ヘ短調作品34

ルブランの回想録の link 先はゲストブックを御覧ください。

全体表示

[ リスト ]

霊的黄昏 -- トラークル

イメージ 1

トラークルの「死の七つの歌」の第6作「霊的黄昏」である。いつもの調子であるが、「妹」が最後に登場するのが不気味である。ここは何もか考えないことにしよう。


Geistliche Dämmerung

Stille begegnet am Saum des Waldes
Ein dunkles Wild;
Am Hügel endet leise der Abendwind,

Verstummt die Klage der Amsel,
Und die sanften Flöten des Herbstes
Schweigen im Rohr.

Auf schwarzer Wolke
Befährst du trunken von Mohn
Den nächtigen Weiher,

Den Sternenhimmel.
Immer tönt der Schwester mondene Stimme
Durch die geistliche Nacht.

Trakl


霊的黄昏

黒き鹿は森の縁に
静かに出た。
夜の風が丘で穏やかに吹き止む。

クロウタドリの嘆きも納まり
秋の優しい笛は
葦の中で沈黙する。

黒き雲に乗り
ケシに酔い君が巡る
夜の池。

星空に向かい
妹の月に憑かれた声が霊的な夜の間
いつも響く。

トラークル

閉じる コメント(2)

写真の黒い鹿?と詩が妙に合っていて、何ともいえない気持ちになります。
でも、蝉がミンミンとうるさい位に鳴いている中で読むと集中力が・・・(^^ゞ

2007/8/25(土) 午後 0:46 くみっぺ・93

顔アイコン

半世紀近いドイツ語のブランクはなかなか埋まりません。トラークルの詩は良く分かりませんが、断片的に機械翻訳すれば、トラークルの権威者の訳に結構近いのではないかと思います。

初心者向きだと思って朝起きるとやっています。第一夜の盛り場に行けば、緑色や赤い髪の毛を目にします。サーッカー場にいけば、顔を青く塗った応援団がいるでしょうし、金色や銀色の瞼もおそらくあるでしょう。

セミはうるさいですが、もうすぐ秋の虫の声が聞こえてきます。秋の虫は暗い叢の中で銀色に鳴くのでしょうか?

2007/8/25(土) 午後 2:39 [ fminorop34 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事