ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示

イメージ 1
 
1970年代はじめの頃は、イタリア映画やフランス映画の佳作が次々に公開されていた。いくつか思い出すタイトルだけあげてみる。
 
ドミニク・サンダの美貌に魅せられた「悲しみの青春」「暗殺の森」。
ソフィア・ローレン&マルチェロ・マストロヤンニの名作「ひまわり」「結婚宣言」。
アラン・ドロンの「仁義」「帰らざる夜明け」「栗色のマッドレー」。
カトリーヌ・ドヌーブ主演の「哀しみのトリスターナ」。
ブリジット・バルドーの「ラムの大通り」。
イブ・モンタン、ジャン=ルイ・トランティニャンの「Z」。
 
そんな中、オッタビア・ピッコロ主演の2作品「わが青春のフロレンス」と「愛すれど哀しく」があった。ピッコロはドロンの「帰らざる夜明け」で見ていたが、「愛すれど哀しく」は未見だったが、今回初めて見た。
 
イメージ 2
                     日本でも人気だったオッタビア・ピッコロ
・・・
映画の原題は「BUBU(ブブ)」で男の名前。
20世紀初頭のミラノを舞台に不運な薄幸女性の哀しみを描いている。
 
ミラノの純真な洗濯女ベルタ(オッタビア・ピッコロ)は、端正なパン職人のブブに恋をする。ブブの男らしさにとらわれ、老父の反対を押し切って誘われるままブブの元へ行くベルタ。
 
しかし、同棲を始めたものの、このブブという男がとんでもない男だった。
ブブは、仕事をしたくないと言って、パン職人を辞め、ベルタに街に出て客を取れ、つまり娼婦になるよう強要するのだ。
 
拒んでいたベルタだが、やがてブブを失いたくない一心から言うがまま娼婦となってしまう。実姉も娼婦で、疲れきって落ちぶれていたが、ああにはなりたくないと思っていたベルタだったが、親の病気の費用やらのために、街へ出た。
 
辛い生活の中で、日々の稼ぎをブブの元に持ち帰り、その笑顔を見ることだけがベルタの喜びとなっていた。「街が自分の居場所だ」と自らに言い聞かせ。
 
そんなある日、ベルタはピッコロという田舎から出てきたばかりの青年と知り合う。ピッコロの優しさと誠実さにベルタは淡い恋心を抱き、ピッコロもまたベルタへ好意を募らせるようになる。
 
だが、ベルタはその娼婦としての生活の中で性病(梅毒)を患い、またブブの激しい束縛のために、ピッコロと二人での生活を考えることができなくなっていた。
 
やがてベルタは病が悪化し、収容施設に入院する。
一方、収入源がなくなったブブは窃盗を行うようになり、ついに警官に追われて足を撃たれ、窃盗もできないようになっていた。
 
その顛末を聞いたベルタは、ブブが自分を連れ出しにくることを恐れ、同じく娼婦となっていた姉の元に駆け込む。
 
しかし、姉はすでにベルタと同じ病の末期症状を示しており、さらに姉のヒモのガストンはベルタへも売春を強要するのだった。絶望し、ベルタは街を放浪する。
 
最後に行き着いたのはピッコロの元だった。
ピッコロはベルタを受け入れ、二人は病を克服して希望に満ちた未来を夢見るが、その二人の元へマフィアの上役を連れたブブが迫っていた。
 
・・・
イタリアの貧しい暮らしを背景にしているが、生活のために、街角に立って、何もしないでヒモになっている男のために売春で稼ぐとは、あまりにも悲惨。当時の状況は、日本の戦後まもない時期に通じるところもあるのか(赤線地帯は、昭和33年頃までは合法的に存在した。)
 
音楽は、カルロ・ルスティケリ(「ブーベの恋人」)で、哀愁を帯びていた。
 
 
 ★★ (暗い映画で、救いもなく・・・)
(GYAOで動画配信中)
 
 
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。
 

  • 顔アイコン

    タイトルは知っていました。
    テーマ曲をyoutubeで聞いてみましたが、
    懐かしさを感じさせました。

    オッタビア・ピッコロの出演作は何も見ていないような気がします。
    特に美形とは感じていませんでしたが、
    映画雑誌ではよく見ていました。人気があったのですね。

    alf's mom

    2015/1/22(木) 午前 6:09

  • 顔アイコン

    alf.momさん>映画雑誌「スクリーン」などによく登場していましたね。音楽は、いかにもイタリア的という音楽でした。

    fpd

    2015/1/22(木) 午前 7:35

  • アバター

    *゚+゜.;:おはよぉ・・☆彡ヾ(´∀`●)ノ=з =з
    イタリア映画はこういうのが多かったですね〜〜
    トコトン救いようが無いほど暗く悲しいお話・・・
    当時は結構好きでしたが。
    ☆オールポチ☆

    レイ

    2015/1/22(木) 午前 8:25

  • 「ゾロ」にも出てましたよね!
    しかし、暗いな〜!救いがないな〜!
    気持ちが重くなる暗い映画は好きですが、現実の暗部を見せられる暗さの映画は気が滅入ります。
    映画位現実から離れないと!

    MARUMA

    2015/1/22(木) 午前 8:37

  • 顔アイコン

    レイさん>暗い映画が多かったですね。古くは「鉄道員」「道」などですが、何かしら希望や救いがありましたね。


    ☆オールポチ☆感謝。

    fpd

    2015/1/22(木) 午前 8:41

  • 顔アイコン

    MARUMAさん>「ゾロ」に出ていましたか。

    暗い映画がそのまま暗いままというのは、あまり見たくはないですね。

    fpd

    2015/1/22(木) 午前 8:42

  • 顔アイコン

    あれあれ、意外に評価が低いですね。
    悲恋ものが好きな日本の評論家で当時、評価が高い作品でしたよね。
    (確かどこかの映画誌のベスト10にも入っていました)

    確かに、日本人は、「兎に角、悲劇に終わるヒロイン像」が大好きなんですかね。
    恋愛映画は兎に角悲劇的な終わりの映画が多かったですね。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2015/1/22(木) 午後 0:15

  • 顔アイコン

    ひろちゃん>映画館で当時見れば評価も違っていたかもしれません。
    昔から、日本人は「君の名は」などが好みでしたからね。

    fpd

    2015/1/22(木) 午後 1:45

  • 顔アイコン

    観ると重苦しくなりそうな映画ですね(p_-)
    女の働く場所が限られていた時代だから、仕方ないのかしら?

    Gena

    2015/1/22(木) 午後 8:31

  • 顔アイコン

    ジーナさん>イタリア映画「道」の薄幸女のような印象ですね。
    貧しい時代の中では、手っ取り早い仕事だったんでしょうね。

    fpd

    2015/1/22(木) 午後 11:05

  • 顔アイコン

    『わが青春のフロレンス』(1971:マウロ・ボロニーニ)はわが青春のバイブルでした。『愛すれど哀しく』も封切り後すぐ見ました。ちょっと暗めでしたが、大好きな作品です。やはり、10代20代の感受性豊かな時期に見た作品は一生忘れませんね。
    どんな名作でも、50代60代で初めてみてもあまり感動しなくなりました。
    ナイス&村クリック!

    ぴくちゃあ

    2015/1/23(金) 午前 7:01

  • 顔アイコン

    ピクチャあさん>そうですね、10代、20代前半くらいに観た作品が一番印象に残りますね。

    ですから、映画の生涯ベスト10もその頃の作品が入ってきます。

    ナイス&村クリック!感謝。

    fpd

    2015/1/23(金) 午前 7:06

  • 顔アイコン

    おっしゃると通りで70年代前半では、フランス、イタリア映画が結構見れていたんですよね。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2015/5/23(土) 午後 9:10

  • 顔アイコン

    ひろちゃん>「イタリア・フランス映画」も、70年代前半まででしたね。

    fpd

    2015/5/23(土) 午後 10:04

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事