クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
ビースペースにての「男祭り」、思惑通りルゥさんも泣いて(笑)無事終了です。
ご来場くださった皆様、ホント楽しかったっす!ありがとうございました!


実を言うとこのライブ、一度は辞退しようか?と考えていました。
オファーいただいたのは昨年、「ピアノ」がある会場ということで承諾いたしました。
そのお店が閉店となり、今回の「男祭り」はこのビースペースさんに変更となりました。

私にとって「キーボード」と「ピアノ」は全然違う楽器です。
「ピアノじゃなきゃ弾かない」という私に、ルゥさんもさぞかしその件は言いにくかったと思います。
「店にクラビノーバがあります」と連絡いただいて、即答は私も出来ませんでした。

それでも今回は「男祭り」!
「ピアノじゃなきゃヤダ!」なんて、4の5の言ってちゃ男が廃る!
そう思い4日後(それでも4日ウジウジ考えていた)、改めて出演承諾したのでした。


とはいえやっぱり不安です。
家で練習しようにも、「果たしてどんな音色なのか?」「鍵盤のタッチはどんなだ?」などが頭をよぎり、やる曲が決められません。
意を決して店に出向くも閉店状態(笑)、とりあえずどれでも出来るようにと10曲ぐらい一通り練習してました。

昨日の本番、早いとこ会場に行きたくてしょうがありません。
予定入り時刻より1時間早く会場に、ありがたいことに機材セットしてるO澤さん(伏字になってね〜)の邪魔しながらクラビノーバ試し弾き。
案外悪くない、タッチも変な感じがしない、残る課題はモニターの返りだけでした。

クラビノーバは電子ピアノですので、本体から出る音はピアノと違いボリューム調節します。
ピアノの場合、本体からなる音が元々でかいので、それを聞く癖がすっかりついてしまっています。
それが蔵日の場合、左側に置かれたモニターから調整された音が出るわけで、豆腐のような柔いメンタルを持つ繊細な私にとって(笑)、本番で鳴る音というのはとても重要なのです。

なんやかんやで本番が始まりました。
ド☆美味いというタコライスを注文しました。
まだセットが決められません。
9組の出演者、それぞれが20分のステージを軽やかに耳障りよく良い演奏を披露してくださったので、後半の自分の時間が近づくのはアッという間でした。
そして運ばれてきたタコライスはやはりド☆美味かったのでした。

私の前でK様出演のあたり、私はようやくやる曲を決めました。
思えば今年最初、そして50になって最初の歌です。
今回誘ってくれたルゥ様と、音響のO澤様を信じての1曲を選びました。
よほどコンデションが良くなければ歌えない1曲。
しかし、その直後にサービスとなるお汁粉がテーブルに運ばれ「これ今食べたら歌えねぇな。。」と、一瞬セット変えちゃおうか?とも考えたりしました(笑)。


イメージ 2
ふぉとばい、しま〜様。今年もよろしくお願いいたしま〜す!

持ち時間すべて使う15分の1曲、「Joker(#3)」です。
音響トラブルなんてあった時にゃ一発で終了、自分のテンションも途切れたら終わりの恐怖の1曲。
ここんとこ忙しくって私のライブに来てくれないルゥ様、「今私はこんな音楽を目指している」という指針を込め選びました。
とはいえ、家の練習では1番やらなかった曲ですが(笑)。


こんな私でも誘ってくれる人、歌わせてくれる場所があります。
「場違い」なんてことは考えません、そこでプレイするのは自分の他ないのですから。
今回の「Joker」、とんでもなく長い歌に皆さんの疲労を増幅させたかもしれませんが、そんな私を誘ったのはルゥさんですのでその責任の7割はルゥさん持ちです(笑)。
なにはともあれ、お知り合いのお仲間さんにも沢山会えました、はじめましての人も、今の私を見ていただけました。
「男祭り」参加できたことを心より嬉しく思います!

さて、次回ライブはこちら!
イメージ 3
今度の日曜夜です。
今日会場に下見行きましたが、色んな意味で凄いピアノです。
どんな色になるのか?今からワクワクもんです!




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事