ここから本文です
fpdの「映画スクラップ帖」 (名作に進路を取れ!)
★「9月1日から「はてな」ブログに移りました。https://fpd.hatenablog.com/

書庫全体表示

イメージ 1
イメージ 2
ノルウェイ映画「イエスタデイ」(原題:Beatles, 2014,日本公開2016)を見た。ノルウェーを代表する作家ラーシュ・ソービエ・クリステンセンの小説を基にした青春ドラマ。
 
10月にダニー・ボイル監督の「イエスタデイ/Yesterday」(2019)が公開されるが、そちらは「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまったとしたら?というユニークな設定をもとに展開していくドラマ作品。ザ・ビートルズの名曲と共に、音楽、夢、友情、そしてこれらすべてに対する深い愛を描いていく。
 
・・・
ノルウェイ版は、ノルウェーの首都オスロに住む高校生4人組がビートルズに憧れてバンドを結成しビートルズのメンバーに自分たちを重ね、恋に冒険に熱中する姿を描いている

ビートルズ「イエスタデイ」のほか「レット・イット・ビー」など数々の名曲が登場。またノルウェー出身のバンドa-haマグネ・フルホルメンが音楽監督を務め、オリジナルスコアを手がけている。
 
・・・
1967年。ノルウェーの首都オスロに住むセブ、グンナー、オーラ、キムの高校生4人組はビートルズに憧れ、それぞれビートルズのメンバー4人の名前を自分たち重ね合わせていた。LPレコードなどが時代を感じさせ郷愁をそそる。

イメージ 3
 
ライブに出ることを夢見て倉庫でビートルズの曲を演奏したり、隠れ家でビートルズのアルバムサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドを聴いて衝撃を受けたりと、4人はいつも一緒だった。

イメージ 4
         キム(左から2人目)と3人の仲間たち

ポール・マッカートニーの髪形を真似ているキムは、ある日、映画館で「その男ゾルバ」を見に行った帰りに、隣に座った見ず知らずの女の子にキスされる。それ以来、彼女が誰だかわからないまま、架空のラブレターを書くのに熱中する再開できないかと、「その男ゾルバ」の映画を5回も見に行く。
 
イメージ 5

その一方で、ヘビに襲われそうになっているところを助けた転校生のニーナ写真↑)にも惹かれていくニーナは、高級住宅に角高級車で送り迎えをされているお嬢様。あるとき、架空のラブレターをニーナに見つかってしまい、4人組が演奏中に、まさかの映画館であった女の子が目の前に現れ、ニーナはその場を去ってしまうのだが・・・。
 
・・・
主人公のキムが、何をやってもうまくいかず、無力な自分を責め、家の部屋にこれまで壁に張っていたポール・マッカートニーなどのポスターを破ったり苦悩する姿は、誰にでもある青春の一ページか。
 
ほろ苦い青春ドラマだが、映像がアメリカに対する戦争反対のデモなど1960年代の時代を鮮やかに映し出している。


☆☆☆


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。

  • 79年制作・81年日本公開の「イエスタディ」も見ましょう♪

    日本公開版だけにニュートン・ファミリーの「スマイル・アゲイン」が挿入されています。

    見られるのかな?(笑)

    ギドラ

    2019/8/31(土) 午前 3:32

  • 顔アイコン

    > ギドラさん、「イエスタディ」を検索すると、何種類も映画が出てくるので、混乱します♪

    10月には同名の新作も公開されます♪

    過去の作品も観てみたいですね。すべてビートルズ絡み?(笑)。

    fpd

    2019/8/31(土) 午前 8:53

  • 1979年の「イエスタディ」は好きな映画です。
    「スマイル⋅アゲイン」も印象的な曲でした🎵

    ビートルズ絡みではないです。

    [ 熊本ミノル ]

    2019/8/31(土) 午前 10:50

  • 顔アイコン

    > 熊本ミノルさん、「イエスタデイ」は前の投票時に話題になった作品ですね♪

    fpd

    2019/8/31(土) 午前 10:58

  • ビートルズと云うグループの存在感って?

    MARUMA

    2019/8/31(土) 午後 8:06

  • 顔アイコン

    > MARUMAさん、ビートルズ世代としては、歴史に名を残す超大物グループですね♪

    fpd

    2019/8/31(土) 午後 8:22

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事