fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)

★Yahooブログ・カウントダウン。9月1日〜新ブログへ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
2010年の本屋大賞第1位に輝いた冲方丁(うぶかた とう)のベストセラー小説を、岡田准一を主演に迎えて映画化した歴史ドラマ。一昨年あたり話題になっていたので遅ればせながら見た。”文部省推薦のような” 優等生映画で、単調で面白みにはかけるが、最後まで見た。
 
岡田准一が扮するのは、日本で初めての暦作りに挑戦した実在の人物・安井算哲で、算哲が挫折や失敗を繰り返しつつも、妻や仲間たちに支えられ、偉業に挑む姿を描いている。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎。音楽は、「おくりびと」同様、久石譲(ひさいし じょう)。
 
「明察」は、現在でも使われる言葉だが、辞書によれば・・・。
(1)はっきりと真相や事態を見抜くこと。「実情を―する」。
(2)相手を敬って、その推察をいう語。「御―のとおりです」とある。
この映画のタイトルの「天地明察」とは、 これまで一般に使われていた暦の矛盾点(何年かの周期でズレる)を、解明しようとした男の物語で、それを証明した時に、発せられた言葉が、”天地明察!”だった。
 
ストーリー:
十七世紀半ばの江戸時代前期、徳川四代・家綱の時代。
将軍に囲碁を教える名家・安井家に生まれた算哲(岡田准一)は、出世欲のない不器用な男。星の観測と算術を解くことが好きで、熱中しすぎることもしばしば。
 
そして将軍の御前で棋譜通りの囲碁を打つ、形ばかりの勝負に次第に疑問を抱き、真剣勝負の場に身を置きたいという熱い思いを心に秘めていた。
 
そんな算哲の本心を知る会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、暦の誤りを正す任に抜擢する。800年も使われてきた中国・唐の時代の暦がずれてきたため新しい暦を作るというこの計画は、星や太陽の観測をもとに膨大な計算を必要とした。
 
さらには本来なら朝廷の司る改暦に幕府が口を出すという、朝廷の聖域への介入という問題をはらんでいた。そしてこれは算哲の苦難の道の始まりでもあった。
 
・・・
 武士の時代をテーマにした話は、映画では「家計簿」や「献立」などがあるが、「」を扱っているのが「天地明察」である。正確な暦を作り、それまでの時間のズレを正して、正解にたどり着くまでを描いている。

朝廷の暦は絶対であり、それを一般の人々は信じて疑わず、新たな暦の存在を苦々しく思う朝廷の人間からは、証明できなければ切腹だと詰め寄られていたのだが・・・。
 
地球儀や碁なども登場するが、「地球が丸い」とは信じられない時代に、世界地図も徐々に現実に近づきつあったという背景なども歴史小説として興味深い。
 
・・・
豪華俳優陣が出演している。
のちの水戸黄門こと水戸光圀に中井貴一。算哲(岡田准一)の妻となるえん役に宮崎あおい、えんの兄・村瀬義益に佐藤隆太、 数学者・関孝和を演じた市川猿之助、そのほか岸部一徳笹野高史、徳川家綱に染谷翔太など。ナレーションは、真田広之が担当した。
 
歴史的な発見と同時に、算哲(岡田准一)とえん(宮崎あおい)との出会いから結婚までのラブストーリーも織り込まれている。算哲は、一年の予定で、全国の調査の旅に出るが、半年も遅れてしまった。戻ってみると、兄が言うには、1年間は縁談を頑として断っていたえんも、嫁いでしまったというのだ。(算哲はショック。)
 
イメージ 2
 
しかしその後、「離縁された」といって、えんが戻っていた。
算哲が、またしてもしばらく待たせることを言うが、こんど約束を破ったら知りませんというえん。「私より早く死なないでください」というのも健気。さらに、えんが「ひとつお願いがあります。帯を解いてください」という言葉だけあり、さらりと描いているのが、想像させてなかなかいい。
 
歴史モノはこれまで苦手の部類だったが、戦争ものにしろ、歴史の一部を、読書とは別に、映画を通して垣間見ることができるのは、知的好奇心を満足させることがあり、いい。
 
映画的には、面白さ、起伏に富んだエンタメ性にはややかけるが・・・笑。
 
☆☆☆
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。

閉じる コメント(18)

顔アイコン

fpdさん、この冲方丁の原作は映画が製作される2年前に購入して手にとって見た第一印象は、なんと分厚い本なんだ?
また他の本よりも分厚い分だけ価格が高かったという感想を抱きましたね!
自作の本は、此の「天地明察」に登場していた水戸光圀を題材にした本でして、「天地明察」よりも更に分厚く、更に値段も高かったです。
fpdさんが、登場人物で名前は出されていないが数学者関 孝和が渋川春海(二代目安井算哲)に多大な影響を与え、改暦勝負にも助言を与えて支えていたと原作で記述していました。
冲方丁は大学在学中に作家デビューし、主にSF小説を執筆されており此方のファンには名は知られていましたが、一転書風を変えて時代劇を執筆されると思いも拠りませんでしたよ!

2015/1/22(木) 午後 5:14 [ tatsu ] 返信する

顔アイコン

ご覧になりましたか、最近の映画で私の方が先に見るのは珍しいですね。(笑)
この映画くらいから岡田は映画俳優として本腰を入れていますね。
宮崎あおいは特に熱演しないのに存在感があっていいですね。
TBします。

2015/1/22(木) 午後 5:28 [ ひろちゃん2001 ] 返信する

顔アイコン

tatsuさん>まだ若い作家のようですね。

市川猿之助が、数学者・関孝和を演じていましたが、重要な役でした。(記事に一言加えました)。

こういった歴史モノが好きな人には、映画もいいでしょうね。

2015/1/22(木) 午後 5:39 fpd 返信する

顔アイコン

ひろちゃん>「Tokyo Tower」「おと・なり」「SP」などではまだそれほど目立ちませんでしたが、「天地明察」あたりから大役ですね。

代表作がいまのところ「永遠の0」でしょうか。

2015/1/22(木) 午後 5:41 fpd 返信する

無難にいい映画でしたね。
しかし、岡田君のちょんまげ姿がもう様になってきましたね笑。
久石譲の音楽も綺麗でした。

2015/1/22(木) 午後 7:36 WANTED222 返信する

顔アイコン

WANTEDさん>映画としてはまとまっていましたね。

俳優も豪華でした。

2015/1/22(木) 午後 7:39 fpd 返信する

顔アイコン

ついに観られましたね^^
岸部一徳さんや笹野高史さんら、脇を固める役者が名優ぞろいでしたね。
岡田君が演技開眼した作品でしたね(^◇^)

2015/1/22(木) 午後 8:11 Gena 返信する

顔アイコン

ジーナさん>中井貴一を始め、一徳さん、笹野、など名脇役が揃いました。岡田も、ジャニーズでは一歩俳優でリードしているようですね。

2015/1/22(木) 午後 11:02 fpd 返信する

顔アイコン

本屋大賞で何位に入った作品がどんなにすごい映画作品になるかと思うと、ほんの少し期待します。たいていがっかりして本を読もうとも思いません(笑)。
滝田洋二郎監督は『おくりびと』の悪い後遺症で、格調高い作品を作らねばという思いがあるようですね。もう少し肩の力を抜いて、初期のような軽いコメディを作ってほしいものです。
ナイス&村クリック!

2015/1/23(金) 午前 7:19 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

息つく間も無しで、軽妙なところもなく、最初から最後まで全速力という印象です。


ナイス&村クリック!感謝。

2015/1/23(金) 午前 8:06 fpd 返信する

「おくりびと」もそうですが、淡々と描かれていそうですね!

2015/1/23(金) 午前 8:50 MARUMA 返信する

顔アイコン

MARUMAさん>生真面目に撮った映画ですね。堅いです。


評価はそこそこのようですが。

2015/1/23(金) 午前 9:18 fpd 返信する

アバター

*゚+゜.;:おはよぉ・・☆彡ヾ(´∀`●)ノ=з =з
豪華な俳優陣ですね〜
優等生映画ということのようですね(~_~)
☆オールポチ☆

2015/1/23(金) 午前 9:25 レイ 返信する

顔アイコン

レイさん>そうです、優等生映画ですから、好みが分かれます(笑)。

☆オールポチ☆感謝。

2015/1/23(金) 午前 10:30 fpd 返信する

アバター

宮崎あおいが演じる妻は、夫役が誰であってもぴったりとハマるので素晴らしいです。
岡田准一も幅広いキャラを演じることができるジャニーズ俳優ですね♪。

2015/1/25(日) 午前 0:05 ffa**77 返信する

顔アイコン

ふぁろうさん>あるときは桜井翔や堺雅人や岡田准一ですね。

岡田准一はいまやジャニーズのトップ男優の一人でしょうね。

2015/1/25(日) 午前 0:16 fpd 返信する

顔アイコン

これはよくこういう地味な題材を映画にしましたね。正直なところ、劇場ならよかったんですが、自宅鑑賞だったので、ちょっと辛かった(^^)
ただ勉強になった作品でした。
こちらからもTBお願いします。

2016/5/19(木) 午前 9:56 atts1964 返信する

顔アイコン

> atts1964さん>地味でしたね。

芸能ニュース的には、このふたりは、結婚も噂されているようですね。

2016/5/19(木) 午後 0:40 fpd 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事