クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト ]

昨日は浜松街中でブルースフェスが行われていた模様ですね。
なんやら私に似たベーシストの方が出ていたらしく、「クロさん出てた?」と幾人から連絡がありました。
他人の空似です。

私はそんなポピュラリティあるイベントには誘われませんし、ブルースもそんなに好きではありません。
私と勘違いされたベーシストの方、心よりご愁傷様です。

さて、そんな日曜日、私は何をしてたかというと・・コレです!!

イメージ 1

「あれ?職人市場の土曜日も観に行ってなかった?」と言われそうですが、昨日も再び観に行きましたよ。
それほど今までのプリキュアシリーズの中でも最高傑作の映画でした!

序盤の短編「キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン」。
ねんどろいどみたいなキュアミラクルの表情の可愛いこと!
本編前に映画館で子供たちが緊張しないようにという配慮の短編ですので、物語は至ってシンプル。
ですが、途中一瞬歴代のプリキュアが登場するなどサプライズありで、ファンも子供たちも大喜びでした。

イメージ 2

レビューしたいのですがあまりにも素晴らしく、無情な私もさすがにネタバレをためらいます。
後半の戦闘シーンは息をのむ凄さでした。
ミラクルとマジカルの変身パターンは4種類全て出ます。
それも凄い意表を突いた形です!超感動です!!

3人のそれぞれの個性も存分に活きてました。
未だかつてなかった「口臭いプリキュア」!
それも又可愛らしく面白かったです。

イメージ 3



不器用でうまく言葉で伝えられない「みらい」。
ツンデレだけどとてもやさしい「リコ」。
頭の中お花畑だけど勝手に皆を励ましてる「はーちゃん」。

プリキュアになる3人は普通の子です。
それでも最後まであきらめることなく、生身のままでも勇敢です。
プリキュアの強さは能力的なものではなく、きっと守りたいものの為に頑張る意思なのです。

イメージ 4


来年のプリキュアが決まりました。
毎年このニュースはプリキュアファンを一喜一憂させるのです。
「来年もプリキュアがある」という「喜び」と、「今のプリキュアとのお別れ」を告げる「憂」です。

泣いても笑っても3か月後「魔法使いプリキュア」は最終回を迎えます。
お願いですから「モフルン」がただのぬいぐるみに戻ってしまうような終わりにならないよう、プリキュアファンは祈り続けています。
まだ3回は見たい映画です!!




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事