ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示

イメージ 1


ホラー映画「リング」(1998)を見た。
その後続編も製作され、アメリカでもリメイクされたが、この関連はこれまで未見だった。「リング」といえば、貞子だが・・・。監督は中田秀夫。映画は興行収入10億円のヒットとなった。

・・・
某テレビ局のディレクターである浅川玲子(松嶋菜々子)は、都市伝説にまつわる取材の中で、見た者を1週間後に死に至らしめる「呪いのビデオ」に関わったと噂される男女が、数日前に奇怪な死を遂げた自分の姪、大石智子(竹内結子)と同日の同時刻に死亡していることに気づく。

調査を進めた玲子は、同時に死んだ智子たち4人の間には交友関係があり、彼らが1週間前に伊豆の貸し別荘「伊豆パシフィックランド」に宿泊していたこと、そしてその際に撮影されたフィルム写真上の4人の顔が不気味に歪んでいることに着目する。

彼らの死の謎を突きとめようとして問題の貸し別荘を訪れた玲子は、そこで貸出されていた不審なビデオの映像を見てしまい、直後に不気味な無言電話を受け取る。

これを境に、玲子自身の写真もまた死んだ4人と同様に歪んだ顔で写るようになってしまう。これが本物の「呪いのビデオ」であることを悟った玲子は、離婚した元夫で超能力者である高山竜司(真田広之)に相談を持ちかける。

イメージ 2

竜司は自分もビデオの映像を実際に確認して内容を調べ、映像に写っていた新聞記事から、これが過去に伊豆大島の噴火を予知したとされる超能力者・山村志津子(雅子)に関連したものであることを突きとめる。

竜司は伊豆大島へと出立するが、そんな中、玲子と竜司の間の子供である陽一までもがビデオを見てしまう。玲子は竜司を追って伊豆大島へと向かい、宿泊先で志津子の従兄弟である老人、山村敬(沼田曜一)と出会うが、詳しい話を聞こうとして拒まれる。

竜司が超能力を用いて聞き出そうとした際、玲子はそれに巻き込まれて過去の光景を幻視し、志津子の娘である山村貞子には念じるだけで人を殺せる恐るべき超能力が備わっていたことを知る。

そして玲子と竜司は、恐らく既に死んでいる貞子こそが呪いのビデオを生み出した怨霊の正体であると確信するのだが・・・(Wikiより)。

・・・
ビデオテープを見た人間は、一週間後に死ぬという。
唯一逃れる方法は、そのビデオを他人に渡して、他人が見れば、渡した当人は呪いが解けて、生きることができるという。そして、その呪いをかけたのは、父親に殺された山村貞子であり、バケモノと呼ばれていた。

テレビの画面から、貞子が飛び出てくるシーンはぞっとさせる。

イメージ 3撮影当時17歳で、この映画でデビューした竹内結子が出ていたので、見た価値があった(写真)。

高山(真田広之)の教え子役で中谷美紀が出演しているが、この映画では存在感が薄かった。続編以降の顔見世程度だった。

☆☆☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。




  • 顔アイコン

    今ならDVDですね??ファイナライズを忘れて途中で切れたとか??(笑)。これはダメダメダメです、、貞子に言われても結子に迫られても見ません!

    guch63

    2015/8/26(水) 午前 6:58

  • 顔アイコン

    ホラー好きなのに、呪いとか祟りとか幽霊が出てくる話は苦手なので、まだ観てないんですよ(汗)。

    tosa

    2015/8/26(水) 午前 7:47

  • 顔アイコン

    > Genaさん>「リング」は未見でしたが、ようやくオリジナルの1作目を見ました。「らせん」とセットだったようですね。

    「貞子3D」なんていうのも、劇場だったら、立体的で迫力がありそうです。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 7:56

  • 顔アイコン

    > WANTED222さん>この映画で、”貞子”のキャラが、のちのちまで続いていますね。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 7:58

  • 顔アイコン

    > みんけんひでさん>松嶋菜々子は、この映画でメジャーになって、その後テレビドラマで人気を博していきましたね。

    パチンコCRというのもあったようですね(笑)。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 7:59

  • 顔アイコン

    > ギドラキュラさん>テレビ「リング 完全版」ですか、面白そうですね。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 8:01

  • 顔アイコン

    当時小説も全部読んだ作品ですね。救いのない、ジャパニーズホラーのさきがけのシリーズ、これと、「らせん」を一人夜に見ていたら、こわかったです(^^)
    今度「呪怨」の伽耶子と対決らしいですね。
    TBお願いします。

    atts1964

    2015/8/26(水) 午前 8:28

  • アバター

    これは見ようとは思いません・・・
    ☆オールポチ☆

    レイ

    2015/8/26(水) 午前 8:30

  • 顔アイコン

    > guch63さん>竹内結子は、チョイ役でしたが、全作品鑑賞を目指しているので良かったです。

    アメリカ版「リング」はいかが?(笑)。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 8:36

  • 顔アイコン

    > tosaさん>ホラー好きでも、見逃していましたか・・・。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 8:36

  • 顔アイコン

    atts1964さん>一人で「らせん」とセットで見たら怖かったでしょうね。

    私は「エクソシスト」がそうでした(笑)。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 8:37

  • 顔アイコン

    レイさん>こういうホラーは、一定の根強いファンはいますが、受け付けない人も多いです(私もそうでした。笑)。

    ☆オールポチ☆感謝。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 8:38

  • 「リング」vs「呪怨」の映画は、調べたらエイプリルフールのネタだったようですね。

    [ みんけんひで ]

    2015/8/26(水) 午前 9:02

  • 顔アイコン

    > みんけんひでさん>引っ掛けられた人もいたのでは・・・。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 9:25

  • とゆうか先日上映の「呪怨ファイナル」の最後に宣伝って、もはやエイプリルフール関係ないし、ひょっとして「瓢箪から駒」なのかな?

    [ みんけんひで ]

    2015/8/26(水) 午前 9:28

  • 顔アイコン

    > みんけんひでさん>ネットで見る限り、来年に映画『貞子VS伽椰子』2016年公開決定とありますから、激突が見られそうです。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 9:38

  • この映画はある意味衝撃でしたね!
    現代的ホラーの先駆け?

    MARUMA

    2015/8/26(水) 午前 10:29

  • 顔アイコン

    > MARUMAさん>日本のモダン(現代)ホラーの原点のような作品でしょうね。

    fpd

    2015/8/26(水) 午前 10:57

  • 顔アイコン

    松嶋さんも竹内結子さんも中谷美紀さんも、みんな演技がド下手くそで初々しかったですね
    恐怖のビデオの映像はなかなか怖くてよかったです
    もう少し内容を掘り下げて欲しかったですけれど、そういう映画ではないのでしょうね(笑)

    トラバお願いします♪

    ベベ

    2018/5/20(日) 午後 4:38

  • 顔アイコン

    > ベベさん>今をときめく女優も演技が下手な時代があったのがわかりました(笑)。

    TBありがとうございます♪

    fpd

    2018/5/20(日) 午後 9:04

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事