クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ほんと最近はライブを観に行かなくなりました。
正直「見たい!」と思えるものが減った気がします。
そんな状況下、日曜日「これは見ないと損するぜ!」と思わせるライブがありました。
尊敬する「児玉商店」様企画の「アコ彩ライブ」というものです。

会場は萩丘にある「ROBANOMIMI(ロバの耳)」さん。
普段はエスニック料理店であり、2度ほど食事に行ったことがあります。
イベントをやっているのも風の便りで伺っていましたが、実際観に行くのは初めてでした。
今回の出演は「児玉商店」「村松克子」「WoodyBell」さんと、私の大好きなアーティストさん目白押し!
この3組の出演は、私にとって「プリキュアオールスターズ」並みの面々なのです。

イメージ 2

「児玉商店」さんです。
ツッコミどころないハロウィンの角は必要なかったと思います(笑)。
フォークソングは嫌いなんですが、児玉商店さんのフォークソングが大好きです。
しかし、ご本人様はとても謙虚なお方で、そんなこと言うと困惑して「オコ」してしまうかもしれません(笑)。
決して威圧感やゴリ押しをしないのんびりしたお二人の空気は、私にとって憧れでもあり、決して真似できないところでもあります。

そんな「児玉商店」さんと共に、私にとっての「フォークソング2大スターユニット」がいます。

イメージ 3

「Woody Bell」さんです。
こんな2大スターの共演、行かないわけにはいきません!

「児玉商店」さんが日本のフォークソングなのに対して「Woody Bell」さんはアメリカンフォーク。
そして私自身、フォークソングは嫌いなわけで(笑)、なのにこのお二組の演奏はいつ聞いても心地よいのですから不思議です。
そして「Woody Bell」さんも謙虚さは児玉さん以上であり、あまり褒めるとこれまた「オコ」去れちゃうかもしれませんが(笑)ホント大好きなアーティストさんです。

イメージ 4

このお方は「オコ」ではなく「二胡」です(笑)。
村松克子カーチャン、これまた私の大好きなキャラであり大好きな音を持っているお方であります。

克子カーチャンの選曲はいつも必ず1曲、私の大好きな曲が含まれるというこれまた不思議!
この日も私が愛してやまない涙腺直撃の映画音楽をやってくださいました。
そしていつも陽気で元気なお姿、この日も楽しゅうございました!

イメージ 5

今回初めて拝聴した「グレートG」さん。
タブラとシタールの演奏です。
中々お目にかかれる楽器じゃございません。

いやらしい話ですが、この日のライブにチャージはありませんでした。

お店ですので食事などを注文し、それをいただきながら(タダで)ライブを観るというものです。
この日はモロッコの料理「タジン鍋」をいただきました。
あっちの料理特有の臭みなどなく、とても美味しゅうございました。
そんなエスニック料理を食べながら聴くインド音楽は格別!
チャージ払う分、デザートでベトナムプリンもいただき、それでもお会計2500円。
もうなんというお得感でしょうか。

イメージ 6

児玉さん企画らしい和気あいあいとしたライブでした。
お店のアットホームな感じと相まって、お腹いっぱい&気持ちもホカホカなる時間でした。

ただ上手な演奏や希少価値ある演奏、人気あるアーティストを聴くことが贅沢ではないと思います。
「まぁゆっくりしてってよ。。」的なのんびりした音楽を、そっと傍らに置くという楽しみ方。
それも贅沢だと思います。
良いライブでした!

しかし、なんであのお二組のフォークソングは良いのでしょうか?
帰ってYoutubeとかで児玉さんの、Woody Bellさんの演奏している原曲を聞いたりもするんですが、やっぱり全然オリジナルよりも良いのです。
私にとっても大きな謎なのです。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事