久々です!

久々の持ち寄り会です。今回はいつものメンバーと合わせて14人、今迄でもっとも多い参加となり大いに盛り上がりました。
持ち寄り会なので、みなさん色々な一品をお持ちいただきました。飲み物でも⭕
ケータリングあり〜の(焼き鳥、ケンタッキー) お刺身、お寿司、お好み焼き、エスニック風春雨の炒め物、そして今が旬の
緑竹の煮物、おこわ、壮観でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

我が家は、メンバーのJさんが9月誕生日ということもあり、リンゴのお菓子をリクエスト。タルトタターンを作りました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

終わってみれば、ビールとワイン、シャンパン含め14本ほろ酔い気分で終宴でした。又、次回を楽しみに

この記事に

開く コメント(0)

旅立ち・・そして足跡

桜も咲き、緑が映える季節になってきた。そんな折、3月はじめ、ベントは12年という
長いようで短い生涯を終えて旅立っていった。3月で13歳になる目前に
思えば40日で我が家に迎えたはじめてのワンコでした。大きなケージの片隅にまーるくなってやってきた。「今日からここがおうちだよ」「○○ベントだよ」かあさんの一言が
昨日の事のようだ。それから12年たくさんの思い出を残していった。少しそれらのいくつかを振り返ってみようと思う。これを書き始めるとその時ことを思い出しウルウルと
きてしまう。小さい頃のベントはラヴの性格そのものでやんちゃで元気いっぱいの
ワンコでした。テーブルやイス、柱は歯形だらけで、今もその跡はそのままで残っている。なんとか基本のしつけだけでもと思い訓練所通いをはじめました。(訓練所とは
警察犬訓練所です)ベントもシエロもここで譲ってもらったわんこです。実家みたいなものです。週一回飼い主と犬とで学習するのです。先生の言うことはよく聞くが、飼い主の言うことはほどほどですね。ちょうどその頃NHKの「家族に乾杯」のロケが来たのです。縁あって鶴瓶さんが突然、店にあらわれたのでした。休憩時間だったのでかあさんとベントは外にいてビックリ、カメラはその間まわりつついろいろやりとりがあり,鶴瓶さんの一言「ベントすわれ」するとピタッとすわったんです。それを後日放送を見た先生が
「よかった、よかった」と喜んでいたのを覚えています。その後も、ローカル番組で
しつけ教室のレポートに駆り出され、その役を無事にこなしたこともありました。
その意味では看板犬をしたのかもしれません。実際は店で看板犬などまったくしなかったのですが・・体も大きくなり力も強い。それで我々も痛いめにあうこともたびたび
私はふいにリードごと引っ張られ肩からころんで激痛だ。幸い打撲で済んだが、かあさんの方はと言うと、体当たりされて肋骨にひびがはいるという始末。「もう一回やると骨折しますよ」と病院でいわれるはめに・・2歳を過ぎたころ一人っ子ではさみしいかと思い、シエロを迎えることになる。この時もベントが関わった。泊まりで預けているベント
を迎えにいくと、子犬が数匹いたのです。そこで子犬と対面させるとその中の一匹と鼻と鼻を合わせてクンクン、これだと思い決めたのです。いわばベントが選んだのが
シエロだったのです。そのかいあってシエロが小さい頃はベントが遊び相手をしてくれたので、手間が少なくて助かりました。2頭であばれて走り回る光景が日常になりました。シエロがちょっかいかけると最初は適当にあしらっているベントだが、ついにきれる
ベントに倒されて上になられ万事休す。「あんたは上になれないの」と、シエロはかあさんによく言われていた。シエロは甘え方が上手、対するベントはシャイでマイペース目と目を合わせることが得意じゃなかった。カメラを向けてもカメラ目線でじっーとみているのがシエロ、ベントはすぐにあっち向いてほいだった。ゆいつの表現といえばよく甘噛みをした。大きくなってもよくかんだ。これがベントの愛情表現のひとつだっつたのかもしれない。5, 6歳を過ぎたあたりからアレルギーの症状が目立つようになってきた。
その前に検査はしていたので対応していたのだがひどくなる一方でした。いろいろ試してみるがなかなか改善できない。手作り食とアレルギー療法のフードで対処するしかなかった。頻繁に掻いている姿をみるのはつらかったが、アレルギーとうまくつきあっていくしかないのかな・・最終的にたどり着いたのが漢方でした。晩年はかなり良くなってきて皮膚の色も本来にちかい状態にまでもどった。2014年に2回ほど泊りがけで阿蘇に出かけた.このころベント10歳、白いものも目立ち、耳も少し遠くなり、足腰も弱くなり、宿のベッドに上がるのに一苦労でした。今年も行こうかと思っていたところでしたがそれもかなわぬことになってしまいました。もっといろんな所に連れていってあげればよかったと、今思う。まだまだたくさんの思い出はつきないが、今日はこの辺で!
ほんとうにありがとう VENTOイメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

コナラ

ここを建てる時に店のアプローチと玄関周りにコナラをと勧められて(当時ちょっとブームだったらしい)8本ほど植わっている。
植えて数年は気にならないが、どんどん成長する、あたりまえですがな!これ以上大きくなるとマズクなる。と言うわけで毎年葉が落ちるこの時期に剪定?ではない。伐採に近いか?もちろん剪定の知識なぞありませぬ。

イメージ 4


イメージ 1

ここで活躍するのがチェーンソー。それがこれ赤いやつ。突っ込み切りができるすぐれもの。このエンジン音がたまらんです。

イメージ 2

after

イメージ 3

イメージ 5


毎年同じところを切るのでコブになってしまいました。しかし暖かくなるとちゃんと新しい枝葉が出てきます。有難い。
1時間位で3本枝切りしました。のこり5本まだ続くのです。

この記事に

開く コメント(0)

寒い日は

今日は朝から雨、比較的暖かい。しかし先日の寒さは半端じゃなかった。それは人間だけではない。ワンコもさむい。ベントはストーブの前から離れない。買ってあったシャツの登場だ。

イメージ 1

イメージ 2

まるでおっさんです。なかなか決まってる。ベントおっさんのお通りだい!

この記事に

開く コメント(0)

買い出し

毎週、休みの日は買い出しに行くのだが、自家用と業務用も含めて、したがって休みでも半分は仕事みたいなもんだ。^o^
主に野菜とお魚であるが、この時期は野菜は地元でもほぼ揃うが、魚は魚屋さんだ。
その魚屋さんにオープン当初からお世話になっている。新鮮でお安いので大助かりだ。ちなみに今週の漁獲は

イメージ 1

左から、サゴシ、ホウボウ(赤)、上に見えるのがキンフグ、エソ、アジ、舌ヒラメ、シビ、以上の面々だ。これだけ買っても三千円しない。社長と顔見知りということもあるがいつもサービスしていただいてありがとうございます。😃
PS❗サゴシは刺身でもいいが、味噌との相性がいい。漬け込んで焼くとおいしい
ホウボウは洋風料理には欠かせない。カルパッチョもいい。
キンフグは鍋の定番かな。オリーブオイルでソテーしてもおいしい。
エソは子骨が多く、世話がかかる。蒲鉾の材料には欠かせないらしい。よって、プロセッサーにかけて料理に使うと思わぬおいしさにあえる。
アジ、ポピュラーな魚
舌ヒラメ、別名、牛の舌、これも洋風料理にはよく使われる。
最後はシビ、マグロの幼魚、刺身よし、焼いてもよし、フライにしてもうまい。最近はこれでポキしてます。美味い👌

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事