全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

SOPERIOR ROAD

イメージ 1

イメージ 2
 SUPERIOR ROAD  牛革 渋なめしの オフ白 カスタム箇所多数

 おっ、今回は写真ちゃんと撮ってんじゃん

 と思った人もいるでしょう(特にこの写真を撮った人とか)。

 お客様に頂いた写真です。

 やはり革ジャンは着用するに限りますってのを写真から感じます。

 この白い革の独特なシワ、たまらんですね。

 私もちゃんと写真撮ればいいというのは分かっております

 しかし1着縫い終わったときってもうその余裕も無くなってます。

 次の日には、次の製作に頭が行っちゃってます。

 せっかく撮った写真も後で確認したらボケボケな事もしばしば。

 そういう訳で

 「なんで俺のジャケット、ブログに載せてくれないの?」

 となってしまいます。

 有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/

この記事に

開く コメント(0)

諭される

イメージ 1
 
 月〜火にかけては痛くて字を書く事さえ出来なかったのですが、

 水曜日のお昼頃に、

 「今、治りましたよ」

 と頭に響く言葉がありました。

 そして昨日には、火曜には出来なかった腕を回したり手に力を入れる事も出来るようになるじゃないですか。

 思い切って左手で殴ってみたんですがなんとか大丈夫そうです。

 「これは、もしかしてギブス取っても大丈夫なんじゃない?」

 と思い、次は日曜日の約束でしたが2日早く病院に行ってみました。

 診察室に入って30秒後

 「ギブスがあるから痛くないんです、分かりますね。」

 諭されました。

 もう気持ちまで高揚していて多分それが顔にまで出てたと思うのですが

 (いい歳なんだから落ち着きなさい)←とお医者さんは思っていたと思う。

 「最低でも3週間掛かります、レントゲンは1週間経たないと駄目だから日曜日に来てください」

 との言葉。

 「(おさわがせて)すみません」

 と頭を下げ病院を後にしました。

 あ〜あ

 しかし、このギブスじゃこの位の文章が限界なんですよねぇ。

 困ったなぁ、ホントに。

有限会社フォースピード 須山

この記事に

開く コメント(1)

イメージ 1
 土曜日の夜、帰ろうと工房を出るとそこに傘が捨てられました。

 それを自宅のごみ置き場まで持ち帰ろうとしたのが運の尽き

 道路が直線になり気持ちよく走り始めたとたん、その傘が前輪に入り込んでロックしてしまい勢い前方に投げ
 
 出されました。

 右腕をついて頭を打たずに済みましたが右肘は軽く打ち付けただけだったので寝て起きればこの痛みは引くだ

 ろうと思っていたのですが時間が経つにつれて痛みは増し横になる事も出来なくなりました。

 結果「右肘の骨折」です。

 右腕使えません。手首から二の腕までギブスで固められてます。

 申し訳ありませんが4週間ほど製作不可能になってしまいました。

 この文章も左手の指1本入力です。

 連絡等がつかなくなることもあるかと思いますが、その際は

 fourspeed.leather@gmail.com

 にメールを送ってください。

 宜しくお願いします。

有限会社フォースピード 須山

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 私は以前ダックテールだったがゆえに首を絞められているかのような経験をしたことがあります。

 それは、車で高速道路を走行している時の話です。
 季節は冬の長野道、
 寒さを感じたのでパーキングエリアで停車した際にHENDERSONを着用して走りだしました。
 しばらすると徐々に首を背中側に引っ張られる感覚になるじゃないですか。
 HENDERSONはスタンドカラーです、引っ張られる事により、首が苦しくなってきました。
 でもそこは高速道路上、停車し脱ぐことが出来ません。
 一度気になるともう地獄の入り口を入ったのと同じです。
 次のパーキングエリアまで冷や汗が出まくりました。

 その原因は、お尻の下まで革が届くダックテール。
 座っているうちに少しずつ引っ張られることがあるという事が私の中で理解できたのはその時でした。

 さて、このHENDERSONを着用されてるお客様は、それに近い症状がバイク乗車時に起こるので
 ダックテールをカットする為に革ジャンを工房まで持参されました。

 結果、今回は想像通り焦ることなく出来ました。
 
イメージ 2

 リペアの達人になるには、とにかくまずは回数をこなすことが一番簡単な近道だと私は思います。
 達人から更に仙人にグレードUPするには、
 衣類だけでなく様々な物を分解し物の構造を理解することだと思います。

 私がリペアの仙人と呼ばれる日が来ることはあるのでしょうか?



 まあ、無いでしょう。

 有限会社フォースピード 須山

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 1着分だけ染めて頂いた紫色のカウハイド

 糸と、ファスナーテープは濃茶色

 この綺麗な色がどこまで皆様に伝わるのかは分かりませんが

 こんな色のレザージャケットを着て風を感じるのは、

 どれだけ楽しい事なんだろう
 
イメージ 2

 衿に小さく見えるドットボタンはムートン付け衿用のもの

イメージ 3

 それでは全体を

イメージ 4

イメージ 5

 紫色のレザージャケット

 黒色のバイクに跨ってる姿を見た日には・・・

 あ〜、たまらん。

有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事