全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全255ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

興奮隠せず

イメージ 1

 届いた途端テンション上がって革屋さんに電話しました。

 「社長!これヤバいっすよ!!」

 って、

 社長は電話に出た途端挨拶も無いまま「ヤバいっすよ」ときたもんで

 「何のクレームか?」

 って頭をフル回転させたそうなんですが

 もちろんそれはクレームではなくて、誉め言葉満載の「ヤバい」だったんです。

 ゴートスキンの黒です。

 フルタンニンです。

 1着分でも作りますよって言っていただいたんで多めの1着分頼みました。

 またサイズ42のサンプルが増えてしまいます。

 ほかのサイズの皆様ごめんなさい。

 あ〜、どの形作ろっかな。

 作る時間あるかな。

有限会社フォースピード 須山哲也
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/



この記事に

開く コメント(0)

 
 写真がピンボケなのはご愛敬。

イメージ 1

 この紺色の革は、野生の蝦夷鹿です。

 毎回キーボードで打ち込む度に思うのですが、「蝦夷鹿」って漢字かっこいいと思いませんか?。

 さてこのベストです、

 日本固有の蝦夷鹿をフルタンニンでなめした後ムラ染めされた革に、

 イタリア産のムートンを裏地として使用しています。

 どちらもFOURSPEED初お目見えの革ですね。

イメージ 5

 ポケットの袋布にも蝦夷鹿を使用しています、しかも袋がかなり大きめです。

 型紙もフルオーダーで書きました。

 今までやったことない仕様も所々に入れました。

 いやぁ、とにかく製作中は緊張の連続で夜の睡眠が浅い浅い。

 この1着分を計算して革を仕入れ、革の形をチェックしながら型紙書いて

 出来るだけシンプルにって事だったのでできるだけパーツを大きく取って

 間違いを起こさぬように確認を何度も取りながら作業を進めました。

 隅々までの気配りのおかげでしょう、

 総てが「カチッ」とはまり、お客様のお望み通りに縫い上げる事が出来ました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 すご〜くシンプルだから「たいしたことないじゃん」って思う方も居るでしょうが

 「シンプルで美しいもの」ほどいろいろ大変なんですよ!」と、私は声をにして言いたい。


 「こんなの須山さんじゃなきゃ頼めないですよね」

 って思わず私がいい気になってしまう素敵なお言葉をくれたお客様は、

 HENDERSONをお渡しした3年前からこのベストの事を考え続けていてくれたそうで

 私が途中まで気が付かなかった

 「右身頃の見返しのみムートンにするとその上に鹿革が重なることにより更に暖かくなるはず!」

 なんて事まで計算されてて、

イメージ 6

 更に「良く考えたなぁ」と思えるのは

 このベスト、お持ちになってるHENDERSONのインナーとして着れるのです。

 革ジャンの上じゃ無くて中なんです。

 その為に、薄くても強くて柔らかい鹿革を使い

 毛並みが弊社在庫のムートンと比較して半分くらいに揃えられたイタリア製ムートンを探し出したのです。

 
イメージ 7

 あ〜、楽しかった。

 です。

有限会社フォースピード 須山哲也
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/


 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

 色が大切なのに、色をしっかり撮りきれてない写真で申し訳ありません。

 ホントはもっと青が強いターコイズカラーなのです。

 以前書いたことですが、あるお客様に

 「ターコイズカラーの革ジャンってFOURSPEEDらしいですよね。」

 って言われて「えっ?そうなの」と思わず返事をしてしまったこの革

 色の再現が難しいようで上がってくるたびに全く違うと言えるんじゃないかという色で上がってきてました。

 よって違うロットで染められた革を1着に使う事が出来ませんので

 1着注文頂いたら数か月後に製作が終わるまで売り切れとしていました。

 今回このBLACK SHADOWが縫い終わったところで残った革は1.5着分くらい。

 緑が強いターコイズカラーのロットで注文頂いていたお客様に「こちらの色も選べます。」

 と連絡したところ、「青系が強い方で」という連絡が来まして

 計算では青が強いターコイズカラーは残りベストが作れるくらいのみとなりました。

 まあ、それも製作中に失敗をしてしまう事があることを考えると注文を頂けません。

 無い無いサギ→在庫あります→売り切れました→在庫あります

 を繰り返したのはそういう訳があったんです。

 この革、フルタンニンですので畑に肥料として撒けます。

 着方によって育ち方が全く違います。

 とても面白い革なのですが上記の理由もあり扱いにくい革でもあるので在庫限りで終了となります。

 同じ革では、緑が強いターコイズ3着分くらい、あと紺が1.5着分くらいあります。

イメージ 3

 ねっ、全然違うでしょ。 

 同じ色でオーダーしたんですよ。

 緑が強いターコイズは自分のパンツを製作して履き込んでみようかと思います。

 
有限会社フォースピード 須山哲也
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 今までも何度かムートンを裏地に使ったことはありましたよ。

 その際は、弊社在庫のムートンでは毛並みが長すぎるので違う種類のムートンを仕入れていたのですが、

 数年前にその仕入れ先と連絡が取れなくなりました。

 「あ〜、ちょっとヤバいな。

 と思っていたのですが、そんなに注文が入る訳ではありませんのでボチボチと探してました。

 でもなかなか見つからないあせるまあ注文がある訳じゃないからと落ち着くでもなかなか見つからない
 
 というループ地獄の数年間。

 しかし、やってきましたスペシャルオーダー!

 蝦夷鹿が表側で裏地がムートン指定。

 さてさて、これで本気でムートンを探さないといけません。

 あれだけ探してもないのに注文頂いちゃったけどどうしよう。

 とビビりながら探してみたら、「あら、大変」一発で見つかっちゃいました。

 しかもお世話になってる問屋さんから30mほど先にあるという。

 そこは黒と紺とベージュと茶は基本在庫しておりますとのこと。

 製のムートンですってこと。

 しかも探している感じの毛の長さじゃないですか。

 そうそう前回のブログで書いたイタリアの馬革はそこで出会ったのです。

 で、仕入れました。

 で、作ります。

 つもりだったのですが、裁断するのにビビッてブログ書いてました。

 だって高いんだもの。

有限会社フォースピード 須山哲也
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/



 

この記事に

開く コメント(0)

イタリアの馬革

イメージ 1

初めて訪れた革の問屋さんで出会った馬革の素上げの茶色と黒。

雰囲気最高。

値段も安定高

傷もたくさん

でも雰囲気最高。

「こういうのでシンプルなジャケット作ったらかっこいいんだよなぁ」

「いやROADMASTERなんて最高じゃね」

なんて思わず我を、忘れてしまうようなかっこよさでした。

そこの問屋さんでは馬革についてはいったん休止中という事で

「ひとまずここにある在庫で終わり。」

って事でして

「ください!」

といつもなら言ってしまうのですが

なにしろお高い

しかも革って革の段階で「さいこ〜。」と思っても

癖がひどくて作りにくいものがあったり、仕上げたら「ふつ〜」だったりすることもあります。

でもこの手のひらに乗るようなカットを送ってもらったら

「う〜ん、たまらんものが出来そうだ」

って気がしてなりません。

でも「いつ作れるの?」

って自分に聞いてみたら「そうだよね〜」と、にごした返事しか帰ってきません。

という事で、どなたかイタリア製の馬革で極上な気持ちになりませんか?

傷はありますよ、革だから。

しかも馬革だから。

素上げだし。

でもたぶん「うひゃ〜」ってなるはず。

有限会社フォースピード 須山哲也
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/




この記事に

開く コメント(0)

全255ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事