ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示

イメージ 1

松たか子の初主演映画「四月物語」(1998)を見た。
岩井俊二監督作品で、67分という短い映画だが、爽やかな瑞々しい青春映画となっている。

イメージ 3若々しい松たか子がいい〜い!

松たか子は、1996年の「ロングバケーション」1997年の「ラブジェネレーション」のドラマですでに人気を不動にしており、1996年には、史上最年少(19歳)でNHKの「第47回NHK紅白歌合戦」の紅組司会に抜擢されるほどだった。1997年には歌手デビューを果たしている。

ストーリー:
四月、桜が満開の季節。
家族に見送られて、東京・武蔵野にある大学に通うため、北海道・旭川市から上京してきた楡野卯月(にれの・うづき、松たか子)。

慣れない土地で独り暮らしを始める。おとなしい性格の彼女は、ズケズケとモノを言う変わった性格の友人・佐野さえ子(留美やアパートの隣人の北尾照子(藤井かほりなど、個性の強い人々との触れ合いの中で、次第に心を開いていく。

だが、そんな卯月もさえ子に大学の志望動機を聞かれた時だけは、思わず言いよどんでしまった。実は、卯月には人に言えない不純な動機があった。それは、高校時代に憧れていたひとつ上の先輩・山崎(田辺誠一と同じ大学に通いたかったからだ。

山崎を追って上京してきた卯月は、彼がバイトをしている「武蔵野堂」という本屋に頻繁に通うようになる。ある日、山崎はついに彼女のことを想い出してくれた。卯月は、都会の片隅で愛の奇跡を信じるのであった。

・・・
映画の中で、”劇中劇”として「生きていた信長」という時代劇映画を卯月は、数人の観客の中で見る。映画は、本能寺で殺されたのは信長ではなく家康だったという設定の映画だった。劇中劇で侍を演じていたのは江口洋介伊武雅刀など。

卯月の座っていた座席の近くにいたサラリーマン風の観客(光石研)が、空き缶を下に落としたふりをして、徐々に卯月に近づいてきたので、カバー付きの本を席に置いて、その場を逃げ出してしまう。自転車で逃げる卯月を追いかけてくる男は、忘れ物だと言って、自転車の前かごに本を投げ入れるが、卯月はひたすら自転車をこいで立ち去った。都会は変な人間(痴漢など)がいると思ったことだろう。

それは1年前。卯月が高校3年に進級した時に、片思いだった山崎先輩が東京に行ってしまったのだった。先輩は、伝え聞くところ「武蔵野大学」という大学に入ったらしい。どうやら有名大学らしい。

卯月も、国木田独歩の「武蔵野」という本を読んで、その響きに惹かれたこともあって、武蔵野大学(映画の公開時は、架空の大学名で、のちに同名大学ができた)を受け、合格した。

卯月のナレーション:「担任の森山先生は、出来の悪い私が大学に受かったのは
”奇跡”だというが、これは”愛の奇跡”と呼びたい」と期待を膨らませる卯月だった。

映画の冒頭、卯月を見送る両親役に松本幸四郎藤間紀子 兄の市川染五郎姉の松本紀保など、実の家族が特別出演している。ほかに、塩見三省津田寛治など。

イメージ 2初めて一人暮らしをする、どこにでもいそうな女子大生を、自然に演じる松たか子の演技が光っている。特に事件もおこらないが、クラブ活動か、学生同士の自己紹介のシーンなどがリアル。

中には「帰国子女です。」という女子もいて「英語はできるの?」と英語で話しかけてきた男が、デートを申し込んできたが、「タイプではない」と流暢なネイティブ英語で返されるシーンもいい。

卯月の自己紹介の順番になると「北海道旭川の出身です。性格は明るいほうだと思います。趣味はレコード鑑賞です」だった。のちに「釣りサークル」に誘われることになる佐野さえ子は「なんで、この大学に来たの?」としつこく聞いてきたが、「うーん」と返答に窮してしまう卯月。確かに楡野卯月という名前は覚えにくいが、「名前はなんだっけ」と何度も聞いてくる佐野さえ子は、かなり変人だった。

引越し業者が、アパートに荷物を運び込むシーンで、卯月も手伝いたく、何か自分でも手伝えないものかとうずうずするするのだが、なかなかタイミングが合わず、体をよけたりする動きが面白い。作業員からみれば「手伝わなくてもいいから邪魔をしないでくれ」と言いたくなるだろう(笑)。

狭い部屋に荷物がいっぱいになり、運送作業員の一人が、ベッドがあるのだから、布団2枚はいらないでしょう、と勝手に発言。すると、ほかの作業員は「お客さんが来た時など必要でしょう」というと、別の作業員は「いらない、いらない。俺の場合はいらなかった」というのだ。お前の事など誰も聞いていない(爆)。

気楽に見られて、後味のいい映画だった。松たか子のための映画と言える。
Gyaoの「昭和TV」で配信中。

岩井俊二監督作品と言えば「Love Letter」のほか「リリィ・シュシュのすべて」「花とアリス」などが有名だが、現在、最新作「リップヴァンウインクルの花嫁」(2016)が公開中。

☆☆☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。

  • この映画は、今は無き「蠍座」で、「打ち上げ花火、上から見るか?下から見るか?」と
    一緒に上映されてて、観に行きました♪
    確かに松たか子が、初々しかったですね( 〃▽〃)

    Gena

    2016/4/9(土) 午前 0:10

  • 顔アイコン

    > Genaさん>松たか子も20歳くらいで、もうしっかりした演技でしたね。

    fpd

    2016/4/9(土) 午前 0:12

  • 顔アイコン

    迷うじゃないですか、、、”買い”っですか??”雨月物語”や”東京物語”とセットで買いますかね?

    guch63

    2016/4/9(土) 午前 6:51

  • 顔アイコン

    > guch63さん>同じ「〜物語」でも、横綱と十両の違いがありますから、「四月」はいらないでしょう。

    「東京〜」は「アラバマ〜」「愛情〜」クラスですから(笑)。

    fpd

    2016/4/9(土) 午前 7:49

  • アバター

    ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
    今もかわいいですけど、こうしてみるとやっぱり若いときはもっともっと可愛いですね〜〜(笑)

    ☆彡オールポチ☆彡

    レイ

    2016/4/9(土) 午前 9:06

  • 顔アイコン

    > レイさん>初々しい若さがありますね。

    ☆オールポチ☆感謝。

    fpd

    2016/4/9(土) 午前 9:12

  • 顔アイコン

    最初に松たか子を見たのは確か「古畑任三郎」のTVシリーズだったような。
    実に「フツー」の女性にしか見えませんでした。
    そのごの活躍は予想できませんでした。
    本作でも、彼女の初々しさが見られそう。紅白の司会をしたのは10代だったのですね〜
    凄いです♪

    alf's mom

    2016/4/9(土) 午前 10:42

  • 日本映画で、「四月」が付く映画って、結構ありますか?
    僕は「四月怪談」を思いついたんですが。

    MARUMA

    2016/4/9(土) 午後 6:09

  • 顔アイコン

    > alf's momさん>近年の活躍ぶりがすごいですね。

    fpd

    2016/4/9(土) 午後 8:05

  • 顔アイコン

    > MARUMAさん>あまり思いつかなかったです。

    fpd

    2016/4/9(土) 午後 8:06

  • 顔アイコン

    この当時の岩井作品はリリカルな青春映画が多くて観賞後の心地よさもあるのでついつい再見してしまいますね。
    本作も既に4回見ています。(DVDを持っている事もあって)
    TBします。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2016/4/9(土) 午後 9:29

  • 顔アイコン

    > ひろちゃん>4回も見ていますか。

    松たか子が素朴で、初々しいですね。

    fpd

    2016/4/9(土) 午後 11:49

  • ちらっと家族総出演(^_^)
    これ短いけれど好きな作品です。淡い感じのショートストーリー、若い松たか子がみずみずしい。
    後ほどTBお願いします。

    atts1964

    2016/4/10(日) 午前 9:50

  • 顔アイコン

    > atts1964さん>松たか子が、みずみずしかったですね。

    fpd

    2016/4/10(日) 午前 9:52

  • 顔アイコン

    『四月物語』は4月2日〜8日まで、早稲田松竹で『Love Letter』『PICNIC』で上映していました。
    先月、目黒シネマで『東京日和』(1997:竹中直人)を再見しました。主演の中山美穂と入れ違いに出演していた松たか子を見て、中山美穂に雰囲気が似ているなと思い、『Love Letter』と『四月物語』を想い出し、岩井俊二はさすがだなと思いました。あるいは『東京日和』で使った竹中直人が凄いということか、、、。
    ナイス&村クリック!

    ぴくちゃあ

    2016/4/10(日) 午前 10:16

  • 顔アイコン

    > ぴくちゃあさん>名画座で、かつての作品を上映しているのはいいですね。「Love Letter」は未見で、見てみたいですが。


    ナイス&村クリック!感謝。

    fpd

    2016/4/10(日) 午前 10:22

  • 顔アイコン

    「武蔵野大学」は何となく、一橋大学のイメージですね。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2016/5/30(月) 午前 11:50

  • 顔アイコン

    > ひろちゃん>そんなにレベルが高い?大学ですか。

    fpd

    2016/5/30(月) 午前 11:56

  • 顔アイコン

    墓所的にはです、あと、岩井監督の出身大学である横浜国大のイメージですかね。

    [ ひろちゃん2001 ]

    2016/5/30(月) 午後 0:03

  • 顔アイコン

    > ひろちゃん>地理的には、国立市辺りにあるという雰囲気ですね。

    fpd

    2016/5/30(月) 午後 0:31

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事