ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示


「マルサの女」(1987、A Taxing Woman)
 
イメージ 2
 
マルサの女」(1987)は、1980年代の日本映画にも、こんなにも面白い映画があるのか、と当時は引き込まれた映画の1本だった。
 
”マルサ”とういう聞きなれない言葉をその年の「流行語」にした伊丹十三監督の着眼点もすごい。マルサ・・・醤油ではなく、国税局査察部の俗称だ。
 
伊丹十三監督の映画は、第一弾「お葬式」からして、度肝を抜かれた。
 
「葬式」をテーマに、しかも、映画のタイトルにして、笑い飛ばすようなおかしみでインパクトがあった。その次の「タンポポ」は、いまいち乗りきれなかった。しかし、第3作のサスペンスに満ちた「マルサの女」は、おかっぱ頭でそばかすだらけの女主人公の国税局査察部(マルサ)の査察官(宮本信子)のキャラは、新鮮だった。伊丹監督の10作品にすべて出演・主演し、演技派女優の仲間入りを果たした。
 
宮本信子は、実際に査察部を見学して、女査察官とともに、現場を一緒に回ったという。
 
「目の付けどころがシャ○○でしょう」というCMの会社はおかしくなってしまったが、伊丹監督の目の付け所は「お葬式」にしても、意外性に驚かされた。
 
お葬式」は大ヒットしたが、税金でごっそり持っていかれたのがきっかけで、税金・脱税のからくりについて研究し、映画化したというから、世の中はわからない。
 
イメージ 3国税局査察部(マルサ)に勤める女性が、ラブホテル経営者を脱税で摘発するまでを描いた痛快娯楽作品の傑作。税務署の調査官・板倉亮子(宮本信子)は脱税を徹底的に調べ上げるやり手。
 
ある日、一軒のラブホテルに目をつけるがオーナーの権藤(山崎努)はなかなかシッポを出さなかった。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢される。マルサと呼ばれる摘発のプロとして経験を積んでいった亮子は、上司の花村と組んで再び権藤と相対するのだった・・・。
 
マルサというそれまで馴染みの薄かった職業にスポットを当てて、巧妙な手口で脱税を行う事業家たちとそれを鮮やかに見破る捜査官たちとの手に汗握る虚々実々の対決をテンポよくスリリングに描いていくところが小気味いい。
 
昨日、テレビ放映されていたので再見したが、津川雅彦があまりにも若いのに驚いた。1988年(第11回)日本アカデミー賞・最優秀作品賞最優秀主演男優賞山崎努)・最優秀主演女優賞宮本信子)・最優秀助演男優賞津川雅彦)と、この年の同賞をほぼ総なめにした。
 
イメージ 1
 
音楽もテンポよく、テレビなどで脱税関連のニュースがあると流される定番のような曲だ。
 
エンターテイメントの題材として取り上げられることがなかった脱税が、現実のバブル経済と符合した結果、複雑なカネの流れが見事にストーリーに組み込まれている。脱税の証拠を見つければ勝負が決まるとした設定が、脱税者とマルサの攻防にスピードとスリルを生んだ。銀行の隠し口座のハンコの隠し場所が、10数個もある口紅の中に隠されていたり、その手口も興味を呼んだ。
  
登場人物の俳優・女優が小沢栄太郎芦田伸介、小林桂樹、大滝秀治、岡田茉莉子をはじめ豪華キャスト。
 
伊丹監督の作品をもっと見たかった。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加してます:クリック♪。
 
 

  • 顔アイコン

    この映画は大当たりでしたね、、当時国税とは何ぞやと知ってはいましたがそれを舞台に映画にした、、目を付けた伊丹監督には脱帽です。もっと見たかったですね、。

    guch63

    2012/10/7(日) 午後 4:07

  • 顔アイコン

    こんにちは
    本作、本当に面白かった。細部までよく作り込んであり、唸らされたし、笑わせていただしました!
    東大卒の相方が何秒でそれを口にするか…など、今でも笑って思い出し笑い。

    アンダンテ

    2012/10/7(日) 午後 5:30

  • この映画で「マルサ」が流行語になりましたよね^^
    今見ても楽しめる映画ですね(^ε^)♪

    Gena

    2012/10/7(日) 午後 9:07

  • 顔アイコン

    guchさん>伊丹監督は、80年代の映画の流れを作った監督ですね。
    こういう話題作はもっと見たかったですね。

    fpd

    2012/10/7(日) 午後 9:50

  • 顔アイコン

    andanteさん>ストーリーと音楽と俳優とすべてがよくできた映画でしたね。

    fpd

    2012/10/7(日) 午後 9:52

  • 顔アイコン

    ジーナさん>「マルサ」は今の「トッカン」のようなものですね。
    トッカンはマルサほどではないようですが・・・。

    fpd

    2012/10/7(日) 午後 9:53

  • 昨夜、日本映画専門チャンネルで
    久々に再見しました。
    番組後のインタビューで
    宮本信子さんが、この映画は
    税務署や国税局の方々に
    多大な支持を貰ったと
    語ってましたね。

    何といっても津川雅彦が若い。
    違うチャンネルでは邦画の
    死刑台のエレベーターを
    放送していて、阿部寛に射殺される津川雅彦はしっかりジイサン
    だった。

    GH字幕

    2012/10/7(日) 午後 9:54

  • しっかりジイサン
    すっかりジイサンですね。
    訂正しておきます。( ̄0 ̄;)

    GH字幕

    2012/10/7(日) 午後 9:56

  • 顔アイコン

    面白い映画でしたね。
    宮本さんは名女優です。
    伊丹監督と結婚して開花したのでしょうか。
    その生活ぶりをテレビで見ましたが伊丹さんは変った方
    のようでした。

    pis*43*1

    2012/10/7(日) 午後 10:07

  • 顔アイコン

    GH字幕さん>「日本映画専門チャンネル」が今、無料放送期間で、再見しました。最近の津川は、目玉を飛び出してギョロメだったり、エロ爺さんの役などが多いですね。

    fpd

    2012/10/7(日) 午後 10:13

  • 顔アイコン

    bbさん>伊丹さんは確かに変わっていたようですね。
    俳優でも特異でした。監督に見いだされた宮本さんは、今ではすっかり大女優の貫録ですね。

    fpd

    2012/10/7(日) 午後 10:15

  • アバター

    この映画は当時本当に面白くてハマりましたね(*^_^*)
    題材が新鮮だったんでしょうね〜
    ナイス!!(^^♪

    レイ

    2012/10/8(月) 午前 9:15

  • 顔アイコン

    レイさん>この映画は面白かったですね。
    こういう意表を付いたテーマが面白いですね。

    ナイス、感謝!

    fpd

    2012/10/8(月) 午前 9:32

  • 顔アイコン

    ( ´ー`)y─┛チァーパーボェー

    脱税の話題も経済低迷で減っていますかね

    ナイス!&ランクリ

    にっぽに屋にっぽん

    2012/10/8(月) 午後 5:19

  • 顔アイコン

    nipponiaさん>売り上げが減れば、話題も減るでしょうか。

    ランクリ、感謝。

    fpd

    2012/10/8(月) 午後 7:29

  • 顔アイコン

    北野も大声出したり 殺し合いの映画でなくもっと品のあるのが出来ないのかなあ〜 伊丹監督以降の邦画は見たことないですよ、ったく。

    thanks19gen

    2012/10/9(火) 午後 4:27

  • 顔アイコン

    thanks19さん>北の映画は、「バカヤロー」「この野郎」のオンパレードですね。確かに、品はないですね。逆に、新鮮で爽快?の面もあります。

    邦画も最近はいいですよ。

    fpd

    2012/10/9(火) 午後 9:11

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事