Mosaic Tone

某社採用試験のため更新停止中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

麦ちゃん以外の記事を久しぶりに書きます。
今日は、まぁ久しぶりの土曜日休みで家で麦ちゃんの面倒を見つつTSUTAYAで映画を2本借りてきました。

まず、1本目の感想から。
「ダイ・ハード ラスト・デイ」

イメージ 1

感想:

「ダイ・ハード」じゃなくて「ダイ・メイワク」

一言で言うとこれは酷い。駄作です。
あの伝説の駄作「ダイ・ハード3」を超えるレベルです。


マクレーンと言えばその場にいて事件に巻き込まれるタイプです。
それは「1」〜「4.0」まですべて言える話でそれがこのシリーズの定石でした。
ところがどっこいこの映画は自分から事件に首を突っ込むと言うマクレーンではありえない行動を。


しかも、何も罪を犯していない一般市民に頭突きをかましたりととてもマクレーンとは言い難い。
それ以外にも登場人物の行動・言動はとても不自然でおよそ映画とは思えないレベル。

劇中最大の見せ場と言えるカーチェイスは最早大迷惑レベル。
一般車お構いなしで(しかもマクレーン側が)息子も全く気にかけてすらいない。



と言う訳で星は−★★★★と言ったところだろう。
こんな映画のため90分と100円を無駄にするかどうかは貴方次第。


続いてこちら。

イメージ 2


感想:
ハリウッド映画のような日本映画。


「ダイ・ハードラスト・デイ」が酷すぎたのもあるがそれを除いてもこれは面白かったです。
日本映画らしいじめじめとした人間関係をハリウッドのような血みどろなアクションで
描いた凄まじいアクション映画でした。

アクション自体はそれほど派手なものではないのですが映画の過程を見ていると
その凄さがまじまじと分かります。そして独特の存在感を醸し出すビートたけし。

事故後すぐの復帰だったため片目にガーゼをして登場。
しかしまるで違和感なく溶け込んでおり彼の演じるキャラへの恐怖心が余計に煽られる。



と言う訳でこの映画は★★★★と言ったところでしょう。
面白いのは確かですが万人受けしません。

血みどろアクション映画好きにはお勧め。

開く コメント(1)

麦ちゃん4日目


麦ちゃんが我が家に来て4日目に突入しました。
この4日目はある意味彼女にとっては試練でした。

2日目、3日目は母のパートが休みのため昼間も面倒を見ていてくれましたが
今日は母も出勤日で昼間は誰もいない状況に。

仕事先でも滅茶苦茶不安でしたよ。元気でしているか…。


仕事終了後すぐさま帰宅し、ただいま。
すると祖母が「おかえり」と返した直後に「麦は元気やでー!」と。


ああ、ホッとした。


しかし、麦ちゃんが来て以来我が家では様々な変化が起きました。

ひとつは先住民猫がすねたこと。
ふたつに祖母が麦ちゃんの心配をしていること(祖母は猫があまり好きじゃない)
みっつに、父が携帯電話のカメラで麦ちゃんの撮影を始めたこと(大事件!!)

イメージ 1

麦ちゃん用のキャリーケース。今はここが寝床。

イメージ 2

ペットシートを敷いていますが未だにおしっこのみでそれが心配。
ミルクはがぶがぶ飲み、今日の午後だけでも結構な量を飲みました。

すくすく成長中です。


開く コメント(1)


子猫の麦ちゃんが我が家に来て3日目に突入しました。
彼女(?)はすこぶる元気です。「おしっこ→ミルク→寝る」の繰り返しです。

この二日間は昼間は母に世話をしてもらいましたが明日は母もパートでおらず
半日おしっことミルク係がおらずお留守番と言う事に。

心配だ;;

6匹の経験を持つ会社の人は「毎日続くのは問題だけど時々なら大丈夫だよ」と肩の荷が下りた気がします。

無責任とか言わないで!!!


気になる現状


まず、自宅で測った体重は当初250グラムでした(獣医さんは280グラムと言っていた)
2日後、つまり今日の体重は270グラムだったので順調に増えています。

調理用のはかりなので正確な重さはさて置きそれでも20グラム増です。

あちらこちらにおしっこを引っ掛けますが未だにうんちが来ません。
母曰く、3,4日はでなくても大丈夫といいますが本当なのかどうなのか…。

ミルクは勢いよく飲んでくれており次から次へと要求してきて嬉しい誤算です。
どんどん飲ませています。


イメージ 1


母が用意した麦ちゃん用のはかり箱。(カップ焼きそばの入れ物って…)

イメージ 2
イメージ 3

ミルクを飲んでご満悦。

イメージ 4

頼むから強くなってくれよ!
これからが正念場だ。


開く コメント(4)



今日、会社に行ったらロッカーと物置の間から何やら子猫の鳴き声が聞こえてきました。
探してみると黒と白のブチ模様の子猫が隙間に落ちていました。すかさず救助しました。

近所に、猫屋敷があるのでそこに子猫を託したのでした。

それから数時間後、





もう一匹出た。

イメージ 1

流石に、一日に2回子猫を託すと言うのは非常識なので没。
会社には、猫嫌いが多く猫好きな人も飼えないと言う訳で私は引き受けることに。

いや、自宅に先住民の猫は居ますよ?
けれどね、それを乗り越えるレベルでこの子滅茶苦茶
かわいい顔をしていたのでお持ち帰りしました。


ですが


問題点がありました。
そう、私はバス通勤で通常ならゲージを用意しなければいけないのです。
ですがそんなもの存在しない。どうすればいいか?何のことはない。


猫に頑張って黙ってもらうのだ。
鳴かない様に細心の注意を払って運びバスで新神戸まで。
そこから別のバスに乗り継いで近所の動物病院へと連れてゆきました。

バスに乗っている間は猫は一回も鳴かなかったのでラッキーでした。


動物病院での診療の結果、

生後およそ20日。
体重280グラム。
雌雄、恐らく♀(小さくてよくは判断できないという)
種類、雑種だが洋種の猫の血統を引き継いでいる可能性がある。
(耳が厚く垂れているのでスコティッシュホールドの血かな?)

健康状態はいたって良好でしいて言えば野良なのでノミがひどいとの事。
ノミ駆除の薬を塗ってもらいました。

すると先生から「この子、まだミルクの時期ですね。ミルクと排泄は貴方が世話してやってください」


Σ(゚Д゚)<ナッ、ナンダッテー!?


いや大体予想はしていましたよ。でもこうもストレートに言われるとね。
とりあえず、ミルクの与え方と排泄の促し方を先生にご教授頂きました。

うん、まあ拾ったからに世話はもちろん見ますよ。
でもね、ミルクの回数が多い気がするね、あと排泄も…。

自宅に帰宅後子猫を報告。
母も父もそりゃびっくりしていましたけど先にも言いました通り内には先住民猫がおりますゆえ
結構寛容に受け入れてくれました。

(世話するのはアンタだろ?)って内心思われていたに違いありません。


1日目、

元気です。ミルクも飲みます。しかし排泄はまだおしっこしかせずウンチはしてくれません。
いずれ出てくれたらうれしい限りですが。そしてやはりひと肌恋しいのか暖かい場所をうろうろ。

そんな彼女はとりあえず「麦ちゃん」と名付けました。
里親探しをする予定にはしていますが…どうしようこのまま飼い続けたい・・・。

イメージ 2

イメージ 3


ペットショップのネコではありません。
紛れもない野良猫です。





開く コメント(4)

転職検討開始


転職をマジで検討し始めました。
理由はお給料・賞与が4年目なのに低いから(素直)
マジで。

給料>賞与という状態。
ぜいたくな悩みと言われればそうですが
4年目でコレチョット酷くない!?という金額でした。


つい先日、直属の上司に「転職考えています」と
相談・打ち明けました。

最初こそ、険悪なムードでしたが
「給料が…まずいんです」と話すと…。


上司「それはしゃあないなぁ!」

3秒で納得してくれました。

Me「先日貰った賞与が低すぎて…」
上司「ワシなんて32年居って微塵も上がらんわいな。
ワシの息子や娘…来年には絶対ボーナス超えるで
父親よりの俺より…ホンマに毎年賞与見てがっかりしてるんやもの」


その話を聞いて
益々ガチで検討し始めた管理人でした。

今転職サイトにて気になる会社があるのでじっくりと
検討してゆきたいと思っております。


開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事