ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示


「モテキ」予告
 
イメージ 1
 
イメージ 4
モテキは、9月24日に公開されて、1カ月経つが、まだロングラン・ヒットしていイメージ 2ようで、ようやく劇場で見た。あたらしいスタイルの映画。「音楽+ミュージカル+カラオケ+ツイッターなどをミックス」したドタバタ・ラブコメ・エンターテイメント映画だ。
 
今年はまだ邦画を見ている本数が少ないが、ミュージカル風の踊りが、日本映画とは思えないくらい、いいので、今年の「邦画ベスト5」に入れておこう(笑)。
 
イメージ 3長澤まさみは「セカチュー」(世界の中心で、愛をさけぶ)くらいしか見ていないが、清純派の代表かと思いきや、この映画では、小悪魔的な魅力プンプンで、魅力全開。
 
カメラの写し方もあるが、すらりとした細く長い脚線美。人の目を見て話すのが苦手という草食系男の幸世(森山未来)に、どちらが早く目をそらすか、見つめ合ってみようというシーンでも、さすが女優だな、と思わせるほど、自信たっぷりに相手をみる。こんな風に見られたら、たいていの男は、視線を外してしまいそうだ(爆)。
 
美由紀の親友、留未子を演じる麻生久美子は、一人カラオケが趣味の年上OL(33歳)。どっぷり恋愛体質。とにかく一途な性格。何十曲も歌うのには驚いた。幸世に「好きです」と告白し、振られても、「せめていい友達になってほしい」と懇願するが、幸世は「留未子さんとは、やっていけない」と、留未子に泣き叫ばれても、「だめだ。だめだ」と言い張る。普通そこまでいわれて、振り切るかな、”もったいない”(笑)。
 
新人としてネット・マガジンの編集部に入る幸世の先輩社員、素子を演じる真木よう子は、ダメ新入社員の幸世には容赦なく、なんと、少林寺かと思わせるような?「SP」さながらのアクションで、飛び蹴りをくらわせたり、頭を小突くのは日常茶飯事。「このバカ!」が口癖のよう。
 
童貞でうじうじしている幸世に、なんと「お金をやるから、風俗で遊んで来い!」(笑)という、豪快な、男勝りの編集者だ。よく知らないが、こんなタイプをSとかドSとか言うらしいが(爆)。たしか、GH字幕さんのお友達にも、こんなタイプの女子が好きな人がいたようだ。
 
幸世を誘惑するガールズバーの美人店員・愛を演じる愛(仲里依紗)は、家に幸世を連れていくと、母親がいて、「今度の(結婚)相手は、よさそうだね」と娘・愛にいうが・・・。あとで愛は、幸世に、将来「気が向いたら、結婚して」と耳元で囁くが、一人の子持ちで、幸世は、対象の中に入れていない。バーのけばけばしい化粧とは裏腹に、家ではきわめて普通だが、男運が悪いらしく何回か離婚して、小さな子供と、母親と暮らしている。
 
映画に登場する美女というが、実際には、4人の映画の中に占める割合は、独断でみると・・・。
 
長澤まさみ・・・50%
麻生久美子・・・30%
真木よう子・・・10%
仲里依紗・・・10%

主人公は、かつて一度だけ、わずかに持てたことがあったが、20代を終えたばかりの30歳になったオタクのような、みるからにダサい外見とめがねの男、幸世。これが、「モテキ」第二期で、なぜ持てるようになるのか、不思議だが・・・。
 
きっかけは、ツイッタ―。幸世のツイッターをフォローしていた相手と意気投合(アバターは男)し、会うことに。まあ、男でもいいか、気晴らしに会うかと思って待っていると、現れたのは、なんと、信じられないくらいに、かわいく、明るい女性、美由紀(長澤まさみ)。ツイッターで幸世は、自分のことを、不細工男と強調していたので、美由紀は「なんだ、幸世クン、カッコいいじゃん」と予想外の展開に・・・。

あまりにも正統派美人で整いすぎて、あまり好きになれなかった長澤まさみだが、かなり魅力的になってきて、ポイントがグーンと上がった。一方、お気に入り女優の一人、麻生久美子は、ぴちぴちギャル風の長澤と比べると、年齢が上の分だけ、落ち着きがあり、この映画では、目立つ方だった。
 
幸世のナレーション、独白や、文字が家の壁面に出たり、道路に出たりと、導入部から、新しさもあって、DVDでも確保しておきたい1本か。
 
そうそう、忘れてはいけないのが、幸世の就職先の墨田役のリリー・フランキー
 
この墨田、とんでもない男で、包丁を持った女性が事務所に、入ってきて暴れまわる。「墨田ぁ〜!」と。そこへ、奥さん、墨田の会社の女性社員や、掃除の女性?まで・・・。
 
これらの女性と関係を持っている墨田という男は。麻生とも、関係してしまうという、超プレイボーイだった。一夜を共にした後の墨田のセリフ。ベッドにいる留未子(麻生)に対して、「留未子さんも、もっといろいろな男とXXXXをたくさんしたほうがいいよ」だと。
 
しかし、半面、ユーモアもあり、幸世にアドバイスしたり、こっそり幸世のツイッターを社員全員で盗み見て、幸世の反応を面白がったりと、社員全員で盛り上がって、成り行きを注目したりしていたのだった。なんとも、変わった、とんでもない会社もあるものだ。
 
リリー・フランキーは「ぐるりのこと。」で初めて見たが、ひょうひょうとした中にも、なにか、脇役としてにじみ出るものがあり、注目俳優の一人だ。
 
キャスト
藤本幸世:森山未來
松尾美由紀:長澤まさみ
枡本留未子:麻生久美子
愛:仲里依紗
唐木素子:真木よう子
墨田卓也:リリー・フランキー
山下ダイスケ:金子ノブアキ
島田雄一:新井浩文
 
歌あり、音楽あり、笑いあり・・・ミュージカルのシーンだけでも一見の価値はあった。
 

【ストーリー】
ドラマ版から1年あまり。派遣社員を卒業、ニュースサイトのライター職として正社員になっていた藤本幸世(森山未來)。「モテキ」を経てちょっとだけ成長したかに見えたが、結局のところ新しい出会いもなく「セカンド童貞」のまま。だが、ある日突然、「第二のモテキ」が訪れた! 【まさかの大本命!?殺しの笑顔を持つ女】みゆき(長澤まさみ)、【まさかの逆告白!?どっぷり恋愛体質女】るみ子(麻生久美子)、【まさかの逆プロポーズ!?秘密だらけのハデかわ女】愛(仲 里依紗)、【まさかのラブ調教!?美貌のSキャラ先輩女】素子(真木よう子)な新登場女性と共に過去の女性達との間で揺れ動く幸世。第二モテキの波を超えて、幸世は本当の恋愛(含むセックス)にたどりつけるのか─??
 
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加してます:クリックを↓♪。

  • ミュージカルシーンも有りましたか。
    残念ながらこちらでは上映がありませんヾ( ´ー`)
    セカチューコンビの共演、観たかったのですが…

    Gena

    2011/10/22(土) 午前 7:15

  • 顔アイコン

    Genaさん>ミュージカル映画ファンとしては、かなりブロードウエイ風に踊りがあり、もともと踊りを習っていたという森山未来が、うまいです。DVDでもどうぞ!(笑)。

    fpd

    2011/10/22(土) 午前 7:40

  • アバター

    おはよう〜(^^♪
    面白そうな映画だなとは思ったけど、見までには到らなかったんだけど・・・・
    結構上位にランクですね(ノ∀`)☆彡ポチ☆彡

    レイ

    2011/10/22(土) 午前 9:02

  • 顔アイコン

    レイさん>新しいタイプの映画ですね。ミュージカル・ラブコメのような・・・。面白いです。

    fpd

    2011/10/22(土) 午後 11:02

  • アバター

    リリー・フランキーがけっこう笑わせてくれましたね(笑)。
    ご指摘の通り、50、30、10、10くらいの比率でしょうか。
    予告編では全員25くらいか?的な見せ方でしたが、、、。
    麻生久美子のカラオケとか、長澤まさみの脚線美とか、
    仲里依紗の胸元とか(笑)、見せ場はたっぷりでしたね♪。

    ffa**77

    2011/10/24(月) 午前 0:14

  • 顔アイコン

    ふぁろうさん>リリー・フランキーが面白い役柄でした。
    長澤まさみが魅力的でしたね。麻生も負けそう?(爆)。仲里依紗は、けばけばしいメイクで働いていましたが、プライベートは結構堅実で・・・というギャップもよかったです。

    fpd

    2011/10/24(月) 午前 0:41

  • 顔アイコン

    長澤まさみ、どこか吹っ切れたようで、この映画はよかったですね。深夜もののドラマに繋がってますね。女優陣の個性も楽しめて、笑えました。TBさせてくださいね。

    シーラカンス

    2012/6/3(日) 午前 11:05

  • 顔アイコン

    この『モテキ』に続く、熱気ある作品が出てくることを期待しています。

    ぴくちゃあ

    2012/6/5(火) 午前 7:35

  • 顔アイコン

    シーラカンスさん>この映画の長澤まさみは、魅力が増しました(笑)。ミュージカル仕立てのシーンもお気に入りです。

    fpd

    2012/6/5(火) 午後 8:28

  • 顔アイコン

    ぴくちゃあさん>「モテキ」「ガール」といったコメディタッチの映画もいいですね。

    fpd

    2012/6/5(火) 午後 8:29

  • 顔アイコン

    漸く観ました。
    邦画の新しい波は吹いていますね。
    昔の邦画監督には無かった時代の音楽の選曲(センス)を中島監督同じく感じますね。
    やはり、邦画は新しい波で新時代になってきてますね。
    TBします。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2012/7/16(月) 午後 10:07

  • 顔アイコン

    ひろちゃん>半年以上の「時差」がありましたが、おもしろいでしょう(笑)。似たようなのが「ガール」ですね。「愛と誠」もクセになる映画です。

    fpd

    2012/7/16(月) 午後 10:52

  • 顔アイコン

    夫が夜勤だったから、スカパー!の「日本映画専門チャンネル」で今夜放送されて
    いて、やっと観賞できましたよ(^o^)丿
    面白かったですね〜。
    長澤まさみに振り回される森山未來の演技、長澤まさみの小悪魔ぶりが良かったです。

    Gena

    2013/4/13(土) 午後 11:20

  • 顔アイコン

    ジーナさん>長澤まさみが、よかったですね。
    「GIRL」よりもこちらのほうが気に入っています。

    森山も実際にダンスができるので、役柄はあっていますね。

    fpd

    2013/4/13(土) 午後 11:34

  • 顔アイコン

    リリー・フランキー、得な役を演じてましたね。「電気グルーヴ」のピエール瀧さんも出ていましたね。
    “ナウい”という古臭い言葉をつかえば、まさにナウい映画でしたネ。

    瀧野川日録

    2014/2/4(火) 午後 8:20

  • 顔アイコン

    トリック・スターさん>リリー・フランキーの最近の活躍はすごいですね。「凶悪」や、最近の「ジャッジ!」など。

    fpd

    2014/2/4(火) 午後 8:42

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事