ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示


映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」 予告編
 
イメージ 1
 
阪急電車 片道15分の奇跡」は、かなり「ド・ツボ」映画だった(笑)。
 
オムニバス形式に、別々のストーリーがあるとき交差する、群像劇は好み。
今年の邦画では、これもベスト10入りだ。
 
日常の平凡さを描いて、映画化してしまうところがすごい。
関西のおばちゃんのイメージは、おしゃべり、うるさい、お節介という定評があり、
この映画に登場する関西おばちゃんは、それこそすさまじい。他人への配慮など皆無。関西おばちゃんのイメージが下がる?こと請け合い(笑)。昔、”かしまし娘”もいたし、事実そうなのだろう(爆)。
 
電車に乗るときの、空いている席に向かっての猛ダッシュはド肝を抜く。
一人遅れてくる人のために、反対側の座席にかばんを投げて「席を確保」なんていうのは序の口。
 
目撃していた、年季の入った老婦人は、ついに堪忍袋の緒が切れて、
騒々しいおばちゃんたちに「喝」を入れるが、結局、伝わらなかったようだ・・・。
 
関西地区のローカル電車(阪急電車)を舞台としたハートフル群像劇映画。監督は今作が劇場用映画デビューの三宅喜重。
 
イメージ 3主演は「嫌われ松子の一生」「ゼロの焦点」などで好演した中谷美紀だが、存在感たっぷりの老婦人役の宮本信子がすばらしい。宝塚〜西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の、阪急今津線。その電車に、さまざまな「愛」に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた・・・。

映画は、タイトル、説明もないまま、三角関係の男女の会話から始まる。
 
”名前も知らない人たちは、私の人生に何の影響ももたらさないし、私も影響を与えない、と思っていた。しかし・・・”ではじまるこの映画。16分たって、はじめてタイトルが出る。
 
登場人物が、それぞれ脈略なく登場してくるが、共通しているのは、阪急今津線の駅の近くに住んでいること。これらの別々の人々が、やがて、交差する。
イメージ 2
 
後輩に婚約者を寝取られたOL。彼氏のDVに悩む女子大生。息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人。
 
セレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する
平凡な主婦。おしゃれな大学になかなか馴染めない地方出身の男女。年上の会社員と付き合いながら憧れの大学を諦めきれない女子高生。

電車内という限られた空間で、それぞれの人生がほんのちょっと重なり合い、影響し合い、そして離れていく・・・。

他人から勇気と元気をもらった人が、今度は別の人に、勇気と元気を与えていく。落ち込んでいる人に、勇気を持って踏み出せば、いつもとは全く違う景色が、人生が、そしてすばらしい出会いがあると映画は伝える。
 
後輩に婚約者を奪われ、復讐のために純白のドレスで結婚式に乗り込むOL・翔子役に、「嫌われ松子の一生」、「ゼロの焦点」で日本アカデミー賞最優秀女優賞に輝いた、日本を代表する女優・中谷美紀
 
彼氏との関係に悩みつつも、なかなか前に進むことができない女子大生・ミサ役には、愛くるしい存在感ながらも「ライアーゲーム」「アマルフィ」などの実力派女優としての地位を確立した戸田恵梨香

脚がすらりとして、ショート・パンツが可愛い(笑)。この男友達は、DVをふるい、「つきあってやっている」などとほざき最悪の人間だ。しつこく付きまとい、家のドアをガンガンたたくなど迷惑千万の男で、空手を習っているという友人の兄を立ち会わせ、ぎゃふんと言わせてやったのは大正解だった。
 
偶然、電車に乗り合わせた翔子とミサの生き方に影響を与える老婦人・時江役に、日本映画界屈指の女優・宮本信子。宮本信子は、「マルサの女」など一連の伊丹映画以来だったので、最初は判らなかったが、堂々たる貫録の演技で、日本アカデミー賞の優秀助演賞候補にはなるだろう。
 
その他、南果歩、谷村美月有村架純、小柳友、勝地涼、玉山鉄二、天才子役の芦田愛菜など話題のキャストがさまざまな愛のドラマを紡ぎだしている。
 
2011年4月29日からTOHOシネマズ日劇3ほか日本全国の東宝系劇場で公開されたが、関西では4月23日から先行上映された。上映館数が83スクリーンと少ない劇場館数ながら6月15日に興行収入10億円を突破した。
 
映画の中での気の利いたセリフも多い。
・老婦人のセリフ:「自分のためにも、(元彼とその相手がいる)会社はやめた方がいい」「次の駅で降りて、休んで行きなさい。いい駅だから」
・名門校の学生が、受験を目指す女子高生に:(勉強したのか、と聞かれて)「勉強しないで遊んでばかりいた・・・といいたいところだが、猛烈に勉強した。遊んで入ったと言われたら、むかつくよね」。それを聞いてほっとして、納得する受験女子。
・寝とられた相手の結婚式に出ることについて:「結婚式を思い出すたびに、後悔するように」出たというと、老婦人「いい根性ね。そういうところは好きよ」。
・女同志の友達に:「(みずくさい)何年友達をやっていると思ってんの。」
・女子中学生が仲間外れにしているいる生徒に「XXちゃんは、別の電車でもう帰った」というと「聞きもしないことを教えてくれてありがとう!」というと、あとから聞いていた翔子が「(落ち込んでいる女子生徒に)さっきはかっこよかったよ」と励ますところも、いい。
 
関西名物の肉まん180円も出ていた。なつかしい。
 
最後に、翔子(中谷美紀)とミサ(戸田恵梨香)が、再会し、どうしていたと聞くと、お互いに「人生の機微を味わっていた」と意気投合。「私の話を聞いて〜」と喫茶店に向かいエンディング。後味のいい映画はいい。
 
イメージ 4出演:
高瀬 翔子 - 中谷美紀
森岡 ミサ - 戸田恵梨香(兵庫県神戸市出身)
伊藤 康江 - 南果歩(兵庫県尼崎市出身)
権田原 美帆 - 谷村美月(大阪府出身)
門田 悦子 - 有村架純(兵庫県伊丹市出身)
萩原 亜美 - 芦田愛菜(兵庫県西宮市出身)
小坂 圭一 - 勝地涼
カツヤ - 小柳友
マユミ - 相武紗季(友情出演)(兵庫県宝塚市出身)
羽田 健介 - 鈴木亮平(友情出演)(兵庫県西宮市出身)
披露宴の会場係 - 大杉漣(特別出演)
小峰 比奈子 - 安めぐみ
小林駅の駅員 - 菊池均也
門田 悦子の友達 - 森田涼花(京都府出身)
樋口 翔子 - 高須瑠香(大阪府出身)
健吾 - 高橋努
遠山 竜太 - 玉山鉄二(京都府出身)
萩原 時江 - 宮本信子(若い頃の時江 - 黒川芽以)

 ※追加:のちに「あまちゃん」でブレイクする「有村架純」も高校生役で出演。

☆☆☆☆
 
「にほん映画村」に参加してます:クリック↓ポン! ♪。

  • 顔アイコン

    Cartoucheさん>Carさんが見逃している作品もありましたか。これは、見所があり、期待以上でした。

    fpd

    2011/11/5(土) 午後 11:52

  • 顔アイコン

    音太郎さん>ベスト3ですか。そうですね。今年の映画では、評価は高いです。「八日目の蝉」「モテキ」「ステキな金縛り」などといい勝負です♪(笑)。

    fpd

    2011/11/5(土) 午後 11:53

  • アバター

    これは大好きな作品でした。女優陣が豪華で、各々に見せ場があり、
    しかもそれなりにつながっていて、ほとんど車内と駅だけを舞台に、
    いろんな涙と笑いを見せてくれる秀作でした。
    少ない上映館で11億円ですから、かなりのヒットと言っていいでしょう♪。

    ffa**77

    2011/11/6(日) 午前 2:47

  • 顔アイコン

    ふぁろうさん>今年の邦画では、高ポイントの作品です(笑)。
    低予算の作品のようですが、中身がいいですね。俳優の予備知識なしで見ましたので、南果歩、宮本信子は、実は見ている間は知らずにいました(なんとうまい”老婦人”の名女優がいるんだろうと・・・)。伊丹映画以来、20数年ぶりに見ましたので・・・。

    fpd

    2011/11/6(日) 午前 6:57

  • 顔アイコン

    タイトルから、色々なイメージが広がります。
    中谷美紀主演の映画はまだ見たことがありません。
    これはとても興味が湧きました。

    本作での南果歩、谷村美月、宮本信子、見てみたいです。
    fpdさんにとって「ド・ツボ」の作品、
    DVD化されたら、必ず見ようと思います♪

    alf's mom

    2011/11/6(日) 午前 9:13

  • アバター

    おはよう〜(^^♪
    やっぱり面白かったですか〜(#^.^#)
    テレビで上映になるかな・・・☆彡ポチ☆彡

    レイ

    2011/11/6(日) 午前 9:20

  • 顔アイコン

    alf.momさん>これはお勧めの1本です。予算もかけずに、人間模様を描いて、最後はほのぼのとして、元気を与える映画ですね。

    fpd

    2011/11/6(日) 午前 10:30

  • 顔アイコン

    レイさん>これは見ごたえのあるいい映画でした。
    今年の日本映画・お勧め5本の1本ですね(笑)。

    fpd

    2011/11/6(日) 午前 10:31

  • 路線は違いますが阪急電車で育った私なんで、この映画は見たかったんですが見逃しています。この記事を拝見してさらに見たくなりました。

    まりん

    2011/11/7(月) 午前 0:51

  • 顔アイコン

    まりんさん>公開から日が経っていますが見てよかった映画でした。今年の邦画のかなりの高ポイント映画です♪(笑)。

    fpd

    2011/11/7(月) 午前 6:26

  • 顔アイコン

    約50年前に、梅田〜芦屋の先に魚崎に寮があり、住んでましたが
    この路線は、阪急か阪神か忘れてしまいました。
    映画を見れば、懐かしく感じるでしょう。 (笑い )・・・

    osk

    2011/11/7(月) 午前 8:32

  • 顔アイコン

    oskさん>葉っぱのイラストに替えましたね(いいですね。笑)。
    50年前ですか、もう変わっているでしょうね。

    fpd

    2011/11/7(月) 午前 9:13

  • これは良かったです♪地元だったこともありまして爽やかに感動しました。素で暮らす関西人の姿良く出てたと思います。
    TB&ぽち

    pony

    2011/11/12(土) 午前 0:11

  • 顔アイコン

    ポニーさん>老夫人役の宮本信子に感動しましたよ(笑)。女優として、すごい! 大阪のおばちゃんの行動をみた、じっさいの大阪のおばちゃんたちは、「そんなことないよ」と反論しないのか?(爆)。

    自虐ネタで、「そうそう」「あるある」と思っているのか、他人事として見ているのか、聞いてみたいものです(爆)。

    fpd

    2011/11/12(土) 午前 6:11

  • アバター

    原作のイメージを壊さず上手くまとめていたと思います。
    キャストもハマってましたね。
    良ければ原作もぜひ。
    こちらもTBさせてくださいね。

    木蓮

    2012/2/5(日) 午後 9:18

  • 顔アイコン

    もくれんさん>コメありがとうございます。
    これは、いい映画でした。キャストがいいですね。

    fpd

    2012/2/5(日) 午後 10:25

  • 顔アイコン

    TV放映で観ました。いい映画ですね!気に入りました!
    宮本信子の品のあるおばあさんがいいですね!
    こういう電車に乗ってみたいと思わせる、上手い企画にいい脚本、いい女優陣でした。

    イラシ

    2012/5/6(日) 午後 9:16

  • 顔アイコン

    イラシさん>昨日、TV放送があったので見てしまいました。

    結局この映画を、昨年のNo1に押しました(笑)。

    fpd

    2012/5/6(日) 午後 11:19

  • 顔アイコン

    完全にTVのスペシャルドラマテイストの映画でしたね。
    (岡田=脚本)
    メインのよりも、谷村美月、少女A、「絹も読めない」恋人の話の方が、印象に残りました。
    TBお返しします。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2012/10/12(金) 午後 8:00

  • 顔アイコン

    > ひろちゃん>おっと、コメントが漏れていました(笑)。

    時々あります。この映画の谷村美月、大いに注目しました。

    今や人気の有村架純も出ていたのは後で知りました。

    fpd

    2015/8/18(火) 午前 9:18

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事