クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

クロールライブレポート

すべて表示

「croll sings standerds」

どうもクロールです。ご無沙汰です。

しばらく鳴りを潜めなければいけない状態でして、ブログもホント久しぶりです。
何故鳴りを潜めなければならなかったのか?は、昨日ライブに来ていただいた方だけお分かり・・。そうです、昨日はライブだったのですよ。

イメージ 7


4月8日ビーフラットにての「croll sings standerds」、ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
普段と違い女性客が多かったのは、単にビーフラットさんの作って下さった渋いフライヤーのおかげと感謝!


イメージ 1

4月8日「croll sings standerds」 セットリスト

一部 ピアノ弾き語り
1 Deep Night
2 1908年横浜の夏
3 Tower 
4 コッペリア
5 おくしゅり
6 代官山

二部「croll sings standerds」(ゲストプレイヤー武田健 田村潔)
1 Moon river
2 Smoke gets in your eyes
3 Just the way you are
4 When you wish upon a star
5 My favorite things
6 What a wonderful world
アンコール L-O-V-E

昼寝が過ぎてリハ遅刻。
1部の衣装を家に置き忘れ、誰もが欲しがっている世界に4着しかない「ななこスエット」で登場。
こんなにリラックスした気持ちでライブ出来たのははじめてかもしれません。

イメージ 2
「なのだ!」を背負ってたのは写真を見てはじめて気づきました。(笑)



今回特筆すべきはタイトルでもある「croll sings standerds」。
古いスタンダードナンバーを歌う。
しかもゲストプレイヤーを迎え、自らのトリオで!

イメージ 3
う〜わ〜〜〜、演奏してないじゃん!しかしこのライブを物語るような一枚(笑)。


私のピアノは私だけのものとずっと思っていました。
時にお客さんを置き去りにしても、自分の正解を求めるのなら構わないとさえ考えていました。
そんな意固地に手を差し伸べてくれた今回の二人。

イメージ 4

本当は今回のライブは中止にしようと考えていました。
ちゃんと言わなければと決心して店に出向いた日、田村氏は私の美学をも吹っ飛ばす一言をくれました。
それをここに書くと安っぽくなり、田村氏の株を上げてしまうことになるので伏せますが(笑)、そんなこんなの成り行きで、私のライブに田村氏がベースで参加する形となりました。

イメージ 5

どうせならもう一人絡みたい人がいました。
喪に服すような私のライブと正反対で、がややツッコミが飛び交うライブをやってのけるサックスプレイヤー、武田健さん。
お互いビーフラットにて客として会う事はあれど、音楽に関しては全くの未知数。
今だから言えますが、武田さんがOKしてくれるとは夢にも思いませんでした。(笑)


音楽的にうんぬんだとか技術とか能力とか関係なく、昨日は本当に楽しかった!
自分のピアノは全然未熟で、譜面使ってインタープレイなんてまるっきり出来なくて、決して信頼できるメンバーでもなく(笑)、自分のことにいっぱいいっぱいで、それでも歌うことがこんなに気持ちよかったのはこの二人のおかげです。
自分のピアノがはじめて人を繋いだ瞬間を楽しんでいました。

イメージ 6


MCで思わず言ってしまったのは、名残惜しかったのです。
来年、今回より一歩踏み出せるようになってもう一度この3人でやりたいです。
自分の音楽がいつまで続くのかは分かりませんが、昨日はその一過程。

「何が出来るか?」ではなくて「今何がしたいのか?」
そんなことを改めて考えさせてくれたライブでした。

いらしてくださったみなさま、ホントにありがとうございました!





.


みんなの更新記事