雲原村総合案内所 ブログ

福知山市雲原の様子をお届けします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 
西原氏は、村をよくする根本は水を治めることだと思った。それをせずに耕地をふやすこと、改良することは、結局は砂上に楼閣を築くようなものだ。同じく水を治めるにしても、堤防や護岸工事によって、単に原形に復するという、いわゆる復旧工事だけでは、10年に一度くらいは起る水害と「いたちごっこ」をするようなものだ。今日の進歩した科学の力によれば、もっと根本的な、永久に安心のできる治水の方法があるにちがいないと思った。

 頃は岡田内閣時代、日華関係は、満州建国宣言以来日々に悪化して一触即発の状態となり、国内は五・一五事件と二・二六事件の中間時代で、ファッショの嵐が吹きまくっていた時代だ。西原氏は、この険悪陰惨な時局を展開するために、政党の大同団結と、宇垣大将擁立運動に東奔西走している時だった。それが昭和9、10年の頃、ちょうど西原氏が村長になった前後である。

この国事奔走のあいま合間に、氏は村の治水について研究した。
 最初、京都府庁に行って相談した。いろいろ尋ねて見たがねっから満足な回答は得られない。最後に五十嵐作栄技師(後富山県砂防技師となる)が、「あなたのお気持はよくわかりますが、とてもここではらちがあきません。内務省に赤木正雄という工学博士の技師がおられますから、その人に相談して見て下さい。」

ということだったから、西原氏は内務省へ行って、まず、広瀬土木局長に、続いて赤木技師に会った。その結果、赤木技師が、昭和10年4月6日、雲原村に来て実地を視察し、
「これは砂防工事をやれば、永久に安心ができる。そのほかの復旧工事はすべて無効である。」ということで、雲原村では村内の五渓流にこれをやれば完全であるが、さしあたり主流三岳川だけをやっても相当の効果がある。それをやるとして約20万円はかかるということだった。

 政府が支出した水害復旧費が雲原村にも13万円ばかり交付された。しかし、こんな大金をききめのないことにむざむざつかってしまうのは惜しい。まず「砂防」だ。それから西原氏の研究が進むにつれて、一雲原村だけでなく、この度水害を被った一府四県を初めとし、これを全国に及ぼし、日本を水禍から救い、国土の荒廃を防ごうと決心したのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ムシムシする一日でした。雲原に帰ってきてもやはりムシムシです。
梅雨も近し、明日から雨の予報も出ています。
昨日、雲原川で車を止めると蛍が、ちらほら飛んでいました。乱舞とまでは行きませんが。
機会があれば撮影したいのですが、かなりの腕が必要になると思われます。

これはひとまず和尚さんに見本を見せていただきましょう。

砂防イベントは、募集の段階にいよいよ突入です。チラシ、ポスターも明日できあがります。土日にかけて、手分けをして配布や張り出しに行くことにしています。
はらせていただけるところがあれば、ご連絡をいただければうれしく思います。

土曜日には「横断幕」も砂防公園前の雲原1号橋に取り付けることにしています。
当然、土木事務所や警察署への手続きもバッチリです。

いよいよ、あさって15日に砂防イベントの記者発表となり、募集が始まります。
このブログからも参加申し込みができるようにしたいと考えています。

その準備に今からとりかかることにしていますが。んんん時間がニャア。それにしても蒸し暑い。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

毎日お疲れ様です、昨夜もお母さんにお参りいただきありがとうございました。お持ち帰りいただいたお菓子、ここらにない物で珍しいですので是非賞味下さい。

ホタル飛んでいましたか、一眼レフカメラで撮ってましょう。 削除

2007/6/14(木) 午前 4:16 [ お徳用 ] 返信する

顔アイコン

これが愚案帳に書いてあったお菓子ですね。ありがとうございます。
この前の静岡のうなぎパイもありがとうございました。(これ、大好物なんです。)蛍は期待しています。が しばらく雨ですね。

2007/6/14(木) 午前 7:28 [ kama ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事