Mosaic Tone

某社採用試験のため更新停止中

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


会社で給仕係として働いていたパートの女性が今週の日曜日、永眠されました。
ガンだったそうです。
40代後半くらいだったでしょうか。あまりに唐突な訃報に未だに実感が湧きません。

正直、性質の悪いジョークじゃないかと思えるくらいです。


その女性とは、私が入社してから三年間一部の時間帯で給仕係をしていらっしゃいました。
良くその人とおしゃべりをしてその人の元気いっぱいな笑顔が好きでした。

特に、入社一年目で親睦会と言う会(社員同士の交流会のようなもの)の会長に選出された際、
その人は進んでその会の会計係として私と一緒によく行動し不慣れな私のフォローを良くしてくださいました。

昨年夏に体調を崩し、年末に挨拶に来たのが私が見た最後の姿でした。
その時も息子さんが同伴していたとはいえ、まさかそれが今生の別れになるとは夢にも思いませんでした。

昨日別の会社のパート女性から伺い、今晩通夜が、明日に告別式が行われると言う事です。


「会社を辞めて1年が経つし、会社の人間としての通夜は控えてほしい」と言う事だったので、
本当は焼香を上げたかったのですがご本人様とご家族の意思を尊重し私は出席しないことにしました。

個人的には大変お世話になっていただけに悔しい思いです。
今日の帰り道、その人との思い出を思い出すと思わず泣きそうになりました。

今だってそうです。ちょっと泣きそうです。


一緒にボーリングを楽しんだ、食事を楽しんだ、雑談を楽しんだ、
時には相談ごとにも気前よくのってくれた、車で送ってくれた。

今でもはっきり覚えています。
何度その人に助けられたか数えられません。


最後に、

今までどうもありがとうございました。
貴方と過ごした日々は本当に短かったですが私はこれからも貴方の事を忘れず生きてゆきます。
ですからどうか、天国でゆっくり休んでください。


お疲れ様でした。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事