クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト ]

一体どこのテレビ局でCS戦は放送してたんだい!?
てなわけで、インターネットで野球中継見てました。
始めての観戦手段でしたが、そこそこ面白かったのでヨシとします。
最終戦いい試合でした。
来年はリーグでトップに立っていただきたいものです!

昨日は午前、家でピアノ弾いていました。
「音楽の天使」が空から舞い降り(一人はーちゃんがいた)20年に一度の名曲が産まれる瞬間でした。
すると突然の轟音!
ビックリして空みたら自衛隊機がお構いなしに空を闊歩していました。
「航空祭だから仕方ない」
ってわけですかね?
一度浜松市役所の前で腕利きのパンクバンド連れてきてライブしてみたいと考えました。

結局20年に一度の名曲はできませんでしたが(笑)、それなりのそこそこの歌が出来ました。
そして、そのそこそこの歌を披露できるライブも決定しました。
12月11日、半田山ビーフラットです。
今回ご一緒するのはこの方!

イメージ 1

BIN&Kanacoのお二人です。

私自身ソロの出演なので今までユニットやバンドさんは敬遠していたのですが、どうしてもビーフラットにてのお二人を観てみたく、今回オファーさせていただきました。

昨日は飛行機の音ですっかりご機嫌悪くした私は、電車でプレ葉へ。
浜名湖フォークジャンボリーPRライブにてのお二人です。
先週のやらフェスでも感じた素晴らしさは、Kanacoさんのボーカリストとしての姿勢です。

以前は緊張なのかなんなのか、持ってるものを発揮できない、いわば「ムラがある」歌い手さんの印象がありました。
ホント失礼なこと言うクロールです、BINさんに怒られるのは覚悟の上です(笑)。

ここんところのBIN&Kanacoはお互いの信頼がライブに表れています。
BINさんが以前からギターが上手く私なんぞは文句のつけようのないお方ですが(笑)、ユニットとなると話は別です。
歌唱力、表現力、もちろん大事ですが、人前で歌う限り必ず持たなければならないものがあります。
ライブ前にどれだけめそめそしても、ステージで歌う「覚悟」です。

「この二人でしか届けることのできない歌」

私の中で「BIN&Kanaco」さんはそんなユニットになりました。
これでオリジナルなんか作って歌った日には・・・って考えると怖いので考えないようにしています(笑)。


ライブタイトルは「かつて降った雪の足音」です。
おそらくお二人は冬の歌を選んでくるであろうという予測の元、深く考えず決めました。
私も航空祭で邪魔されたそこそこの歌をグレード上げて育てて歌いたいと思います。
12月11日、19時半からです。
皆様のお越しをお待ちしております。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事