クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

8月13日,ビーフラットにての「Rock in B♭」。
まずはお礼まで。
というより、お礼以外ありません。

イメージ 2

静岡からのJustice!
いろいろ大変で忙しいにも関わらず、怪しい私の3年越しの企みにまんまと乗ってくれてホントありがとう!
お互いいろいろあったけど(笑)、己を知って模索してのたうち回った甲斐があったよ。
どんな音楽をやっていてもJusticeはJusticeでいてくれたのが何より嬉しかった!
涙出る位嬉しかった!ホントありがとう!!



イメージ 3

そしてTHE JASON BLUE-RAY!
バンドひとくくりじゃなく一人ずつ言いたい!

ドラムのゆうま、寡黙でおとなしくて煽りブッこむわけでもないくせに、前のめりのドラムは、THE JASON BLUE-RAYの欠かせないリズムであり「音」なんだ。
私がベースで入った本番、もつれつっかえる私はゆうま巻き添えに引っ掛けてやろうと思った時、一瞬ニヤッと笑ったな!
最高の笑顔だった。ありがとう、こんちくしょう!(笑)

レフティJKギタリストおたみ、JK+レフティってだけで武器なのに、そのマニアックな世界にオトンはすっかり打ちのめされましたよ。
こうしてライブが終わりもう逢うこともなくなると、あの悪趣味なはっぴ姿も可愛かったな等と考えるので不思議です(笑)。
前向いて行け!おたみこそが正義であり無敵だ!

そんでもってベースボーカルのショウ、俺の目に狂いはなかった!
THE JASON BLUE-RAYがヘッドライナーでなければできない、私の望む「Rock in B♭」だったよ。
物事は正解かハズレだけじゃ測れないけど、「やいやい、とんでもない日に見に来ちゃったな。。。」なんていうお客は一人としていなかったはず。
それよりなにより今回「全責任」を担った私が1番楽しんだ!
いや・・それよりウチの次女が1番楽しんだらしい。。すまん(笑)。

誰かの期待に応えることはない。
「ゆうま」「おたみ」「ショウ」の3人の、2017年8月13日の音をビーフラットで鳴らせたことを私は誇らしく思います。



本来なら「全責任ライブ」などと銘打つのはとんでもない間違いです、バカの極致でしょう。
お店は1回きりのイベントではありません。
一度の失敗が今後の取り返しのつかないことになったりもします。
それでもそんなタイトルを真正面に、私の想像の斜め上あたりに掲げてくれたビーフラット様、本当にあなたたちはどうかしています(笑)。

自分がミュージシャンであることさえさて置いて行われた「Rock in B♭」。
「プロデューサー」だの「マネージャー」だのなんて今回出演の彼らにとってはクソであります。
今回出演した彼らにとっても、私自身がミュージシャンで居続けることが私自身の未来です。


いらしていただいたお客様、いかがだったでしょうか?
オラオラに見えて誠礼儀正しい青年&少女にがっかりしたと言われるのではあれば謝ります(笑)。
音楽はカテゴリーでもなければ年齢でもない、ヒットソングを「後に続け!」とばかりに追いかけるよりその上を行くライブだったと私は自負します。

私たちは日常、仕事、家庭、様々な窮屈の中で生きています。
下げたくない頭下げたりもするでしょう。
言わないでそっと回避しようってこともあるでしょう。
だからこそせめて、本気で好きでやってることぐらい、真っすぐ「好き」にやりましょうよ!

それこそが今回のライブの醍醐味だったと思います(責任は全部私なんだけどね(笑))。









.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事