クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト ]

創る理由


イメージ 1

私の小説サイト、ネット小説「works」ですが、9月に「かっぱのななこ」の連載も終わり、今月から短編の作品を書いています。
東京に暮らす女の子の闇を書いたシリーズで、「かっぱのななこ」と違い、決して明るく楽しい話ではありません。
今後も報われない話のオンパレードになります。


そんな物語を「楽し〜!」って書いているわけではなく、ただただ悶々と精神的にも病んだ状態で書いています。

前作はイラストの力もあり、自分だけの作品ではないという踏ん張りもありましたが、今回は書きだすとお腹が痛くなるという体調不良もつきまとい(笑)、自問自答の日々です。

「なんでそんな思いして書いてるの?」

そこなんです。

「読者が期待してる」なんていうのはあくまで幻想で、世界に物書き私一人いなくなったところで何も変わりません。
確かに昨日公開した「文鳥ガール」が瞬時に小説ブログサイトで1位となり(自慢)、アクセスも多いのですが全体で見たらまだ100位あたりです。
そもそも、4年前に一度書くのを辞めた人間ですので(笑)、とっとと引き下がればいいのです。

でも書くのです。
今後書きたいもの、創りたいものに向けの「トレーニング」なのです。


詩を書くのと小説(物語)を書くのの大きな違いは「始まりと終わり」だと思っています。
詩の場合、メロディが言葉を支えるのを考えてそこらを自由に作れます。
小説の場合、起点と着地点が大事であり、それがないと「物語」にはなりません。

以前作った朗読作品「around the world」は、「詩」と「小説」、そのジャンルを融合させる大きなきっかけでありました。
「聞かせる作品」を「読ませる作品」に変えて、今のネット小説「works」がスタートしました。

今現在、私の中でその融合するものを創ることに興味全てが注がれています。


エッセイのように単純に読めて、読んだ人の心に毒を飲ませるもの。
毒の作用で再び読み直したくなるもの。


この「毒」を「音楽」の中にも含ませられないものが?と、私は謀っております。


イメージ 2

来月5日、ビーフラットにてのソロワンマンライブ「居飛車」が開催されます。
クロール以外出ない、しかもピアノオンリーのなんともインスタ映えしないライブです(笑)。

10話の物語をこのライブで「音楽」として展開してみようと考えています。
なにものにも囚われないライブだけは約束いたします。


私にとって「創る」ことが全てです。
更なる深いところに潜りたいのです。
それを真っすぐ表現できるのは自分です。

ビーフラットこそが私の土俵という自覚の元、濃縮された時間に多くの皆様がお付き合いいただけたら嬉しゅうございます。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事