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/shineikenkngw/diary/201205200002/

2012/5/20(日) 午後 8:41 [ eibumpou_luther ] 返信する

顔アイコン

eibumpou_lutherさん、関心を持っていただき有難うございます。

記事を読ませていただきます。

2012/5/20(日) 午後 9:04 [ fminorop34 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事