革ジャンを作るということ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全158ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ATAKAYAさん

イメージ 1

 年に2回のATAKAYAさんでの受注会『春の陣』

 今回も無事に帰って来れました。

 何が大変って飛行機です。

 閉じ込められている感が強いので閉所恐怖症気味の私にはかなりしんどい乗り物です。

 「じゃあ、新幹線にすれば?」

 と言われる事は多々ありますが、

 新幹線も密閉度は高めなので時間が少なくて済む飛行機の方がまだマシなのです。


 さてさて、今回も例年に漏れず撮った写真は少しだけ。
 
 「俺は着て行っても写されないの?」
 
 なんて思わないでくださいね。
 
 ただ忘れているだけですから、いつものことです。

 少ない写真の中からまずは蝦夷鹿の革を使ったSUPERIOR ROAD
 
 先日納品したばかりの一着を、お客様が着用してお越し頂けました。

イメージ 2

イメージ 3

 で、自分で製作した蝦夷鹿のジャケットを許しを得て袖を通してみたんです。

 「な、なんなんだ!このしなやかに体の動きに吸い付いてくるような感覚!!」

 ちょっと意味が分からない私の感想かとも思いますが、その瞬間久々に革に対して驚愕したのは伝わるかと。

 「私が製作した蝦夷鹿の革を使ったジャケットってとても良い!」

 って私自身も思ったくらいです。まさしく自画自賛&自己満足できる一着でありました。

 ハイ、お次は定番の牛革渋なめし。

イメージ 4

 馬革ブームが続き、蝦夷鹿ブームが始まった今、

 定番の牛革渋なめしを使った製作は以前に比べ少なくなっています。

 でも、やっぱりいいんですよね。

 特に「バイクに乗ることを考えた時に一番良いのはこの革です。」ってところがです。

 その人のバイクの乗り方や種類によって革ジャンの雰囲気が変わり徐々に自分の一着となっていきます。

 そしていざという時に自分を守ってくれるのはやっぱり牛革。

 バイクと共に生きていく一着には一番のお勧めです。

 なんて書いた後に何ですが

 定番の馬革です。

イメージ 5

イメージ 6

 まだ着用して1年くらいです。

 だから茶色が見え始めている所もほとんどありません。

 でも、このシワ。

 「これ見たら馬革がいいなぁと思うよねぇ」

 という皺。

 なんで一年しか着て無くてこのシワ?っていう皺と艶。

 
 という事で結論、牛革も馬革も蝦夷鹿の革もどれでもカッコ良いという事でお願いします。

 で、最後に言っておきますが博多へ行った3日間着用していた私の馬革ジャケットだって

 「相当カッコいいですよ!」

 と声を

イメージ 7

と、いうのも在庫まだ有り〼。



有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
WEB SHOP:http://fourspeed-leathers.com/

 
 

開く コメント(0)

イメージ 1

 ほぼ1年間お預かりしていたこのコート。
 まだ原宿に工房があった頃に製作していたものになります。
 もともとは腰回りに写真の右下少しだけ写っているベルトを一周させるのが原型です。

 それをベルトループを取り外したところにバックル付きのベルトをつけ
 胸と腰のポケットの間にスラッシュポケットを付けるというご依頼でした。

 ここで言っておきます。
 出来上がってるジャケットをカスタムするのあまり好きではありません。
 その一番の理由は、糸を解いてみると想像していなかった作りに足を引っ張られるから!
 開けてみたら元に戻しようが無い!って事が今までも何回かありました。
 そして、無理やりミシンに突っ込むので縫わなくて良いところも一緒に縫ってしまう確率も高いのです。
 糸を解くのにかなりの時間を費やさなくてはならないってのも理由のひとつです。

 その糸を解く時に
 「あ〜今回の爆弾は何処にかくれているかなぁ」
 ってのをワクワク出来れば楽しいのでしょうが
 私ワクワクしません。
 ゼロから作り上げる方が100対0で楽しいです。

 しか〜し、今回のコートは依頼された時に
 「おっ、カッコ良くなりそうじゃね?」
 って思っちゃったんですよね。

 で、お受けしてから326日目。革の入荷待ちっていう作業スポットが出来たのでとうとう糸を解きました。
 途中小さい爆弾が何個かあったり、裏側に潜んでいた革の粉に目をやられたりしながら
 なんとか無地にやり終えました。
 
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
 
 作業しながら思ったのですが、本気でリペアする気があるなら八方ミシン買えよなって事になります。
 八方ミシンがあれば
 「あ〜、ここ縫えないじゃん!!!」
 って所も簡単に縫えたりするみたいです。

 八方ミシン?って方はご自分でお調べください。

 いつの日か
 「八方ミシンやってます」
 ってのぼりを私が立てた時は
 「バンバン修理&カスタム受けまっせ〜」
 って事になります。
 
 ちなみに修理やカスタム受けないって訳ではありませんよ。
 あまり好きでは無いってだけですから。

イメージ 5

有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
WEB SHOP:http://fourspeed-leathers.com/

 
 

開く コメント(0)

第87回東京インターナショナル ギフトショーで東京ビッグサイトへ行って来ました。
例の革ジャンがギフトショーの一画に飾られているはずなんですよね。

その飾られているブースは、なんと!【日産自動車株式会社】さん。

生誕50周年のFairlady Zと510ブルーバードのライセンスの契約先を
見つけようという事でギフトショーに出展されていたのです。

イメージ 1

写真右側のS30のイラストを描かれたのはON THE ROADMAGAZINEのGAOさんでして、そのGAOさんを通して
「日産さんがFairlady Zの展示に革ジャン飾りたいって言われてるんだけどさぁ、須山君どう?」
って話を頂き、
Fairlady Zのミニカーを10台以上持っている私は即座に製作することに決めたのです。
でもね、「
Fairlady Zに革ジャン?」ですよね。
私も、会場に行ったら無かったりしてって少しだけ心配していました。

だから初日の午前中に行ったのですよ。

イメージ 2

要は
Fairlady Zの世界観を売り込む訳です。

イメージ 8


そこに革ジャンを飾って頂けると、
これは嬉しいお仕事です。
選ばれた革ジャンはTROPHY SPORTS。
そこに、生産台数419台、Z432の純正カラー。名称はたぶん「サファリゴールド」の色を落とし込んでいます。

イメージ 3

イメージ 4

背中側の腰部分の50は私が切り抜いて縫い付けているのですが
それを立体的に見えるように白を挿してくれたのと背中のFairlady Zは、
KEN THE FLATTOPさん(https://www.kentheflattop.com/

イメージ 5

前から私もこういうのやりたかったんだけどやってもらったらやっぱりカッコいい!
なんだか自分で製作した革ジャンですが確実に縫い終わって送った時よりカッコ良く見えました。
あまりにもかっこ良かったので、
「ギフトショー終わったらウチに飾っておきましょうか?」
といつもの減らず口を叩いてみたんですが
実はダイナオガレージファクトリー(http://dainao.net/)さんが
Fairlady Zをイメージしたガレージを製作して
日産さんがFairlady Zを貸し出して、
そこにこの革ジャンを一緒に飾る予定があるそうで!
MOONさんのイベントでお披露目予定なんだそうです。

(え〜、これ言ってもいいんですよね?「まだ駄目だよ〜」でしたら消します)

いやぁ、たまりませんよねFairlady Z

最後に専属モデルの、、、じゃなくてデザイン部の方にモデルになって頂いた写真をどうぞ!
イメージ 6

イメージ 7




有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
WEB SHOP:http://fourspeed-leathers.com/


開く コメント(0)

ギフトショー


前回のブログでお知らせした【50週年記念レザージャケット】はギフトショーのブースに飾られています。

言ってもいいような気がしてますが、言って良いと言われている訳ではありませんのでお知らせできません。

会場で撮影した写真をUPするつもりです。

とにかく私にとってはかなり嬉しいお仕事でしたので会場に行かれる方は是非探してみてください。

イメージ 1

有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
WEB SHOP:http://fourspeed-leathers.com/



開く コメント(0)

イメージ 1

 写真は裏側からの撮影です。

 50周年記念のレザージャケットなので分かりやすく50と縫い込まれています。

 生まれたのが1969年なのは知っていましたが

 50周年か〜

 感慨深いですなぁ。

 憧れだけで終わっちゃうんだろうなぁ


有限会社フォースピード 須山
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
fourspeed facebook: https://www.facebook.com/fourspeed.leather.jacket
For slow  facebook: https://www.facebook.com/4slow
WEB SHOP:http://fourspeed-leathers.com/


 

開く コメント(0)

全158ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事