Mosaic Tone

某社採用試験のため更新停止中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

お久しぶりです


前回の記事から何とか立ち直った管理人です。
亡くなったのは惜しいですがいつまでもくよくよしていられない!

とそんなこんなで早いもので年末になりました。
本来なら年賀状を書くシーズンなのですが私は別の物を書いていました。


そこで一句。



「年末に 履歴書書いてる 俺がいる」


転職活動の為暫く履歴書との戦いで全く手が付いていませんTOT
しかも受ける企業、受ける企業、不採用乃至面接にすらたどり着けない…。

と今ここでちょっと休憩と言う意味合いで年賀状づくりです。
しかし、猿(申)ですか…。
去年の羊は非常に簡単にいっただけに難しいですね。
今のところ、考えている絵はこんなもの。

イメージ 1


とりあえず考えているのはこんな感じです。
個人的には一番左上が気に入っています。

それか、来年の「申」は「申し上げる」の「申す」と漢字が同じなので
それをか掛けるのも一つの手じゃないかな?とか思ったり。


ちゅうか、年賀状送る相手が年々減っているのね。
返事書いてくれる人が少なくなるって悲しいね!TOT





最近の出来事


携帯を、ガラケーからスマホに買い替えましたが全然使いこなせません。
改めて思う、ガラケーの優秀さ。

今の使い心地ランキングは


初代ガラケー>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>2代目ガラケー>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>スマホ(エクスぺリアZ4)


ですね。
初代のガラケーが一番使いやすかったし凄い優秀でした。


んで、デフォルトでLINEのアプリが入っていて一応登録するも



「相手おれへんOTZ」

ボッチの悲嘆。


そうなんです。話す相手が居ません。
大体が高校の時に「とりあえずメアド交換しとこうか?」レベルの
浅い付き合いの連中の連絡先ばかり!


使わない物を付けていてスゲェ勿体ない…。


もっかい、ガラケーに戻したいなぁ…。



開く コメント(1)


会社で給仕係として働いていたパートの女性が今週の日曜日、永眠されました。
ガンだったそうです。
40代後半くらいだったでしょうか。あまりに唐突な訃報に未だに実感が湧きません。

正直、性質の悪いジョークじゃないかと思えるくらいです。


その女性とは、私が入社してから三年間一部の時間帯で給仕係をしていらっしゃいました。
良くその人とおしゃべりをしてその人の元気いっぱいな笑顔が好きでした。

特に、入社一年目で親睦会と言う会(社員同士の交流会のようなもの)の会長に選出された際、
その人は進んでその会の会計係として私と一緒によく行動し不慣れな私のフォローを良くしてくださいました。

昨年夏に体調を崩し、年末に挨拶に来たのが私が見た最後の姿でした。
その時も息子さんが同伴していたとはいえ、まさかそれが今生の別れになるとは夢にも思いませんでした。

昨日別の会社のパート女性から伺い、今晩通夜が、明日に告別式が行われると言う事です。


「会社を辞めて1年が経つし、会社の人間としての通夜は控えてほしい」と言う事だったので、
本当は焼香を上げたかったのですがご本人様とご家族の意思を尊重し私は出席しないことにしました。

個人的には大変お世話になっていただけに悔しい思いです。
今日の帰り道、その人との思い出を思い出すと思わず泣きそうになりました。

今だってそうです。ちょっと泣きそうです。


一緒にボーリングを楽しんだ、食事を楽しんだ、雑談を楽しんだ、
時には相談ごとにも気前よくのってくれた、車で送ってくれた。

今でもはっきり覚えています。
何度その人に助けられたか数えられません。


最後に、

今までどうもありがとうございました。
貴方と過ごした日々は本当に短かったですが私はこれからも貴方の事を忘れず生きてゆきます。
ですからどうか、天国でゆっくり休んでください。


お疲れ様でした。

開く コメント(4)


もうすぐハロウィンですね。
街中はすっかりコスプレした人々であふれかえっております。

さてさて、わたくしの方も今年はちゃんとハロウィンイラスト描きましたよ。
そして、ついでに36000コメを突破しました。いやぁ嬉しいなぁ。

36000コメを踏んだのはブログ友達の子兎。ちゃんでした。どうもありがとう。
今回のイラストはハロウィンと36000コメ突破記念で描きました。

そんな折こんなことを考えました。



36000コメ踏んだのは子兎ちゃん。だし、
せっかくなら子兎。ちゃんの
絵柄っぽく描いてみよう。

と考えたわけです。

私ね、子兎。ちゃんの絵柄が大好きなんですよ。
パソコンでのイラストが出来ない私からすればもう可愛いの一言!

ひたすら可愛くてもう尊敬しちゃいます!
いやいや、本当に割とマジで尊敬しているんです(汗)

人間苦手だからさ、うらやましいの。


どうやったらあんなに可愛い絵が描けるか謎ね。


さぁ、前振りはこのあたりにしておきますか。


それではGO!


イメージ 1


顔(と言うか目は)完全に子兎。ちゃんの絵柄を参考にしました。
根人的に気に入っているのは脇の文字ですけど(笑)


とにかく、

毎度ご愛顧ありがとうございます。
これからも粛々とやってまいります。


よろしくお願いいたします。


この記事は転載可とします。



『Mosaic Tone』 遼⇔596さん

開く コメント(1)

22歳になりました。


速いね!

お久しぶりです、遼です。
皆さん私の事恐らく忘れているでしょうが
私は生きてます。

さてさて、本日22歳になってしまいました。
でも、ケーキが食えません!


なにせ虫歯だから!中程度の。

削って隙間を銀歯で
埋めることになりました(涙)

母よ、ゴメン。虫歯になってしまって…。
嗚呼、健康な歯だと思ってたのになぁ

残念。

あと、スマホに買い替えたのですが
使いづらいね、しかも動作が遅いのよ!

もう亀さん通り越してナメクジ並みに
読み込み遅いよ!

どうなってんのさ!全く!


イメージ 1

開く コメント(3)

「GONINサーガ」 感想

クリックすると新しいウィンドウで開きます

監 脚
督 本

















|





19年前に公開された「GONIN」の正統続編。
一作目が好きな自分としてはこの「サーガ」は正直あまり期待していませんでした。
先ず予告編を見た時点で「ちょっと安っぽいかね?」と言う印象でした。

何と言うかセットっぽくて色味も明るい。

じゃあなんで見に行ったかって?


安藤政信目当てですよ!


クリックすると新しいウィンドウで開きます


めっちゃ格好いい!
男の自分が言うのもあれですが彼は本当にセクシーで格好いい。
40歳でこれは反則ですわ・・・。


と趣味に突っ走りましたが日本映画に彼が出演するのは久しぶりで
彼の演技が見たくて「サーガ」を見に行ったわけですよ。



全体を通してみての感想は「イマイチ締まってない」です。

「面白くないがつまらなくもない」そんな感じ。


一作目ではバブル景気がはじけて社会の最底辺を生きる男たちの
困窮した絶望的な雰囲気が醸し出されていたのですが
今作ではそれらが全体的に希薄で、とても共感まではいかなかったです。

時代の流れか、前作では日本独特のジメッとしつつも乾いている印象だった映画が
ただのスタイリッシュに切り揃えられた量産型の映画に成り下がりました。

1作目を強く意識した作りでその映像を何度も使用しています、
それに説明を付け加える形を取っている為少々くどい。


また映画の繋ぎも結構滅茶苦茶でちょっと混乱しちゃいます。
話があっちからこっち、こっちからあっちで集中できません。
アクションシーンもイマイチ締まっていません。

竹中直人演じる殺し屋・明神・・・あんた何やってんのさ。
一作目のビートたけし演じる京耶のほうがよっぽど怖かったし有能だった。

キャラづくりに失敗しちゃったな…。


予告編では根津甚八が重要な役で出ている・・・と思わせて実際はそんなに出番がなかった。
「チャカ…寄越せ」くらいしかセリフもなかったしなにより弱弱しいおじいさんになってしまってました。

最後にちょっと見せ場があっただけかい!
これで一作限りの復活って、それでいいのですか。根津さん。
あなたの力強い演技を期待した私としてはいささか拍子抜けです。


そんな中、やっぱり印象深かった安藤政信とそして土屋アンナ。
土屋アンナが意外と良かったんですよ、これが。

これはとんだ番狂わせでしたね。



総評☆3.4(満点は5)

あまりお勧めはしません。
バイオレンス映画が好きな方に1作目は強くお勧めできますが
本作はいまいちです。

見たいと思った方はレンタルビデオか、テレビ放送を待ちましょう。


「GONINサーガ」予告編



「GONIN」 予告編

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事