fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)

★日曜劇場「ノーサイドゲーム」(池井戸潤原作)7月7日スタート。

全体表示

[ リスト ]


映画「終の信託」予告編
 
イメージ 1
 
 「終(つい)の信託」(2012)は、シリアスかつ重厚なドラマだった。
 
「それでもボクはやってない」の周防正行監督が、法律家でもある朔立木(さく・たつき)の小説を実写化したラブストーリーである。
 
重度のぜんそく患者と恋に落ち、彼の願いから延命治療を止めた行動を殺人だと検察に追及される女医の姿を見つめる。
 
草刈民代役所広司が「Shall we ダンス?」のコンビが、16年ぶりとなる共演を果たし、愛と死に翻弄される男女を熱演。
 
イメージ 2
 
浅野忠信大沢たかおなど実力派俳優が脇を固める。生死を賭した純愛を描くのみならず、終末医療の現場で起きている問題にも踏み込んだ重厚な作品。
 
あらすじ:
同じ職場の医師・高井(浅野忠信)との不倫に傷つき、自殺未遂を図った呼吸器内科医の折井綾乃(草刈民代)。
 
沈んだ日々を送っていた綾乃は、重度のぜんそくで入退院を繰り返す江木秦三(役所広司)の優しさに触れて癒やされる。
 
だんだんと距離が近づき、お互いに思いを寄せるようになる二人だったが、江木の症状は悪くなる一方。死期を悟った彼は、もしもの時は延命治療をせずに楽に死なせてほしいと綾乃に強く訴える。
 
それから2か月後、心肺停止状態に陥った江木を前にして、綾乃は彼との約束か、医師としての努めを果たすか、激しく葛藤する (Yahoo映画より)。
 
・・・
延命治療、終末医療における判断などの難しさを問題提起している。
全体的にやや重苦しさがあったが、後半、呼び出しを受けた綾乃が検察庁を訪ねてからの検察側のやり取りは迫力があった。
 
検察の強引ともいえる調書の取り方と、長い間患者と接してきた現場の女医との激しいぶつかり合いのリアリティが見どころだった。
 
イメージ 3検事の大沢たかおの言動が迫力がある。
検事側では、裁判所に対して、納得させるためのストーリーがすでに出来上がっており、被疑者に無理やりにそれに合わせるような誘導尋問をするやり方で、被疑者を追いつめる。
 
延命治療を中断するには、死に至ることが確実な場合や、それに加えて肉体的な苦しみが耐え難い場合、さらにそれに本人がその旨文書でしたためた場合以外は、殺人に相当するという。
 
窮地に立たされた女医は、逮捕されたが、患者の数十冊に及ぶ日記の最後のほうの「呼吸器内科医の折井さんの判断にゆだねます」との一文があったため、2年間の懲役、4年間の執行猶予判決となった。
 
それにしても、実話だというだけあって、難しいテーマながら、考えさせられる映画ではある。草刈民代苦悩する女医を好演している。
 
2012年度邦画の「キネマ旬報」ベスト10映画は以下の通り。(7)のみ未見(後日鑑賞)。

(1)「かぞくのくに」☆☆☆☆
(2)「桐島、部活やめるってよ」☆☆☆☆
(3)「アウトレイジ ビヨンド」 ☆☆☆
(4)「終の信託」 ☆☆☆☆
(5)「苦役列車」☆☆☆
(6)「わが母の記」☆☆☆☆
(7)「ふがいない僕は空を見た」☆☆☆
(8)「鍵泥棒のメソッド」 ☆☆☆
(9)「希望の国」★★
(10)「夢売るふたり」 ☆☆☆
 
☆☆☆☆
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています: クリックお願いします♪。
 

閉じる コメント(25)

顔アイコン

ギドラキュラさん>延命治療なし、はすでに決まっています。
生かされるのは、なしです(笑)。

2013/5/20(月) 午前 6:19 fpd 返信する

顔アイコン

ふぁろうさん>検事の調書を作って、有無を言わせぬやり方には、唖然とするほど驚きましたが、熱演です。草刈のあくまでも、真実を訴える演技も素晴らしですね。

最近では、見てよかった映画の「クリーンヒット」の1本でした。

2013/5/20(月) 午前 6:22 fpd 返信する

顔アイコン

alf.momさん>草刈は「Shall We ダンス?」くらいしか見ていませんでしたが、この映画では、見直しました。すごい女優です。

2013/5/20(月) 午前 6:26 fpd 返信する

アバター

これは深刻な問題ですよね〜
この映画もかなり話題になりましたね(^^ゞ
☆オールポチ☆

2013/5/20(月) 午前 9:01 レイ 返信する

顔アイコン

レイさん>これは問題を提起していましたね。結論は出ないようですが・・・。

オールポチ感謝!

2013/5/20(月) 午前 9:21 fpd 返信する

顔アイコン

周防正行監督のユーモアを排して、徹底的にシリアスに描いていましたね。

ナイス!&ブログ村、クリック

2013/5/20(月) 午後 7:13 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

ぴくちゃあさん>重いテーマでしたが、検事との対決シーンは、白熱の緊張シーンでした。

ナイス&村クリック感謝!

2013/5/20(月) 午後 9:22 fpd 返信する

あたしとしては ちょっと草刈医師さんにヒいてしまいました、前半の ヤワヤワ浅野医師との関係に違和感が、う〜mmの映画ではありました。

2013/5/22(水) 午後 7:55 たんたん 返信する

顔アイコン

たんたんさん>病院(職場)であんなことをしてしまうのがちょっと・・・でしたね(笑)。おっしゃる通り、浅野の役は、軽かったですね。

2013/5/22(水) 午後 8:55 fpd 返信する

顔アイコン

大沢たかおの「口撃」が凄かったですね。
打ちのめされる感じで、画面に見入ってしまいましたよ。
すごい見ごたえでした。 TB、させてくださいね。

2013/9/24(火) 午後 9:58 サムソン 返信する

顔アイコン

サムソンさん>あの追いつめるような口調で強気な姿勢は凄味がありましたね。俳優として見直しましたよ(笑)。

「ストロベリーナイト」の大沢たかおも、悪役でありながら懐が深く、凄みがありました。

2013/9/24(火) 午後 10:07 fpd 返信する

顔アイコン

草刈さん、
演技が上手くなっておられて、驚きました。
監督の指導が的確だったのでしょう。

役所広司は、何をやっても、本当に上手いと思います。

患者にとって、何が本当の「救い」となるのかを考えさせてくれた映画でした。
ご案内、有難うございました。

2013/10/22(火) 午前 0:28 alf's mom 返信する

顔アイコン

alf.momさん>草刈、役所の二人は、抑えた演技が素晴らしかったですね。超高齢化社会では、考えさせられる映画ですね。

2013/10/22(火) 午前 8:38 fpd 返信する

顔アイコン

公開時に迷った作品でした。確かに重いテーマでしたが、これから考えなければいけない問題でしたね。
こちらからもTBお願いします。

2014/3/13(木) 午前 8:56 atts1964 返信する

顔アイコン

atts1964さん>重い映画でしたが、考えさせる映画でした。
TBありがとうございます。

2014/3/13(木) 午後 2:23 fpd 返信する

顔アイコン

意外にもTBしてませんでしたので、TBします。
ここのコメントで先輩が「(7)=「ふがいない」はTVでも良い」発言を!?
でも、年齢規制なので、見れませんよ、と今更突っ込みます。(笑)
「この年の映画で見逃してはいけない作品でしょう、『ふがいないは』は」(私見)

2015/1/31(土) 午後 10:35 [ ひろちゃん2001 ] 返信する

顔アイコン

ひろちゃん>「ふがいない」はその後もちろん見ていますよ。

見ないとそれこそ不甲斐なくなります(笑)。

2015/1/31(土) 午後 11:33 fpd 返信する

顔アイコン

浅野忠信のTB、ほんの少し、させてもらいました。

2016/11/29(火) 午前 2:28 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

> ぴくちゃあさん>そうでした。この映画も、出演していましたね。

”少し?”のTBをありがとうございます♪

2016/11/29(火) 午前 6:00 fpd 返信する

顔アイコン

たっふぃーさん、TBのお返しナイス、感謝。

2018/1/18(木) 午後 7:39 fpd 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(15)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事