N'city vision

新潟シティプロモーションブログ(旧:新潟道路)※すべてのコンテンツを見るにはPCで閲覧を

全体表示

[ リスト ]

新潟10年

気づけば新潟に来て10年である。

2002年春。
仕事の転勤で北陸の金沢市から、新潟市へやって来た。

異動社命を受けての、新潟へ最初の印象は「さらなる雪国」。
富山で生まれ、金沢で青年期を過ごした私にとって、同じく「日本海側」であり、方角的にさらなる豪雪地帯での生活を覚悟した。

ただ漠然と、新潟市は日本海側では一番の規模を誇る都市であり、“都会”へ行ける喜びはあった。
さっそく購入した新潟県地図をながめ、新生活への期待を膨らませた。


はじめての新潟市入りは、特急・北越号。
金沢から富山、糸魚川、上越、柏崎までの海岸線沿いを終えると、列車は内陸部へ。
長岡では大きなプラットホームから、ダイエーが見えた。
しばらく新幹線レールと並走した後、特急は三条から新津方面へ。
海岸線沿い(後に知る「越後線」)で新潟市に入るもの、と思い込んでいた私は、先の地図と車窓を交互に見ながら、「今ここあたりを走っている・・」などと高揚感にあふれていた。

長岡よりも大きく広いプラットホーム、私は言われていたとおり新潟駅南口へ向かった。
万代口側を知ることなく、当時まだ商業施設と言えばPLAKAしかなかった閑散とした南口から、タクシーに乗りさらに南側の郊外へ向かった。

その日のうちに、居住する賃貸物件を見てまわった。
万代口側を知ることなく、新潟バイパスも知ることなく、日帰りで金沢へ戻った。

「大きな新潟」を知るのは、実際に新潟へ引っ越し、生活を初めてからだ。


引っ越し日は自動車で新潟市入りした。

すっかり日が暮れ、新潟西ICを過ぎ新潟中央・新潟亀田のIC案内板が続く夜景に「大きさ」を感じた。
亀田ICから亀田バイパスに乗り、それまで金沢にはなかった「立体交差のバイパス」というものに、本当に私は武者震いをしてしまっていた。
道に迷いながら、住居へたどりつき、さっそく夜の新潟市内を軽くドライブした。

翌日も落ち着いた頃に、日中の新潟市内を車で流した。
常時左折の交差点や、行き先毎に分かれた車線、広い道路。
萬代橋を歩く多くの市民、フロントガラスから見上げたNEXT、人通りの多かったスクランブル交差点・・

日本海側で一番の規模の「大きな新潟」、金沢よりも格段に「都会の新潟」に、すっかり私は安心し、期待とともに新潟生活をスタートしたのだった。


新潟は「東日本」だった。
「西日本」だった金沢に比べ、いろいろなシーンで新潟での生活は私にとって心地良かった。
心配した雪も、とても「豪雪地帯」と呼べない、たいしたことのないものだった。

城下町のように歴史はないけど、それを鼻にかけず、港町精神を持っているかのようにうつった新潟人が、私は好きだった。

W杯が開催され、Jクラブのアルビレックス新潟が躍動し、柳都大橋と新潟みなとトンネルが同時開通し、日東道が延伸、万代島ビルが高く積みあがる新潟は、勢いがあり私の心さえ大きくしてくれた。

気づけば、転職し新潟での生活が10年となり、それは今後も更新されていくことになる。


10年も過ごせば、新潟の良いところばかりではなく、そうでないところも知り始める。
また、北陸新幹線開業を2014年度に控えた、過去の居住地金沢もどんどん街として「追い上げ」を見せていることも事実だ。

新潟に「移住」し、新潟に「亡命」したかのような立場の私にとって、西日本・北陸地区・北陸新幹線当面の終着駅・金沢が「追い上げ」、新潟と同格規模に迫ってきているのなら、複雑でそう公言できない気持ちを禁じ得ないこと、理解されたい。

他都市と比較せずとも、近年の新潟に勢いが感じられなくなっていること、また事実だ。
母体の新潟県は毎年1万人規模で人口が減少し、政令市化された新潟市もそれを活かしきれていない。
古町は衰退著しいとされ、郊外型SCに人が流れ続けている。
貴重なエンタテインメント、Jクラブ・アルビレックス新潟もかつてほどの注目を受けず、その規模は縮小しているように見える。


2012年、時に心配になるのだ。
この先、10年後の新潟を。

まさか新潟に移住した私が、「選択を誤った」などと言われていないように、また自分自身そんなことを疑う余地もないほど、しっかりと新潟が「日本海側で一番の大きな都市」で居続けていてほしい。

またそれは願うだけでなく、常に念頭にひとつひとつの生活行動を「大きな新潟のために」選択していかなければ、ならない。


※この記事に賛同いただける方は、こちらで一票お願いします⇒ ブログランキングサイト【新潟情報】
※記事へのコメントは受け付けますが、当ブログ上での返信は致しません。         https://www.blogmura.com/img/www80_15_orange_4.gif
 (twitter上で恣意的に返信する可能性はあります) アカウントはこちらN’city vision on twitter

閉じる コメント(17)

顔アイコン

新潟人の私からすると、管理人さんは”新潟に居住する北陸人”に思えます。
一般の新潟市民は、金沢・富山・北陸新幹線を話題にすることはありません。
新潟市民が新潟県外のことを話題にする頻度は、私の主観では以下のような感じです。

東京を中心とした首都圏 >>>>> 群馬 >> 福島 > 長野 >>>>> 富山 > 石川

日本電産の社長が何かの本で以下のようなことを書いていました。
前の会社の影響は、前の会社の3倍の期間現在の会社に在籍しないと消えないそうです。

大人になってから新潟に移住したのでは、10年程度では故郷の影響はほとんど消えません。
10年後も管理人さんは、金沢や富山が頭から離れていない状態が続いていることでしょう。
金沢や富山が新潟と無関係と感じるようになった時が新潟人になれた時ではないでしょうか。 削除

2012/5/14(月) 午後 11:00 [ 中央区民 ] 返信する

顔アイコン

ゴールデンウィークに富山に行ってきましたが、富山駅って県庁所在地なのに自動改札がないんですね。富山はライトレールで有名ですが、駅前は新潟駅のようにあまり整備されてません。10年後の新潟は新交通システムが「古町〜白山駅」まで導入されているころです。新潟日報メディアショップタワーや新潟駅南口に9階建てのホテルもとっくに完成しているころですね。万代シティの建物はほとんど老朽化しているので10年後には再開発をしているころだと思います。その前に人口減少や増税の問題が心配です。 削除

2012/5/19(土) 午後 8:40 [ 新潟市民 ] 返信する

顔アイコン

福山正春 「生きてる生きてく」

不思議なものだ。子どもの頃は大人になんてなれないのに大人になればときめくだけでいつでも子どもになれる。

今まで生きて出した答えは正解よりも間違いのほうが多いよ僕は間違いながら大人になってきたんだ

100年1000年前のいいことやだめなことが、100年1000年後の遺伝子にやくにたてますように

という曲にそっくりですね 削除

2012/5/19(土) 午後 8:47 [ 12 ] 返信する

顔アイコン

わしは未来道路さんをいじめるつもりは毛頭ない
しかし新潟で生まれ新潟で育った生粋の新潟人としてはまず新潟を徹底的に知れと
他から来た人たちを拒否する気はないが、何もわからないのに語られるのがすごく腹が立つ
ともあれ大震災があり、原発停止で日本経済が疲弊しきってる
今は地方を発展することよりも日本全体を考えることが地域活性化に繋がりやすい 削除

2012/5/22(火) 午前 7:01 [ 新潟を愛する真市民 ] 返信する

顔アイコン

どうしたら新潟は東京のように交通の便が良くなるか。

どうしたら東京のように人が増えるか。

どうしたら東京のように都市型デパートや家電量販店を増やせるか。

新潟が首都になる可能性はあるのだろうか。

もしもこれが実現していれば最高の新潟だろうな 削除

2012/5/26(土) 午後 3:05 [ 新潟 再生 ] 返信する

顔アイコン

在新潟中国総領事館、宮城も管轄へ

4県にエリア拡大、今月から

在新潟中国総領事館(新潟市中央区)の管轄エリアに今月から、宮城県が新たに加わる方向となったことが7日、複数の関係者の話で分かった。同総領事館はこれまで新潟と福島、山形の3県を管轄。宮城県は東京の中国大使館の管轄だった。

宮城県が新潟管轄となるのは、昨年の東日本大震災発生時に、仕事や留学のため東北地方の被災地に滞在していた中国人約5千人が新潟空港から帰国するなど、本県が東北地方と中国を結ぶ日本海側の窓口としてクローズアップされたことが主な理由。 削除

2012/6/9(土) 午後 1:38 [ みなとまち。みらいまち。新潟市 ] 返信する

顔アイコン

富山で生まれ、金沢で青年期を過ごした私にとって、同じく「日本海側」であり、方角的にさらなる豪雪地帯での生活を覚悟した。

糞田舎富山人のくせに新潟を豪雪地帯のイメージにするな
富山なんて高速も新幹線もないし2002年の時代でも富山に比べれば新潟のほうが住みやすいんだよ
富山のくせに生意気だぞ

2012/7/31(火) 午後 5:13 [ itahiro★ ] 返信する

顔アイコン

「何が豪雪地帯の生活を覚悟した」だと?
新潟市民にとってその言葉すごい腹がたつんだよ
富山市のほうが雪が多い
新潟市のほうが雪は少ない

新潟市をイメージで決め付けるな
県内は広いんだよ

2012/7/31(火) 午後 5:16 [ itahiro★ ] 返信する

顔アイコン

村上君、あまり噛み付くなよ、
実際に新潟に生活して気に入ってくれたんだから良いじゃないか 削除

2012/8/1(水) 午前 2:42 [ 穏健派 ] 返信する

顔アイコン

羽越新幹線(うえつしんかんせん)は、富山市から青森市に至る約560kmにわたる新幹線の基本計画路線である。

なお、富山 - 上越間 (110.7km) は北陸新幹線、長岡 - 新潟間 (55.7km) は上越新幹線との共用区間である。
前記の560kmはこの共用区間を含まない距離である。

1973年の基本計画決定後、建設に必要な調査は行われていないが、

ルート上のいくつかの区間でミニ新幹線もしくは軌間可変電車(フリーゲージトレイン)を走らせる構想がある。
ただし、いずれも現時点では実現する見通しは立っていない。

または、北陸新幹線のようにフル規格の場合もある。

2012/11/27(火) 午後 8:22 [ itahiro★ ] 返信する

顔アイコン

新潟県 ご意見




http://www.pref.niigata.lg.jp/kouhou/info.html

新潟市 ご意見



https://www.city.niigata.lg.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=tegami


新型車・発車メロディー・ATOS型放送・ホームドアなどのご意見については

JR東日本 ご意見



https://voice2.jreast.co.jp/

新幹線や高速道路・港湾・空港などについては

国土交通省 ご意見

http://www.mlit.go.jp/hotline/hotline.html


民主党 ご意見
https://form.dpj.or.jp/contact/

公明党 ご意見
https://www.komei.or.jp/contact/

スカイマーク ご意見

https://www1.skymark.co.jp/opinion_inquiry.php

2012/11/27(火) 午後 8:24 [ itahiro★ ] 返信する

顔アイコン

自民党は、公共事業・経済成長など




頑張ろう!自民党!


新潟の経済は点には、経済成長しかない!

2012/12/5(水) 午後 8:16 [ itahiro★ ] 返信する

顔アイコン

金沢は、立派な観光都市だし、人気も高い。もっと金沢出身であることに、誇りをもったらどうですか?某100万都市の人間だけど、金沢と新潟、どちらに行きたい?って聞かれたら、自分は金沢を選びます。 削除

2012/12/7(金) 午後 9:17 [ ピヨピヨ ] 返信する

顔アイコン

お邪魔します(^O^)
興味をひくブログですね!
ブログをいろいろ見ていたらたどり着きました☆
ブログ更新したので、よかったら読んでみて下さいね(゚∇^*) 削除

2015/3/23(月) 午前 7:05 [ ゆうママ ] 返信する

顔アイコン

ツイッターとかこのブログを見て思ったのは、『ただ単に、金沢が嫌いなだけ』だという事。

新潟に対しての精神的な依存が強いね。
逆に言うと、新潟にハマる要素がそんなにあるのかと?疑問に感じるんだけど。 削除

2015/5/15(金) 午後 5:44 [ リンガーハット ] 返信する

顔アイコン

始めまして、お邪魔します!
私なんかより丁寧な文章で驚きました♪
書き方に性格が出るかとは思いますが、凄く丁寧でびっくりしました♪
まだまだ初心者なので是非、絡んで頂けたら嬉しいです♪ 削除

2015/5/23(土) 午後 7:40 [ 貧乏からセレブへ逆転人生♪ ] 返信する

顔アイコン

まだまだ、貴方は金沢人です。
いつまで経っても、未練タラタラ。本当は金沢がすきなくせに。
小矢部三井アウトレットの開店により、上越地区は真に北陸圏の一部となりはじめます。
どれだけ蔑んでも、北陸は新潟より勢いがあり強い。
新潟は、もう弾切れです。
そして貴方はまた北陸の地を想い唇を噛み締めてその血を恨み、新潟に想いを馳せ、そして何も残りません。
金沢人、富山人である事を受け入れ、前に進むしかないんですよ。
そう思いませんか? 削除

2015/7/15(水) 午前 0:49 [ 新潟地方 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事