Buon appetito a tutti!〜真珠のブログ〜

最上のソースは空腹であるbyソクラテス

レシピ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

金曜日にコラムでご紹介しました、メニューのレシピを紹介致します。

ボンゴレビアンコなんて、紹介するほどの料理では無いと思いますが…ビギナーの方は参考にしていただけると嬉しいです♪

<材料>1人前
●アサリ1/2パック●ニンニク1欠●唐辛子1/3●オリーブオイル大1●白ワイン●塩●胡椒●パセリ●

<作り方>
1、アサリはあらかじめ砂抜きをしておくき、良く洗う。

2、熱したフライパンにオリーブオイルと輪切りにした唐辛子を入れ、温まったらみじん切りにしたニンニクを入れる。

3、ニンニクが色付いてきたら、アサリを入れワインを少々まわしかけ蓋をする。殻が開いたら、茹で上がったパスタとあえて出来上がり♪

※パスタを入れなくてもワイン蒸しとしてお摘まみに最適です♪

※アサリの殻が開いたら火を通し過ぎないよう注意です。火を入れすぎるとどんどん身が小さくなってしまいます。

イメージ 1

イメージ 2

今日のサラダは、パーティーに出しても彩り鮮やか&ヘルシーと女性に喜ばれるサラダのご紹介です(*^^*)

決め手は、マヨネーズを使わずヨーグルトで作るドレッシング!

やわらかい春きゃべつと新たまねぎを使って作ると食卓に春の香りが舞い降ります♪
是非お試し下さい♪

<材料>2〜4人前
●アボカド1●グレープフルーツ1●キャベツ2枚●赤キャベツ1枚●キュウリ1本●玉ねぎ1/4●カッテージチーズ(お好み)●レモン1/2(ドレッシング用とアボカド色止め用)●

<作り方>
1、グレープフルーツを剥き、ふさから出す。

2、野菜は全て千切りに切る。(キュウリはあまり薄くならない方が食感が楽しいです。それいがいの野菜はできるだけ薄い千切りに)

3、アボカドを半分に切り、皮を剥がし更に立てに半分に切り、1cm幅位にスライスする。(※色が変わらないようにスライスしたらすぐにレモン1/4をかけておく)

4、全ての材料を器に盛り、カッテージチーズをお好みで散らして♪出来上がり〜\(^o^)/

※フレンチドレッシングやマヨネーズであえても美味しいかも知れませんが、次のページで紹介している「ヨーグルトマスタードドレッシング」を是非お試し下さい。(*^^*)

<アドバイス>
※アボカドは、森のバターと称される程の濃厚な口当たりが特徴です。女性に嬉しいアンチエイジンクに効果的なビタミンEが豊富な事もありにわかに人気となりました。
自己主張の強いアボカドには、マヨネーズのようなクリーミーでこっくりとした食感のものが合いますが、よりヘルシーに食べる事ができないか…と考えたのがヨーグルトマスタードドレッシングです。このドレッシング、以外と何にでも合いますよ〜♪

<a href="http://cook.blog-headline.jp/themes/0004/000066/" title="アボガド/アボカド" target="_blank" title="料理レシピ集 byブログでCookin'! アボガド/アボカド">
<img src="http://cook.blog-headline.jp/images/theme/banner.php?eid=21651" width="400" height="81" border="0" alt="料理レシピ集 byブログでCookin'! アボガド/アボカド" />
</a>

イメージ 1

イメージ 2

先にご紹介しました、アボカドとグレープフルーツのサラダによくあう「ヨーグルトマスタードドレッシング」 のご紹介です♪

<材料>
●無糖ヨーグルト(今回はビオ無糖1個を使用)●マスタード大さじ3●塩小さじ1/2●粗びき胡椒少々●レモン1/4●

<作り方>
材料に記載されている順に容器に入れ、混ぜ合わせて出来上がりです\(^o^)/

※ブルガリアヨーグルトやビヒダスなど、パックのものが冷蔵庫にあればそれで作っても良いです。
※今回使用した、ビオはとろみがありますが、ブルガリアなどの方がさらっとよりドレッシングっぽい仕上がりになります。

※また、濃度の調整ににゅうせい(上澄みになっている水っぽい成分)を使うのも良いです。酸味が苦手な方はレモンを入れずにゅうせいで、濃度調節するだけでも美味しく頂けます♪

※レモンが無ければ、お酢で代用できます。

※隠し味程度に、お醤油を かけるとより一層美味しく頂けます♪
★その他、ほうれん草やルッコラなどあくの強いお野菜や、緑黄色野菜を温野菜にしてかけてもgooです♪
マヨネーズよりもヘルシーですが、こくがあって満足できると思います(*^^*)

イメージ 1

イメージ 2

お待たせしました!

以前予告をしていた、にら生姜ダレのご紹介です♪

湯豆腐・餃子・炒めものや肉団子などの隠し味など…色々使える万能ダレです♪

<材料>
●にら1袋●生姜1片●醤油●胡麻油●白胡麻●(一味唐辛子●)

1、にらを5mm〜1cm位に切る。

2、生姜をすりおろす。

3、お好みの容器に1と2を入れ、上から醤油を注ぐ。(ヒタヒタになる程度から、少し多め位)

4、3に白胡麻と一味をお好みの分量入れ容器を揺らしながら少しならすように混ぜる。

5、胡麻油を1mm位の膜がはる程度に入れ出来上がり!
<一言メモ>
※冷蔵庫で半日以上寝かせから使用した方が味が落ち着いて良いです。

※韮(ニラ)に味が染みて、タレと言うよりはトッピングの要領で餃子や、焼売、湯豆腐にかけると良いですよ〜(*^^*)

特に、餃子弁当の際、酢醤油持って行かなくても、ニラ生姜を上にかけておくと味付け◎ですし、液だれも少ないので良いですよ♪

★今回は、一味ありと無し両方作ってみました♪

イメージ 1

今夜のおかずは『ホタルイカ』がメインディッシュ♪春から夏にかけて出回る『ホタルイカ』です。

スーパーで見かけても、辛し酢みそと抱き合わせでパックしてありどうもオヤジ達の晩酌のお供のイメージが拭えませんでした。

しかし!一物全体の考えからしてホタルイカは丸ごと頂けます。そして、この時期色々な行事で疲れてる暇がない私達のお助け栄養素!タウリンやビタミンAも豊富で疲労回復に役立ちます♪
そんな素敵な食材を、オヤジだけの食べ物として独占(←勝手に私が思い込んでるだけかも知れませんが(^_^;))させておくのは勿体ないです(ToT)

今日は、ちょっとお洒落にイタリアン風♪ 10分あれば出来ちゃうクイックメニュー♪
ニンニクの風味が食欲をそそり、イカのうま味がたまらない(*^^*)春の風を運ぶ一皿です♪勿論、ワインにも焼酎にも合います\(^o^)/

<材料>2人前
●ホタルイカ(生食用)1パック●新じゃがいも3〜4個●小松菜2輪●プチトマト3個●ニンニク1片

★塩★胡椒★パセリ★白ワイン★

<作り方>
1、じゃがいもを蒸すor湯がき火を通しておく。火が通ったら、冷める前に熱いですが頑張って皮を剥いて下さい。そして、2cm幅に切る。

2、熱したフライパンに大さじ1.5のオリーブオイルをしき、みじん切りにしたニンニク投入。

3、ニンニクの香りがふわっとあがってきて色づきはじめたら、1のじゃがいもを投入。

4、じゃがいもの表面に焼き色がついたら、小松菜とホタルイカを投入。最後に、白ワインてフランベしてアルコール分を飛ばし、塩・胡椒で味を整え出来上がり!

5、器に盛ってパセリを飾って召し上がれ♪

<豆知識>
※2のニンニクは、色づきはじめたらあっと言う間に焦げてしまい、焦げると苦くなってしまうので注意してください。(*^^*)

※4の小松菜&ホタルイカを投入したら、暖める程度で火を通しすぎないように注意してください!小松菜のビタミンCは熱に弱いです。(写真は少し火を通し過ぎてしまったかもしれません)柔らかい食感のホタルイカを是非楽しんで下さい。\(^o^)/

※白ワインが無ければ、料理酒や日本酒で代用できます♪

※小松菜の旬は冬です。小松菜のかわりに、菜の花が手に入ればより一層春っぽい食卓を演出できます♪

※ホタルイカから驚くほど旨味のあるエキスが出ますので、調味料は塩で味を整える程度で充分です♪

※ホタルイカで疲労回復!免疫力UP!
〜新生活に負けないカラダ作りをしませんか?〜※

冒頭でホタルイカは『タウリン』や『ビタミンA』が豊富と触れましたが、うま味の元となる『アミノ酸』も豊富で肝機能を強化してくれます。また、味覚障害を正すことや免疫力や、精力を高める事で知られている栄養素『亜鉛』も豊富です♪ビタミンAは疲れ目に効くので、栄養素を考えると世のオジサマ方が“酒の肴"に“ホタルイカ"をチョイスするのも頷けます。(^_^;)
お花見や歓送迎会…卒業式に入学式…新しい環境は、ワクワクする事が多い反面、慣れないことも多く頑張り過ぎてしまったりしてストレスがかかりがちです。栄養ドリンクで騙さないで、栄養満点のお食事で乗りきりましょう\(^o^)/

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事