宙茶屋 星が好き

ジミで遠い天体が好きです

さよならYahoo!ブログ

2012年のブログ開設以来、天文というテーマで多くの皆様とのご縁を頂きましたが、
残念ながら2019年8月31日でこちらへの書き込みができなくなり、
2019年12月15日で閲覧も終了となります。

本ブログの今後についてはかなり迷いました。
Yahoo!ブロガーの皆さんはそれぞれの移設先に散り散りバラバラになってしまうことに加え、
肝心の小生自身、多忙で以前程の更新頻度が望まれないため、ブログの閉鎖も検討しましたが、
記事の内容について時々お問い合わせを頂くこともあります。
そして何よりも、皆様とのご縁までなかったことにはしたくありませんでした。
従いまして、一応ブログについては移設先で継続することを決意しました。

移籍先についても色々考えましたが、結局FC2にしました。
決め手は今まで皆様より頂きましたコメントを持って行けることです。
FC2の方の更新頻度はボチボチ・・・・・となりそうですが。

宙茶屋 星が好き MkII




実は、メインの活動(写真の投稿)はこちらになりそうです。
FC2よりは多少頻度が高い・・・・・かも?

星もよう



Yahoo!ブログへの投稿は本文が最後になると思います。
最後になりましたが、素晴らしい場を提供していただきましたYahoo! JAPAN様に感謝申し上げます。
そして、素晴らしいご縁を頂きました皆様方にも感謝申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。

こちらへの投稿は実に4カ月年ぶりですね。
忙しくしておりますが、お陰様で身体だけは元気印です。
ところが、先週風邪をコジらせてしまいまして.・・・・・
外部との仕事が続いたので休むわけにもいかず、遂に週末にダウン!
昨日今日とほぼ寝て過ごしましたので、寝不足解消という思わぬ収穫がありました。

以上、めでたしめでたし・・・・・ではなく、
実は梅雨時期に皆さんがよくかかるポチリヌス感染症にかかりました。
もっとも、小生の症状は軽いものですが・・・・・

イメージ 1

新旧単焦点カメラレンズ2本です。


(1)SMC PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL

イメージ 2
昔からAPS-C用の単焦点の標準レンズが欲しいと思っていました。
28mmF1.8を所有しているので、これで十分なのですが、つい指が勝手にマウスをクリックしていました(笑)
単焦点では初めてのデジタル用レンズです。
最近のレンズは絞り調整もボディー側で操作するので、絞り環も省略されています。
個人的には、絞り環がレンズにないとしっくり来ないんだよなぁ・・・・・
もっとも、絞り環があろうがなかろうが、現在のカメラでは絞り開閉はシャッターと連動するので殆ど関係ないのですが。
ローレットの部分はフォーカスリングです。


イメージ 3
光学系は5群6枚のシンプルな構成。
(4群6枚に見えるのだけど・・・・・2つの張り合わせの内、1つは張り合わせてないのかも?)
開放F値は2.4と若干控え目ですが、どうせ夜の男(?)は絞りますから。
絞り羽根数は6枚、フィルター径は49mm。
レンズ以外はほぼプラスチック製で124gとかなり軽いです。
前面にはレンズの銘柄も記載されていないシンプルなデザインです。
コストダウンが徹底化されていますね。


イメージ 4
マウントまでプラスチック!
因みに、一番後ろの玉は非球面レンズです。
夜の男の最も苦手とする球面収差の補正に対して期待大です!


イメージ 5
勿論、フードも付属していません。フードはフィルターネジに付ける必要があります。
手持ちのミノルタのプラスチックフードを使います。


イメージ 6
K-5IIsに取り付けたらこんな感じ。随分とシンプルな外観ですね。


(2)SMC TAKUMAR 1:1.8 55mm

イメージ 7
こちらはカビだらけのジャンク品をワンコインでゲットしたものです。
このレンズは様々なバージョンが存在し、外観やコーティングや光学系まで様々です。
実は、小生は「Super Multi Coated TAKUMAR 1:1.8 55mm」を所有しています。
外観は異なりますが、光学系は全く同じものです。つまり丸カブリのレンズを買ったことになります。
え、何故買ったかって?
ワゴンから「僕を助けておくれ!」と叫んでいる声が聞こえてつい・・・・・(笑)
コーティングはSMCで、当時は最高峰の耐逆光性能だったようです。
写真では分かりづらいですが、青い反射光を呈します。
フロントレンズカバーは、金属製の被せ式で何となく(?)高級感に浸ることができますが、
ピントを無限遠側にすると、胴鏡が引っ込むためにカバーが外れかかります。

イメージ 8
このレンズの最大の魅力は分解が非常に容易なことです。メンテナンス勉強の入門用に最適です。
カビ取りも簡単に行うことができました。お陰様でレンズやコーティングは侵食されていませんでした。
40年以上前のレンズですが、光学系は5群6枚の変形ダブルガウスなので、
現行品と比べてもあまり遜色ないのではないでしょうか。(現行品を持っていないので分かりませんが)
距離環のネジが緩んでおり、ピントリングと連動していませんでしたが、
ピントリングまでばらすのが面倒だったのでそのままです。
夜の男は無限遠一本勝負(?)。従って、支障なし。
因みに、このバージョンからピントリングがゴム製になっています。

イメージ 9
マウントはM42スクリュー。右側のマウントアダプターを介してカメラに装着します。
最後尾の玉には、高屈折率と低分散を得るため酸化トリウムが練り込まれ、微弱な放射線を放っています。
そのせいで、レンズは黄色く焼けていますが、デジタルでは色調補正が容易なため問題なし。
レンズの後ろ側の左下に見えるピンは絞り連動するための機構ですが、当然連動はできません。
絞り環を回すと機械的に絞りが開閉します。
この頃のレンズは、夜の男には却って好都合な仕様です。

イメージ 10
K-5IIsにつけるとレトロ感に満ちた外観になりますネ。


さて、肝心の作例ですが、生憎の天候と体調で未だ撮影できておりません。
TAKUMARの方は同一光学系のものを持っているので、分かるのですが。
いずれ、手持ちのレンズと色々比較しながらご紹介したいと思います。


ところで、Yahooブログの投稿がもうじきできなくなります。
本ブログの今後については、またお知らせいたします。
それまではなるべくこちらの方に投稿しようと思います。

カウントダウン!?

久々に自分のブログを開くと、衝撃的な一報が飛び込みました。
ナント!Yahoo!ブログが今年をもって終了するとのこと。

「あけましておめでとうございます」も書かないまま永く放置していたので、
今更感は払拭できませんが、やはり残念ですね。
だって、こちらでは多くの素晴らしいご縁を頂きましたから…ネ。
この場を提供頂いたYahoo!Japan様には感謝の念を禁じ得ません。

ブログの移行サービスもあるようですが、どうしよう?
今は割と精一杯の状況で、正直、先のことまでは分かりません。
このままテンカウントゴングか、
はたまた何度も引退宣言をするプロレスラーのごとく演じるのか!?(笑)
兎に角、こちらでは最後まで皆様とのご縁を大切にしたいと思います。

今後も変わらぬお付き合いを頂ければ幸甚です。
すいません、このところ多忙でブログどころか星の方もあまり見れてません。
とうとう年末になってしまいました。
せめて皆様に今年のお礼くらいは述べさせて下さい。ありがとうございました。
そうそう、星ネタではないのですが…

イメージ 1

星見用のアクティを購入したばかりなのに、メインのプリウスが廃車のピンチ!?(笑)

来月はどんな年になるのでしょうか?兎に角頑張るのみ!

それでは皆様、良いお年を!

車を購入しました!

3か月ぶりの更新は、星にほとんど関係ないネタです。

ところで、皆さんはどんな車をお持ちですか?
昔は個性的な車が沢山ありましたが、
今日では時代の流れもあり、車で個性を見せることが難しくなりつつあります。
とはいえ、やはり男にとって車は最高のオシャレ、永遠のロマンです!
小生も昔ほど車に対する情熱はありませんが、おじさん今回はちょっと欲張っちゃいましたよ。

ナント、ミッドシップの4WD車です!
勿論マニュアル車!

それではご覧ください!
















イメージ 1
はい、ホンダのアクティーバンです(笑)
まぁ大体皆さん察しはついたでしょうけど・・・・・
星屋ならスバルにしろと言われそうですが、代車のサンバーでお腹いっぱいになりました。
当然ですが、軽自動車です。更には、中古車です。
セカンドカーなのでこれで満足しています。

イメージ 2
燦然と輝く4WDの文字! といってもリアルタイム4WDですが。
小生はこれまで7台車を所有しましたが、4WD車は初めてです。

前述のミッドシップというのも、限りなくリアエンジンに近い仕様です。
因みに、ミッドシップは3台目です(笑)

あと、今となっては貴重になりつつある5MT仕様です。
意外にも家内が久しぶりのMT車ということで喜んでいました。
もう一つ因むと、マニュアル車は5台目です。

勿論、星見の遠征も考慮に入れたチョイスです。
問題は、小生が遠征を面倒くさがっているということ(笑)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事