全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

New Style 【SIMPLEX SPORT】


Tornax Simplex Sport 1934

トーナックス シンプレックス スポーツ (ドイツ)

 新作です。
イメージ 1

 どこかで見た事があるようで新鮮味に欠けるのが残念ですが、バリバリの新作です。
 新たに型紙書き直してます。

 今回は、「とにかくシンプルなシングルジャケット」を念頭に製作しました。

 前丈はTROPHY SPORTSより短く、BOL D'ORより長くなっております。
 後丈はその逆です(デザイン上の為)

 スタンドカラーで製作したかったのですがターンダウンカラーのサンプルが見当たらなかったので今回はターン ダウンカラーにて製作してみました。衿はボタンで止められておりますので風が吹いても問題無しといったとこ ろです。

 もちろんスタンドカラーへの変更はチャージUP無しで可能です。

 背中の肩ヨークは一文字に、腰下の切り替えは取っ払い脇のパネルは前身頃に吸収しました。

 切替えを無くしたので少々収まりが悪くなっているのが写真を見てお判りでしょうが

 まあ、あちらを立てればこちらが立たずの典型なのでお許しください。

イメージ 2
 このサンプルのサイズは40です。

 数年前はサイズ40のTROPHY SPORTSをTシャツの上に着用していた記憶があるのですが
 何故かこのサイズ40はパツンパツンで息が苦しいくらいでした。
 
 原型が縮んだんですかね?

イメージ 3

 お値段はBOL D'ORと一緒です。

 今ご注文頂ければ2017年にお渡し予定です。

 この調子じゃ2020年なんてあっという間ですね。

 せっかくですのでバイクに乗る時は革ジャンを着てかっこつけましょう。

 かっこつけるだけで様々な恩恵に恵まれるのが革ジャンです。

 ちなみに「これ、欲しい!」という声もお待ちしております、今なら私が着ようとしただけの状態です。

 「革ジャンは体が疲れるからやだ!」

 っていう人いますよね。

 私も街を彷徨った時にいろんな革ジャンを試着してみると思うんですよね。

 でもね万人がピッタリって思えて動きやすーいって思えるものなんてありませんから。

 試してみましょう、着てみましょう

 なんてこと言っても、fourspeedを試着できるところはとても少ないのが現状。

 

有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow

通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/


この記事に

開く コメント(0)

New Style 【SQUARE-FOUR】


 しばらくの間
「革ジャンの新商品ありませんか?」
と雑誌の編集の方からの問い合わせに対して
「すみません、ありません」
と苦笑いを付けて返答するしかありませんでした。

しか〜し、今年の私は何かが違う!
と思います。
たぶん8年ぶりに全く新しく見えない新型を製作しました。

その名は、【SQUARE-FOUR】 品番は【WJ-1601】

イメージ 1

イメージ 2

 ヘアオンハイドはオーダーでの選択となります。
 もちろん革の代金も、縫製し難さもスペシャルですのでスペシャル価格が適応されます。

 では紹介を、
 この形は、まずネット放浪中にヴィンテージのヘアオンハイド(たぶんだけど)を使った画像を見つけました。
 「うぇ、これかっこいいなぁ〜」
 って、そして
 「そういえばこの前革屋さんに行ったときに毛付きの馬革あったなぁ〜」
 と思い出し。
 革を購入して自分の1着を作ろうと思ったのです。
 しかし、その事をあるお客様に話したら
 そのお客様はアメリカの古着屋でそのジャケットの本物を見た事がある
 という事で、
 「それ、私のサイズで製作して。」
 とご注文を頂いてしまいました。

 注文頂いたら自分よりそちらが優先です。

 お客様とデザインの変更点をあ〜だこ〜だと話し合い
 すべてを私の中で整理整頓しなおし
 デザインを自分なりに決め
 私サイズ42で書き始めた型紙を急きょお客様サイズ40に変更して書きあげ
 工房中が毛だらけになるのやだなぁ〜と思いながら裁断を始めた時に、
 ニューウエポン「掃除機」を投入すれば良い事に思い付き。
 裁断したその場で毛を吸い上げ、我慢出来る範囲で作業を進める事が出来。
 「毛で革の端が見えねぇ!」
 と泣きながらミシンを動かし
 もうヘアオンハイドで製作するのは嫌だ〜〜〜〜という心の叫びと共に縫い上げる事ができました。

イメージ 3

 次の写真の左上あたりに写っているのが今回大活躍の掃除機君。

イメージ 4

 結果とにかくとてもカッコ良く出来て大満足です。
 あまりにもかっこ良かったので
 数日間手元に置いたまま眺めて悦に浸っておりました。
 
 このモデルは、BOL D'ORとSUPERIOR ROADと袖と背中(裾は除く)は共通です。
 背中はチャージUP無しでヨーク切り替え&アクションプリーツへの変更することも出来ます。


 有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow

通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/



 


この記事に

開く コメント(0)

ROCKSTER Custom

 
イメージ 6

 ROCKSTERの背中にスタッズでフォースピードのウィングマークを入れたい

 と、

 またまた

 「えっ!!!」

 と驚かしてくれたお客様からの要望。

 お願いしたのは、Vin&Ageさん。


 実は以前、冗談でお願いした事があったんです。

 もちろんその時は、笑いながら「嫌です」と断られました。

 よって今回は、

 「もちろん本気、冗談じゃありません、私じゃ無くてお客様からの依頼です。」

 という所を強調してお願いしたのです。

 私の熱い真摯な気持ちが伝わったんでしょ〜ね〜、

 今回は、快く引き受けていただきましたよスタッズアート!。

イメージ 1

 おっと、これは裏側ね。

 表は、こちら!

イメージ 2

 どうやればこんなに綺麗に出来るのでしょうねぇ。

 実は、ここに至るまでに

 「誰も引き受けてくれなかった時は、須山さんがやってください」

 とお客様に言われていたのですよ。

 でも私がやったらこんなに綺麗に出来る訳がありませんので

 「いや、自分のジャケットに自分でスタッズ打ったら最高ですよ!」

 押し付けあっていたんですね、

 結果、お客様にとっても私にとっても最高な仕上がりです。

 さてこのジャケットまだまだあります。

 裏地には、最近はやりの刺繍です!

イメージ 3

 赤に金糸って映えますね〜

 もうここまでやったら、むやみに脱いで表も裏も見えるように置く練習をしなければいけない気がします。

 ちなみに背中は、とにかくスタッズが目立つようにと一枚革。

イメージ 4

 前側は、基本通常のROCKSTERなんですがベルトだけ50mm巾のダブルピン仕様にカスタム。

イメージ 5

 ベルトの裏側のサテンの赤がとてもいやらしい感じで悶絶モノです。

 さらに拘りはそのサイズ

イメージ 7

 もう私の手のひらは通り抜ける事さえ出来ない細い腕。
 
 もちろんボディもピッタリにサイズカスタム!

イメージ 8

イメージ 9

 もうお腹いっぱいです。

 革:HORSE HIDE WAX VINTAGE Hybrid Tanning (脱Chrome して Vegetable tanning

 裏地:ポリエステルキルティング


有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow

通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/











この記事に

開く コメント(0)

ROCKSTER改 自分用

 もう我慢できなくなった
 
 我慢出来なくなって、9年ぶりに自分用にジャケットを製作した。

 しかもカスタムまで施した。

 基本、自分用のジャケットはサイズ確認用ジャケットとしても重宝するのでカスタムはしないと自分で決めていた。

 しかし、最近の私は以前自分で自分自身に対して決めていたことを簡単に破るようになった。

 なぜなのかは分からない。

 製作したジャケットは「ROCKSTER」

 
不思議なんだけどこのモデルは注文が重なる時は驚くほど重なるのに

 一度止まると暫く注文が無かったりする。

イメージ 1

 カスタムしたのは

・二の腕を細く

・袖口ファスナーを短くしてパデッドというか革を重ねた、中身はウレタンじゃなくて裏地のキルティングの残りを貼り込んだ。

イメージ 2・ベルトは、かなり長い時間を掛けてアルミ製の軽いバックルを探していたんだけどそんなものはなかなか無い。何故探していたかというと真鍮のバックルでは柔らかい革では重すぎて、垂れ下がった時に腰のある革じゃないと収まりが悪いから。そんな時にお客様にからドットボタンを使ったベルトを注文して頂き、
「お〜、これだ」
と、

そして何よりこの革
牛革のオイル漬けとでも言いましょうか、オイルドコットンってあるじゃないですか、それの革版。
オイルドレザーと言うのがしっくり来る、触るともちろんオイリー。
そして好きな人は大好きでしょう、オイルドコットンのあの匂いがする。
しかも革を引っ張るとオイルが動いて色が変わる大変面白い革である。
革の匂いも重なって、電車に乗る時は着ないようにしようと思わずにはいれないだろう、な革。

イメージ 3

ちなみに、タンナーさん(革の製造元)は作るの大変過ぎるからもう勘弁して。
縫製屋さんも、縫うの大変だからもう勘弁して。と言うことで行き場所を失っていた所、縁あって我が工房にやってきた。

イメージ 4

 傷やシミも革の中に潜むオイルが芸術的にかっこ良くしてくれる(と私は思う)。

イメージ 5

イメージ 6

フロントファスナーはデッドストックのクラウン・シェブロン・ジッパー。復刻されているから今の価値はどんなものなのか知りませんが、10年以上前にインポートファスナーを取り扱う商社の方からたっけ〜値段で購入して保管していた物。

そして裏地には、これもお客様から注文があった刺繍の試し縫いの物を柔らかいゴートスウェードに縫い付けてから裏地に更に縫い付けるという訳の分からなさ!
これも何故かと言うと、試し縫いだから不自然な感じで裁断されて渡されていた訳で、そのまま縫うのも何だかな〜と思ったから。

イメージ 7

いろいろ詰め込んで、時間を忘れて縫い上げた。
そして、どうだ!と夜中に着用。

あれ?似合わない?あれ?が第一印象。

いや、たぶん季節がこれから革ジャンを日常着として着ない季節になるからだ、そして目が疲れているからだ。

そう思い込む事にして帰宅。

翌日嬉しくて朝からバイクに跨り午前中走ってくる。

帰って来ると腕には綺麗なシワが出来ていた。

「お〜、かっこいい!」

と思ったのだけど、ハンガーに掛けておいたらオイルの重みで半日で綺麗になくなっていた。

最後は、どう育っていくか分からないし、自分に似合っているかも正直分からない革ジャンを暫く相棒にしようと
決めたある数日間のお話でした。

有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow

通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/















この記事に

開く コメント(0)

Padded Bol d'or

イメージ 1

イメージ 2

牛革 渋なめし の黒を使って製作する”BOL D’OR”のPadded仕様

そこには安定のカッコ良さがあります。

さて、このジャケットは、
袖の肩と肘にPadded

イメージ 3




















そして身頃は前肩から後ろヨーク一面までPadded仕様にしております。

イメージ 4




















イメージ 5













ここだけの話なんですが、この背中ヨーク全面パデッド結構大変なんです。

通常の肩パデッドだけなら、前身ごろ製作し、後ろ身頃製作し、縫い合わせ、パデットのステッチと通常のジャケットを製作する順番をなぞれるのですが、ここににヨークが加わると次の写真のようになります。

イメージ 6




















前身ごろとヨークを先に縫ってから、後ろ身頃とドッキング。

何が違うのって思う方もいると思いますが、見ての通りバランスが悪い為、ミシンの上でいう事を聞かない子になってしまうのです。

ちなみに、7〜8年前は「無理だぁ〜」と思い込んでいて断っていた仕様でもあります。

でもね

「いや〜、あんたなら出来るからやってくれ」

と言われ、いい気になって考えるとなんとかなるから世の中不思議なもんです。

さてさて、この1着裏地にも凝ってます。

イメージ 7




















綿キャンバスの柿渋染め

柿渋染めはその効用から革ジャンの裏地にピッタリだろうと以前より思い続けていたのです。
でも当たり前なんですが高価です、裏地にその値段かぁと考えてしまうくらいです。

それが今回このジャケットで裏地として縫い上げる事が出来ました(自分のじゃないけど)。

この裏地は、オーダーして頂いたお客様が自ら柿渋染めの職人さんにキャンバスを持ち込み染めて頂いたんだそうです。

素晴らしい!

ということで、牛渋なめしと柿渋染め綿キャンバスの競演をご覧ください。

イメージ 8




















やすらぎを与えてくれますね。

そんなこんなで安定のカッコ良さを誇る「BOL D’OR」Padded仕様
始まりはこの1着でした。

イメージ 9




















イメージ 10




















いろんな雑誌等に掲載いただいているこの1着。
工房に飾らせて頂いている事も多いので実物をご覧になったことがある人も多いはず。
このジャケットは、まだ中野区にいた頃、お客様と2年に渡り打ち合わせして決めた仕様に、私が勝手に思いこみ仕様を重ね出来上がった1着になります。つまり・・・

まあ、これでいいと納得してくれてると言われてますから大丈夫なはずです

この頃から同じようなPadded仕様のレザージャケットを何着製作したのでしょう

シングルジャケットの BOL D’OR
フロントダブル仕様の Supeior Road

2つの兄弟モデルをPadded仕様にカスタム。
これは、かっこいい(当社比)。

注文頂く時には、
「かっこいいよなコレ」
と私も思う

製作が始まると
「最悪な仕様だな、誰だこんなの考えたの」
と自暴自虐になり

縫いあがると
「やっぱ、かっこいいよなコレ」
という安定の1着です。

さあ、あなたもどうですか?

お渡しするのは来年になっちゃうと思いますけど。



有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow

通販サイト:http://fourspeed-leathers.com/







この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事