ヘ短調作品34

ルブランの回想録の link 先はゲストブックを御覧ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イギリス帝国主義の伝道師キップリングのイギリスの若者への呼びかけである。隷属を強いられ、邪教を信じる蛮族を救うための聖なる戦いである。祖国が報いる賞賛を受けたくはないかときわめて雄弁である。

アジアをイギリス帝国主義から解放するために、日本軍の兵士は南方戦線に勇躍出征した。私は太平洋戦争が始まる直前に生まれたので、兵士たちを励ます軍部の演説を記憶していない。キップリングの詩が手本になっていたとしたら、まさに歴史の皮肉である。

The White Man's Burden

Take up the White man's burden --
Send forth the best ye breed --
Go bind your sons to exile
To serve your captives' need;
To wait in heavy harness
On fluttered folk and wild --
Your new-caught, sullen peoples,
Half devil and half child.

Take up the White Man's burden --
In patience to abide,
To veil the threat of terror
And check the show of pride;
By open speech and simple,
An hundred times mad plain.
To seek another's profit,
And work another's gain.

Take up the White Man's burden --
The savage wars of peace --
Fill full the mouth of Famine
And bid the sickness cease;
And when your goal is nearest
The end for others sought,
Watch Sloth and heathen Folly
Bring all your hope to nought.

Take up the White Man's burden --
No tawdry rule of kings,
But toil of serf and sweeper --
The tale of common things.
The ports ye shall not enter,
The roads ye shall not tread,
Go make them with your living,
And mark them with your dead!

Take up the White man's burden --
And reap his old reward:
The blame of those ye better,
The hate of those ye guard --
The cry of hosts ye humour
(Ah, slowly!) toward the light: --
"Why brought ye us from bondage,
"Our loved Egyptian night?"

Take up the White Man's burden --
Ye dare not stoop to less --
Nor call too loud on freedom
To cloak your weariness;
By all ye cry or whisper,
By all ye leave or do,
The silent, sullen peoples
Shall weigh your Gods and you.

Take up the White Man's burden --
Have done with childish days --
The lightly proffered laurel,
The easy, ungrudged praise.
Comes now, to search your manhood
Through all the thankless years,
Cold-edged with dear-bought wisdom,
The judgment of your peers!

Rudyard Kipling


白人の責務

白人の責務を果たせ ―
諸氏の育てた俊勇を送れ ―
諸氏の息子を海外に送り
困窮せる虜囚のために働かせ
一致団結して役務につかせよ
動揺する蛮族のために ―
被征服民、うっとうしい連中
半ば悪魔、半ば子供のために。

白人の責務を果たせ ―
忍耐強く我慢して
恐怖の脅しを隠し
誇りを見せびらかすな。
百倍も分かりやすく
率直かつ明快に語れ。
連中の利を追求し
連中の益を齎すため。

白人の責務を果たせ ―
平和ため残忍な戦闘に参加し ―
飢饉の口を一杯に満たし
疫病を追放せよ。
諸君の連中への目的が
達成目前に注意すべきは
諸君の希望を無にする
怠惰や邪教の愚行だ。

白人の責務を果たせ ―
豪奢な王者の支配ではなく―
奴隷や掃除人の苦役を ―
普通の連中の話を。
諸君に禁じられた港を
諸君に禁じられた道を
諸君は生きてこれらを使い
諸君は死して標を残すのだ。

白人の責務を果たせ ―
そして白人の報酬を得よ。
連中の非難を和らげ
連中の憎悪を見守れ ―
大勢の嘆きに同調し
(徐々に!)光明に向ける ―
「わしらが好きなエジプトの夜
なんで解放するのかね?」

白人の責務を果たせ ―
諸君は卑下することはない ―
といって疲れを隠そうとして
声高に自由を叫ぶことはない。
諸君が叫ぼうとも囁こうとも
投げ出そうとも努力しようとも
不機嫌で無口な連中は
諸君の神と諸君を信じ始める。

白人の責務を果たせ ―
子供の時代に別れを告げ ―
さっそく差し出される月桂冠
躊躇なき賞賛の声。
さあさあ、男らしさを
尊い知恵で研ぎ澄ましても
報われざる歳月を終え
同胞の評価を求めよ!

キップリング

閉じる コメント(17)

顔アイコン

今の英米がやってる事とそっくりです・・・

2009/2/14(土) 午後 10:36 [ lou*sna*ol*o*2006 ]

顔アイコン

今晩はコメント有難うございます。キップリングは当時ではとくに奇矯な人物ではなかったのです。残念ながらこの詩は今でも時代遅れではないのです。同じようなことを考えている人はまだ多いと思います。

2009/2/14(土) 午後 10:52 [ fminorop34 ]

顔アイコン

今の戦争はもっとひどいものかもしれません。「隷属を強いられ、邪教を信じる蛮族に民主主義をもたらす聖なる戦い」を奉じながら、真の動機は私利私欲・・・

2009/2/15(日) 午後 9:31 [ lou*sna*ol*o*2006 ]

顔アイコン

動機が卑しいほど神聖な使命が欲しいのは確かです。

2009/2/15(日) 午後 9:40 [ fminorop34 ]

顔アイコン

そうかもしれません。いずれにしても歴史の授業に役立ちました。ありがとうございます。

ちなみにイギリスの若者だけに言ったのかどうかは不明だと思います。
この詩はアメリカのフィリピン併合に対する反響として書かれたそうですから。

2009/2/15(日) 午後 11:14 [ lou*sna*ol*o*2006 ]

顔アイコン

それは知りませんでした。白人優越思想はアメリカ人にアピールしたでしょう。とても参考になりました。

2009/2/15(日) 午後 11:20 [ fminorop34 ]

顔アイコン

ご親切に有難うございました。世界中が派遣を目指していた頃に書かれたのですね。まさに機宜を得た発表だったのですね。

2009/2/15(日) 午後 11:42 [ fminorop34 ]

顔アイコン

はじめまして!
お見事な和訳で大変関心いたしました。
白人の債務または白人の重荷ですか、
白人至上主義は私は大変遺憾にて思います
ですがあなた様の先に申した、「アジアをイギリス帝国主義から解放するために、日本軍の兵士は南方戦線に勇躍出征した。」
という言葉もまた大変悲しいです。

2011/9/5(月) 午後 9:53 [ u- ]

顔アイコン

今晩は。ご訪問感謝します。

ご指摘の部分はかっこ付にすべきだったでしょうか。私が考えるところではありません。

2011/9/5(月) 午後 10:13 [ fminorop34 ]

顔アイコン

恥ずかしいのは隣国の南朝鮮、中国ですら「白人の行う事は正しい」と思って
いますし、日本の様な対等な関係を構築したいと思っても、それが出来ずに
居る事を中韓の若者や欧米人は理解していません。

白人至上主義はアジアに居る若者が白人コンプレックスで増長します。そして
白人はアニメを白人をモデルにしていると良い、従順で優しい日本人を奴隷と
言う風にしか見ていません。残念ながら、これが21世紀です。

2014/12/19(金) 午前 11:52 [ JACK ]

顔アイコン

>>「隷属を強いられ、邪教を信じる蛮族に民主主義をもたらす聖なる戦い」を
>>奉じながら、真の動機は私利私欲

残念ながら日本のアニメが好きな外国人も「何が悪いんだ?」と開き直っております。
エボラウィルスのワクチンも欧米無しでは無理だと思われている以上、彼らの
選民思想はますます強まるでしょう。今回のロシアやイスラム教、中国と言い、
明らかに欧米は衰退する自国の焦りから、攻撃的になっています。

2014/12/19(金) 午前 11:56 [ JACK ]

顔アイコン

JACKさん、ご訪問とコメントを感謝します。

イギリスの帝国主義者キプリングの思想は現在では否定的に見られていますが、彼はノーベル文学賞の受章者です。極めて雄弁であるが、彼の時代の思想を知りたくて翻訳しました。非常に興味深かったです。それから外れるかもしれませんが、キプリングより進歩的であり、帝国の底辺にいる労働者に同情的であり、現在では肯定的に見られているイギリスの思想家といえどもキプリングと共通する面があるようにおもわれました。労働運動に同情的な「良心的」人達もやはり、健康的な労働者が強い兵士になり、西欧の正しい思想を伝導することを期待していたのではないでしょうか。

欧米でアジアの留学生に合う機会がありましたが、自国の文化を呪う人たちが多かったです。JACKさんが仰るように、白人コンプレックスは根強いですね。

2014/12/19(金) 午後 1:44 [ fminorop34 ]

顔アイコン

西欧の没落を焦る人たちの気持ちは分かります。日本も焦っていますように。

>>「隷属を強いられ、邪教を信じる蛮族に民主主義をもたらす聖なる戦い」を
>>奉じながら、真の動機は私利私欲。」確かに。

ナポレオンもおそらく自分の野望が動機でヨーロッパを征服しようとしたと思いますが、事実かもしれません。ただ彼が自覚したかどうかにかかわらず、彼の起こした戦争は悲惨と同時にフランス革命の精神を伝えたことも事実です。歴史をどう考えるかという永遠のかだいではないでしょうか。

キプリングは自分の思想でもあるのでしょうが、欧米の思想を飾ることなく語った人物として私は興味を持っています。

2014/12/19(金) 午後 2:03 [ fminorop34 ]

顔アイコン

「帝国政府声明文」
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%A3%B0%E6%98%8E%E6%96%87

アーノルド・J・トインビーの言葉。
「第2次世界大戦によって、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために偉大なる歴史を残したと言わざるを得ない。

その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去200年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかにした点である。」

トインビーは、日本の大東亜戦争が、「帝国政府声明文」に述べられた戦争目的にそって、「白人支配の植民地を開放したのだ」と認めているように考えられます。

2016/7/23(土) 午前 4:55 tatsuya11147

顔アイコン

お早うございます。ご投稿を感謝します。歴史家トインビーはよく知らないのですが、ナイリ川の氾濫の惨禍のお陰でエジプト文明は発達したという「逆説」で知られていますが、この説は知りませんでした。その後この「逆説」の運命はどうなったのでしょうか。興味があります。日本が朝鮮を支配したおかげで朝鮮は発展したといった韓国の文明評論家とちがい、トインビーの地位は安泰でしたが。調べてみたいと思います。有難うございました。

2016/7/23(土) 午前 6:55 [ fminorop34 ]

顔アイコン

トインビーの言葉(藤井厳喜)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150318/dms1503181550005-n1.htm

「鬼畜米英」は本当だった。
http://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki/e/a1cb57cd1eb712a6c14ec967b24a4e98

http://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/56984558.html

ヘンリー・ストークス「日本人は日本を見直そう」
http://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/57301676.html

2016/7/23(土) 午後 4:20 tatsuya11147

顔アイコン

私はトインビーの本を持っています。本来学問とはみなされなかった「歴史学」を学問の体裁をとった本を書いた人物です。だが所詮今流行の「逆説」ではないかと思っています。出来栄えは素晴らしいが、「逆説」は「定説」にマイナスの符号を付けただけだと思います。

「鬼畜米英」を伝える映画は見ています。溺れかけた日本兵を機関銃で掃射するフィルムを見ています。「京都を焼き払えば日本人の士気を衰えさせるのに効果的だという提言をした」世界史上で最も頭のいいという話も知っています。

ヘンリー・ストークス氏のことは知りません。

2016/7/23(土) 午後 6:36 [ fminorop34 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事