ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★Yahooブログ・カウントダウン。9月1日〜新ブログへ。

書庫全体表示

イメージ 1

沢尻エリカが映画復帰した「へルタースケルター」(2012)を見た。
沢尻エリカが全てをさらけ出し、体当たりで挑戦した姿が強烈だ。過激な描写や放送禁止用語も飛び出し、映画の中の記者会見の対応が意表をつく凄まじさだった。

イメージ 4
              記者は多そうに合成されているのがミエミエ(笑)。

イメージ 2「別に」発言以降、バッシング等で映画界から遠ざかっていたが、蜷川実花監督の「ヘルタースケルター」で、主役を演じた。

数年間のまわりのバッシング、雑音をすべて受け止め、吹っ切るためのチャレンジの映画だったかもしれない。

この映画の一定の成功のあと、テレビのドラマの主演なども演じて健在ぶりを示している。

スタイルもよく、美人顔で脚光を浴び、あらゆる女性誌の表紙を飾るりりこ(沢尻エリカ)だったが、その実は全身が整形だった!

整形医療クリニックの不正を調べる検事に大森南朋が扮し、クリニックの客の一人であるりりこは、欲しいものは全て手に入れることから猛獣タイガーリリコと呼び証言を迫る。

表紙の撮影等で、「カメラのシャッターを押されるたびにどんどん自分が空っぽになっていく気がする」とドラッグに依存していき、精神的にも追い詰められていく。

田舎から出てきた妹・ちかこからは「強いから綺麗になれる」と言われたが、りりこは「綺麗になれば強くなれるのだ」という。「人生なんて、自分で決めるもの」というリリこだが、母替わりのマネージャー(桃井かおり)が、若いモデル・こずえ(水原希子)を連れてくる。こずえが、どんどん売れていき、嫉妬心が湧いてくるりりこ。付き人(寺島しのぶ)に、「こずえは目障りだ」と暗に殺してしまうようそそのかすのだが・・・。

・・・
「ヘルタースケルター」とは、”しっちゃかめっちゃか”という意味。
混沌としていること。りりこは、人気がいつまでも続くとは考えておらず、こずえですら、「自分たちは、かわいい、すごい、ああなりたいという欲望の処理装置のようなもので、名前と顔だけがすり替わっていくだけだ」と悟っている。

週刊誌で、りりこが全身整形だということを、あえてリークして、それがまた話題となり、若い女性たちの関心と人気を呼び、再び脚光をあびるりりこだったが・・・。

イメージ 3
               けばけばしい衣装に身を包むりりこ。

美は、いつかは壊れていき、やがては忘れ去られていく世界を、赤などの原色を使って極彩色が使われ、背景などがド派手に描かれている。

イメージ 5沢尻エリカもすごいが、寺島しのぶでなければ演じられないだろうというシーンも多い。共演陣には、オカマのスタイリスト役で新井浩文、寺島しのぶの恋人役に綾野剛などが出演している。ほかに平愛梨、原田美枝子など。

映画のキャッチコピーは、確か「これは映画というよりも事件」と言った言葉があったようだが、強烈な映画で賛否両論がありそうだ。

とくに渋谷センター街に集まるような若い女性は、流行やファッションに憧れて騒ぐが、それらも一時的なもので、盛衰があり、すぐに忘れ去られるということもうかがわせる映画である。


☆☆☆


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。

  • 顔アイコン

    へえぇ〜、、、そんな映画なんですか?題名だけは聞いた事があったような、、アナグラム風に、、地獄の滑走者、ヘル・スケーター??

    guch63

    2015/3/14(土) 午前 7:17

    返信する
  • 顔アイコン

    ひろちゃん>低評価のようですね(笑)。

    寺島しのぶは、あの程度は、得意な役柄でしょうね。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    Genaさん>漫画の原作まで読んでいましたか。

    かなり疲れる映画ですね。色彩がすごいですね。キャストは豪華で、寺島しのぶがすごいですね。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ギドラキュラさん>見てしまいました(笑)。

    女優にとっては相当覚悟がいる映画でしょうね。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    MARUMAさん>まさに微妙ですが、結構凄まじいですね。

    疲れます(笑)。見てみないことにはわからないですからね。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    guch63さん>これは、テーマは面白いですが、カルト的で、マニアックな種類の映画ですね。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 7:34

    返信する
  • アバター

    *゚+゜.;:おはよぉ・・☆彡ヾ(´∀`●)ノ=з =з
    この映画GYOAでみました。彼女にピッタリな映画でしたね。
    あまり気持ちの良い映画ではないですね〜〜
    ☆オールポチ☆

    レイ

    2015/3/14(土) 午前 8:24

    返信する
  • 顔アイコン

    レイさん>やはり実はGyaoでしたか。

    昨日まで配信しているというので急いでGyaoで見ました(笑)。
    Gyao(無料)放送で十分ですね。

    ☆オールポチ☆感謝。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 8:35

    返信する
  • スクリーン上の彼女が好きです。
    「別に」発言のころも、この映画の凄まじさも・・・。
    これからも期待します。

    [ 熊本ミノル ]

    2015/3/14(土) 午前 8:42

    返信する
  • 顔アイコン

    熊本ミノルさん>最近は、落ち着いて大物感も出てきましたね。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    沢尻エリカ、嫌いじゃないんですよね。蜷川実花も結構好きで、本作は疲れましたが面白かったです!
    公開当時、何人かのブロ友さんとTBしようと試みたのですが、できなかった記憶が。「さよなら渓谷」も出来なくて文章の一部を訂正して出来るようになりました。
    本作はどの文言が引っかかったのか謎です。

    アンダンテ

    2015/3/14(土) 午前 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    アンダンテさん>「コード」に引っかかるような不適切な言葉が含まれていたようですね。

    ある別な表現で、TBできないことがありました。

    fpd

    2015/3/14(土) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    おおお〜、、あと一つですよ、、。

    guch63

    2015/3/14(土) 午後 8:04

    返信する
  • 顔アイコン

    guch63さん>追い込みで、「14連打」で、「88888」ゲットおめでとうございます♪

    fpd

    2015/3/14(土) 午後 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    沢尻エリカが凄かったです。ラストのぶざまな開き直りのような展開、結構好きです。TBしますね。

    シーラカンス

    2015/3/14(土) 午後 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    shi_rakansuさん>すごかったですね。あそこまで徹底するとは・・・。

    fpd

    2015/3/15(日) 午前 3:27

    返信する
  • 顔アイコン

    主役の沢尻エリカが脚光を浴びましたが、記事にある通り寺島しのぶがいい演技でしたね。
    体当たりの演技と言われた沢尻を正直喰っていたと思いました。
    TBお願いします。

    atts1964

    2015/3/15(日) 午後 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    atts1964さん>寺島しのぶは、なんでも体当たりですから存在感がありますね。

    fpd

    2015/3/15(日) 午後 6:38

    返信する
  • 顔アイコン

    女優の場合、体当たりの演技というと、「脱ぐ」とか「濡れ場」ってことになってしまいますね、、、男ならどうする?どうする小出恵介? TB Pls〜

    [ たっふぃー ]

    2017/9/12(火) 午後 5:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > たっふぃーさん>これは強烈でしたね。そこまでやるか、でした♪

    fpd

    2017/9/12(火) 午後 6:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(6)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事