ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示

あの、みのもんたが司会をする「クイズ・ミリオネア」の海外版。
(日本の番組が海外のまねをしたのか。)

「ファイナル・アンサー?」が緊張感を高める。

「スラムドッグ$ミリオネア」は、今年のアカデミー賞で「作品賞」「監督賞」など8部門を独占して ”一人勝ち“ だったので、期待して見に行った。ラストシーンで、お気に入りのうならせるシーンがあり、こういう映像をもっと長く観たかった!(爆)。

スラムドッグ(野良犬)と呼ばれた少年は、インドのムンバイ(旧ボンベイ)の貧民街で育ち、テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演して、次々と正解を出していく・・・。
映画の冒頭、なぜ少年は、正解を続けることができたかという質問が出る。答えは、AからDまで示され、最後のシーンで、答えは○でしたと出てくる。しゃれている。

イメージ 1


エンディングでは、クレジットが紹介されているときに、素晴らしい映像が・・・。
(ミュージカル・ファンには、うれしい大勢で歌って踊るシーン! まったく別な映画を見ているような錯覚を覚えたが「Jai Ho」という曲が流れ、アカデミー賞主題歌賞を受賞!)

ムンバイの街は、荒れ果てて人々は食うや食わずの極貧生活。そこから抜け出すこと、またある目的のために、少年は、クイズに挑戦。次々と正解を出して、第9問まで正解。いよいよ最後の質問になったとき、少年のとったリアクションは・・・。答えは、あ、外れたか?!(爆)。

テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。

映画が高評価された理由を見失うまいと、最初から目を凝らして(?)見たが、主人公ジャマールの厳しい波乱万丈の人生が紹介され、時には 強烈な“悪臭“まで伝わってきて、目を背けたくなったが、最後まで引き込まれた。

この映画はフィクションであるという紹介があったが、「脚色賞」を受賞したストーリー展開の勝利か。ミリオネアに挑戦するジャマールと向き合う司会者は、“みのもんた”とはちがったキャラクターで、最後の一問を“外させよう”とあることをたくらむが・・・。このあたりもにくい演出だった。 アカデミー賞は獲り過ぎ・・・とも感じるが、やや甘めに☆☆☆☆(笑)

  • アバター

    作品全体を通してパワーを感じる作品でしたね。
    ジャマールのたくましい生き方がしっかり描かれていたので、
    取り調べの様子もクイズの場面も、彼のすべての言葉から目が離せませんでした。

    ffa**77

    2009/4/30(木) 午後 11:03

  • 顔アイコン

    ふぁろうさん>ジャマールをはじめ俳優がほとんど無名だったことで、リアル感が増し、生き生きと描かれていたのがいいですね。インド音楽も素晴らしかったです。

    fpd

    2009/4/30(木) 午後 11:51

  • 顔アイコン

    貧しさの中でもたくましく生きていた子どもたちの姿が印象に残りました。インドはすごいエネルギーにあふれた国ですね。

    mossan

    2009/5/3(日) 午後 6:01

  • 顔アイコン

    もっさん>インドの音楽、たくましさはすごいですね。映画も引き込まれました。

    fpd

    2009/5/3(日) 午後 6:13

  • 先日見てきました。
    インド映画好きな人に言わせると、ホンモノのインド映画はもっと途中で突然踊り出すそうです。
    期待はしてなかったんですが、見る順番間違えたかなぁ。。フィクションだとわかってみてるせいもあるんでしょうが。TBさせてもらいますね。

    yuki

    2009/5/3(日) 午後 10:39

  • 顔アイコン

    ゆきさん>これはイギリス映画でしたが、インドの生活ぶり、子役たちが生き生きしていました。インド音楽は、すごいらしいいですね。

    fpd

    2009/5/4(月) 午前 6:58

  • アバター

    インドの勢いを感じる映画でしたね〜エンドロールでのダンスも然り、本当にこれから若者達が活躍していく国なんだろうな〜と感じさせられました。
    ストーリーはファンタスティックな展開と実情の過酷さが合わさった上手い作りですよね。
    こちらからもTBさせてくださいね♪

    choro

    2009/5/6(水) 午前 10:46

  • 顔アイコン

    Choroさん>エネルギッシュな映画でした。インドの音楽パワーも興味しんしんでした。アカデミー賞をこんなに獲るとは。

    fpd

    2009/5/6(水) 午後 0:08

  • クイズとジャマールの生い立ちを絡めた構成がお見事でした。
    ダニー・ボイルのもつ疾走感が感じられてよかったですね〜
    TBお返ししますね

    LAGUNA

    2009/5/7(木) 午後 5:36

  • 顔アイコン

    らぐなさん>ダニー・ボイル監督ははじめてですが、映画はインドの雰囲気に知らずのうちに引き込まれました。音楽が耳に残りますね。

    fpd

    2009/5/7(木) 午後 9:21

  • 顔アイコン

    ダニー・ボイルではなぜか「ザ・ビーチ」が好きですぅ。

    [ 音太郎 ]

    2009/5/9(土) 午前 1:54

  • 顔アイコン

    音太郎さん>「ザ・ビーチ」は見ていましたが、映画監督の名前と一致していませんでした。この映画は、不思議な雰囲気の映画でした。秘境のような場所がなぞめいていました。

    fpd

    2009/5/9(土) 午前 7:36

  • アバター

    この映画悪くはないのですが・・
    アカデミー賞は獲り過ぎ?と私も思いました(爆)
    トラバお返しさせてください。

    Tsugumi

    2009/5/18(月) 午前 8:14

  • 顔アイコン

    Tsugumiさん>アカデミー賞はたまに、一本に集中する傾向がありますね。確かに、取り過ぎかも(笑)。TBありがとうございます。

    fpd

    2009/5/18(月) 午後 9:31

  • ダニー・ボイルがこういう作品を撮るとは、想像もしておりませんでしたが。。いやー意外性と脚本の巧みさには驚きました。
    それとなんといっても人間の持つ力強さですねえ。。
    突っ込みどころもいっぱいあって、強引だなぁ、とも思ったりもしましたが、最後には枝葉末節はどうでもいいや、の気分に♪
    トラバさせて下さいませ。

    恋

    2009/6/5(金) 午後 10:51

  • 顔アイコン

    恋さん>これまで観てきた映画と雰囲気が異なるので、多少抵抗感はありましたが、だんだんインドの世界、音楽に引き込まれました。突っ込みどころがたくさん? TBありがとうございます。

    fpd

    2009/6/5(金) 午後 11:00

  • このクイズ番組はインドでは「コーンバネガクロールパティ」(誰が1千万ルピー長者になれるか)と言うやつで国民的人気番組なんですね アミダーブ・バッチャンが司会やってます。

    それにしても内容あるいい映画でしたね&TBさせてください

    pony

    2009/11/11(水) 午後 9:21

  • 顔アイコン

    ポニーさん>アカデミー賞を獲っただけのことはありますね。インドの子供たちのエネルギーと音楽・・・見ごたえがありました。

    fpd

    2009/11/11(水) 午後 10:20

  • 顔アイコン

    コメント、TBありがとうございました。ラストの群舞は圧巻でしたね〈笑)

    瀧野川日録

    2010/6/6(日) 午後 8:27

  • 顔アイコン

    トリックスターさん>映画のエンディングで、また別の映画を見ているようでした。

    fpd

    2010/6/6(日) 午後 8:36

開くトラックバック(11)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事