全体表示

[ リスト ]


Indiscretion of an American Wife(「終着駅」のオープニングシーン)
 
監督ヴィットリオ・デ・シーカ。
 
主演は、ジェニファー・ジョーンズとモンゴメリー・クリフト。
 
英国の名作「逢いびき」に匹敵するほどのメロドラマをイタリアで作ろうということで、製作された。デ・シーカ監督は、戦後の1940年代後半に「靴みがき」「自転車泥棒」などで、イタリア映画の流れを変えた”ネオレアリズモ”の創始者のひとりといわれる。ほかには、ロベルト・ロッセリーニ、ルキノ・ヴィスコンティらがいた。
 
”ネオレアリズモ”とは、新しいリアリズムという意味のイタリア語。
 
現実(貧しさや社会的矛盾)を直視し、ドキュメンタリー的な撮影方法、ロケーション中心の現場主義、即興的な演出などがその特徴である。
 
1950年代に入り、イタリア社会の経済復興にともなって映画芸術運動としての”ネオレアリズモ”は、解消に向かってき、”ネオレアリズモ”後の新たな展開を模索していた時期の作品だが、そのリアリズムはまだ随所にみられた。ハリウッドの大プロデューサー、セルズニックとの合作映画となった。
 
「テルミニ駅」を終着駅としたタイトルは、よかったと思う。
奥村チヨの同名の歌もあるが、映画のほうが断然早い(笑)。
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

 
物語は、ローマ・テルミニ駅(映画の原題:イタリア語Stazione Termini(テルミニ駅);英語Indiscretion of an American lady(アメリカ人女性の軽率な行為)を舞台にアメリカ人の人妻、メリー(ジェニファー・ジョーンズ)とイタリア人青年(モンゴメリー・クリフト)との離別を描いたメロドラマ。
 
メリーとイタリア人青年とのきめ細かな恋愛描写はもちろんだが、二人をとりまく駅を行き交う様々な人々(スリや酔っぱらい、出稼ぎ家族・・・)もリアルに描かれていた。
 
ドラマの進行時間と映写時間が一致していて、まるでドキュメンタリー映画を見ているような錯覚を覚える。まるで、観客がテルミニ駅にいる乗客になったような気分にさせられる。この映画をはじめてみたのは、深夜のテレビ洋画放送だった。学生の頃だっただろう。
 
ジェニファー・ジョーンズのなんと美しいこと!(「カサブランカ」のイングリッド・バーグマンとは、また違った、控え目でありながら情熱的な表情、揺れる女心?などに、ときめきを覚えたような気がする。ドキドキする鼓動まで聞こえてきそうだった(笑)。その前後に見た「慕情」のチャイナ服のジェニファーもよかったが、どちらかといえば「終着駅」がよかったかなと(爆)。おいの役を演じているのは、まだ無名だった頃のリチャード・ベイマー(「ウエストサイド物語」の主役トニー)だった。
 
モンゴメリー・クリフトは、エリザベス・テーラーと共演した「陽のあたる場所」などで人気を得ていたハリウッドの二枚目で、美男・美女の共演で、日本でも大ヒットとなった(ようだ)。
 
甘いメロドラマと言ってしまえばそれまでだが、メロドラマの原点のような作品。
 
☆☆☆☆

 

 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

「慕情」のチャイナドレスのジェニファー、本当に美しいと思いました。
モンゴメリー・クリフトとの共演。
この映画、ずっと見たいと思っているのですが、レンタル店でまだ出合えていません。
メロドラマは余り好きではありませんが、この二人は是非見てみたいです。
オープニングシーン、upして下さって有難うございます〜

2010/6/13(日) 午後 6:17 alf's mom 返信する

顔アイコン

alf.momさん>ジェニファー・ジョーンズが魅力的でした。もう一度見てみたい映画ですね。この続きもYouTubeであるようですが、とりあえず一部だけアップしました。

2010/6/13(日) 午後 7:36 fpd 返信する

顔アイコン

昨晩又、又、”慕情”を見たところです。モンティが最初イタリアンと聞いてガックリしたのを覚えていますがデ・シーカ監督らしい独特の世界ですね。モンティは同年”地上より永遠に”、、何と主役の5人全員がオスカーにノミネートされた(シナトラ&ドナ・リードが助演で受賞)それに匹敵する映画でした、、。

2010/6/14(月) 午前 7:42 guch63 返信する

顔アイコン

ジェニファの切なそうな表情が思いだされます。
逢い引きにしろ駅の別れはメロドラマにぴったりです・・

2010/6/14(月) 午前 11:09 pis*43*1 返信する

アバター

何度も観ました・・・・いい映画です!!(笑)(^-^)o-凸・・・ポチ♫♬

2010/6/14(月) 午前 11:18 レイ 返信する

顔アイコン

guchさん>ジェニファーつながりですね(爆)。中国服が似合っていましたね。「地上より永遠に」は俳優が豪華でしたね。バート・ランカスター、デボラ・カー、フランク・シナトラ・・・。

2010/6/14(月) 午後 7:47 fpd 返信する

顔アイコン

bbさん>特に女性ファンにとっては、印象的な映画だったでしょうね。男にとっては、”年上の”女性ということで、あこがれも・・・笑。

2010/6/14(月) 午後 7:49 fpd 返信する

顔アイコン

レイさん>もう一度見てみたいですね(笑)。この頃は、モノクロ映画がよかったですね。

2010/6/14(月) 午後 7:51 fpd 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事