クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全302ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


イメージ 1


先日行ったカンボジアで買わされた「Tシャツの形をした布」。
楽屋にてカッターナイフで躊躇なくザクザクと切る大木サキです。
この「Tシャツの形をした布」がこの日の衣装となりました。
みんなに配っちゃったので、残ってた「Tシャツの形をした布」は1枚でしかもMサイズ(笑)。

このライブをカンボジアの方々にも届けてあげたいです。

イメージ 2
ふぉとばい島貫様、ありがとうございました!


「MusicNetPark〜100回記念Special〜」。
主催のえいきさん曰く、「若い人々の発表の場、そして繋がりの場となるように」と、「NetPark」にはそんな意味があったのですね。
おかげで若い子ばかりでなく、こんなおっさんまでオマケで繋がってしまってます(笑)。
ステージ裏では居づようがなかったですが、ホント楽しい時間となりました。
えいきさん、あなたの目指す姿はカッチョイイです!ありがとうございました!

イメージ 3


今のHappiness labelへのウラ話を、メンバーへの多少の愚痴も含めお話しします。

今回新加入の「なおきち」。
4月頃、私んとこに「Happiness labelでベース弾かせて!」と直訴してきました。
本業ベーシストの私に「ベース弾かせろ!」とは、失礼極まりない言葉に私は唖然としました。
丁度なおきちが「彼女欲しい〜!」とかブッこいてた時期だったので、私は心配でした。
なおきちに下心がないか2時間にわたりチェック&オーディションをして私は加入を許しました。
実を言いますと、なおきちにベースを任せて、自分がサイドギターに回るのは思惑通りだったのです。

K1R氏のエレキギターは素晴らしいです、「ド変態」そのものです。
でも正直言ってアコギのKちゃんはどっか物足りないのです。
K1R氏にエレキを持たせて、私自身サキちゃんと二人の時にやってた「ノリ」を再びアコギでならやれるのでは?と考えたのです。
プレ葉でやった時の演奏は、実は私にとってノリだけ守るのに必死で、なんの余裕もありませんでした。

この日は朝=島田、昼=浜名湖、そして夜に窓枠という超過密スケジュールで動いていたすいかさん。
軽そうに見えて、恐らく音楽的なところは1番バンドの中で考えてくれる人です。
多くのパーカッショニストは音階のある楽器に対する指示がうやむやになります。
でも、すいかさんのパーカッションには弦楽器のような音階を感じるのです。
始まりの頃のHappiness label(私がリーダーだった頃)の3人でやったストフェスのライブでは、ギターに対して頼りになることこの上なかったです。


時々練習で私はイラッとします。
なおきちがフニャッとしたベースライン弾いたり、すいかさんが疲れのあまりへばったり、Kちゃんは8小節のソロを32小節ぐらい弾いたり(嘘)、大木サキはコード間違えても笑って済ませたりと。
それでも練習終わりにはサキママのお弁当が出て、全て帳消しになるのです(笑)。

18日のライブは最高に気持ちよかったです。

私にはないベースプレイをキッチリ魅せてくれたなおきち。
Kちゃんは「ヒカリ」で私の想像以上のソロギターを。
スタミナが心配だったすいかさんは、多分朝昼のライブはかなり手を抜いてくれたであろう(笑)体力温存振り。
そしてこんな上から目線で記事書いていても、やっぱりリーダーは大木サキ!
素晴らしい貫禄でした。

練習は私だけのものではなく、こうした一体感は5人いるから生まれるのです。
私は反省しました。
ホントこの4人と一緒に音楽やれることに幸せを感じました。

イメージ 4
K様。。。。


リーダーはこの日、新曲「僕らの旅」でギターを持ちバンドに参加しました。
新曲ですのでみんなセーノでのスタートです。
音源はヒロさんのアレンジされた形となっていました。
ヒロさんのアレンジはコードがとても拾いにくく苦労します、抗議に行こうかと何度靴はいたことか!。
「サキちゃんが入るのなら」と、簡単な構成、簡単なコードで作り直そうとも考えましたが止めました。
「ギターをぶら下げるボーカル」ではなく、ちゃんと一人の演奏者として参加してもらいました。

はっきり言ってめんどくさいコード進行です。
オマケに2番ではサキちゃんのギターだけの場面も作りました。(でも結局みんな心配でコッソリ弾いてやがった!(笑))。
いろんなことを笑顔でこなすサキちゃんも、今回は辛かったかもしれません。

我々は、完成したものを出す「発表会」をやっているわけじゃありません。
その会場その場所で、そのイベントの意味を感じて、そこに来てくれた人たちと向き合い演奏する。
それがライブなんだと思います。

結果、サキちゃんのギターはとても安定していて、偉そうこいてた私がしきりにコード間違えるという「僕らの旅」でした。ほんと申し訳ない!!
そしてギター置いて自分の課題を出し終えた大木サキの「てめえらついてこい!」的な怒涛の後半2曲は酸欠状態で「お客様の中にお医者様」を探してしまいました(笑)。

色んな縁でいろんな人と繋がり、いっぱい関わって私はとても楽しいです。
そして「縁」と言えば。。

イメージ 5


サキちゃんのギターはお母さんが使っていたギターです。
東海楽器の「キャッツアイCE-300」というギターです。
私と古い付き合いの方はお気づきでしょうか?

実はこのギター、私が高校生の時始めて買ったギターなのです。
30年の時を経て、再びあの音色に、そして一緒に演奏できるのも不思議な縁です。
これからも大事に使ってほしいと思います。







開く コメント(0)

こんばんみぃ、ゆるキャラ系パーテーオヤジ「クロール」です。


マムゼルさんのコーヒーカップはこじゃれています。
初めてカフェオレ頼んだんですが、シナモンスティックが付いてきて、それだけでウキウキ嬉しくなりました。

イメージ 1
ふぉとばいマシス様、たまにフラッと現れてお邪魔してご面倒いつもかけております!


前回のビーフラットではピアノの位置を変えられただけで、変に取り乱してしまうという、案外ナイーブなクロールです。
一つのライブを演るにあたり、いろんなイメージを描いて猛練習(?)して会場に乗り込みます。
そして土曜日のマムゼルさんにてもピアノの位置が昨年と変わっていたという状況。
当然文句は言いませんよ、ピアノ動かすのは大変な大仕事ですからね。
そしてマイクシールドが青だったという些細なことにも結構取り乱して、ベテランらしからぬ姿を見せました。

9月17日 149回フリーダムフォーク集会@袋井マムゼル セットリスト

1 DeepNight
2 代官山
3 JANOME

あああ、こうして写真見ると皆さんじっと聞いてくれているのがわかり恐縮です。
ワイワイと楽しいはずのマムゼルさんに、妙な静寂と緊張と不気味な空気を持ち込んでしまい申し訳ございません。
コーヒーカップ持つ際、トレイくっついてないか?とか、みなさんが物音たてないようにしてくださったのは背後から気づいておりました(笑)。
そんな暗いライブ仕出かしたにも関わらず、演奏後具体的な感想や歌の嬉しい評価など、はじめましてにも関わらず声かけてくださる方もいて嬉しい限りです。

この日はピアノ弾き語りの重鎮(などと書くと怒られるか?)黒岩先生がお見えになりました。
昔のヤマハコンテストのパンフレットを持ってきて、今大スターとなっているミュージシャンのデビュー前の貴重な資料をみんなでワイヤワイヤ見ました。
それこそ、私が中学生の頃ですよ。
まぁ、何はともあれ私の出番が黒岩先生の後で良かった。
これ逆だったらおそらく私は泣きながら脱走していましたよ。(笑)


私のピアノはいつまでも安定せず、感情の赴くまま、いろんなものを憑依させて悶えています。
改善しようと努力はしてますが、きっと直してはいけない部分、無くしてはいけない気持ちもあるのも解っています。
「憧れ」が自分の中で「自然体」になれるように
せめて歌の中だけでも、自由であるようにと思うのです。

おおやさんには届いたでしょうか?
まぁ、いざ終わってみればそんなことはきっかけでしかなく、この日も久々に会うお友達と楽しくお話しして帰りました。
参加できて良かったです、主催者様、そしてマムゼルさん、ありがとうございました!

P.S
秋山さん、中ホールのど真ん中で見守っていますよ〜。

開く コメント(0)

イメージ 1



10年前の10月8日。
森町の屋外イベントが私「クロール」のデビューライブでした。
作ったばかりの新曲「贅沢」を、カポつけ間違えてとんでもない失態のデビューでした。

見ず知らずの方ばかりの出演者。
そんな失態にもかかわらず、そのうちの一人の方が「今度うちらのやってるライブ出てみない?」と誘ってくれました。
その方はまだ芸名になる前(笑)の「弾夢弦気」さん。
誘われた場所は「袋井マムゼル」にての「フリーダムフォーク集会」でした。

そんなこんなで早いもんでもう10年ですよ。
今では野外ライブもオムニバスライブも疎遠となり、ビーフラットでしかめっ面で暗い歌歌うだけのソロ活動となっています。
でも、私は今の状況が1番居心地良いのです。

明日17日、1年ぶりに「フリーダムフォーク集会」に参加します。
去年の参加も9月でした。

3年前、音楽仲間の「おおやさん」がお亡くなりになりました。
沢山可愛がっていただき、歯に衣きせぬ意見も多くいただきました。
もっとも、そんな貴重な意見をすんなりと受け入れるほど私は素直ではありませんが(笑)。
そんな私の頑固さを、そのまんま受け止めてくれる大きな人でした。

私はおおやさんとの、ある約束を破ってしまいました。
きっと天国で「ホントバカだなぁ!」って言ってるでしょう。
店の1番奥のフカフカソファがおおやさんの指定席でした。

私自身が今していることを毎年マムゼルで披露したく、そしてせっかく出会った仲間と疎遠にならぬよう、例え「クロール」という名を終わらせる時が来ても、私は毎年9月に「フリーダムフォーク集会」と決めたのです。
マムゼルのピアノはいつも気持ちいい音を響かせてくれます。
今から楽しみです!

イメージ 2


翌日18日は「浜松窓枠」で行われる「MusicNetPark〜100回記念Special〜」に大木サキHappiness labelで参加します。
ライブ自体は14時(?)から、我々の出番は19時頃の予定です。
新メンバーとして「なおきち」が参加です。
ベースの座を奪われてしまったうえ、当日はリーダーもギター弾くということで私自身の存在意義が問われるライブです(笑)。

Happiness labelも気づけば結構な大所帯となってしまったもんですわ。
前売・予約…¥2000(+1ドリンク)、当日…¥2500(+1ドリンク)です。
予約される方は私でもいいですし、誰かとっ捕まえて連絡してくださいませ。





開く コメント(0)

カンボジア初上陸〜

イメージ 1

以前いただいたガジュマルの盆栽。
「とどどん」と命名し、順調に育っています。
これがカンボジアではこんなに成長するんですから驚きです!

イメージ 2


先週ですがタイとカンボジアへ行ってきました。
初日午後、3度目のタイ上陸。
用事だけ事務的に済ませ夕食に誘われました。
が!
今回のレストランは大外れ!
とはいえご馳走になる身なので文句も言えず、会食後そそくさとハッポン通りの屋台で食事。
タイのラーメンとチキンとビールを路上で食べて約100バーツ(日本円で330円くらい)
・・というか、ハッポンの屋台で食事する日本人の9割はお腹壊すらしいですが、私は今のところ無傷。

その後ハッポンの奥まった通りを歩いていたら、いきなりオカマの襲撃にあいました。
見たくもないオカマのポールダンスをウイスキー呑みながら見る羽目に。
かなりぼったくられる覚悟してたんですが、実際支払いは300バーツ。
その後、オカマの案内でコンビニで買い物。
仲睦まじいオカマとの2ショットを、一緒に行った日本人に盗撮され、今後いろいろたかられる運命が待っています(笑)。

イメージ 3



翌日タイからカンボジアへ。
到着したホテルが高級リゾートホテルだったのにビックリ!
早速プールで泳ぐ。
一緒に行った20代の若造に競泳を挑む。

泳ぎには自信のあるクロールが3戦3敗!
後から聞いたら学生時代水泳部だったとのこと。
クロールがクロールで2馬身引き離されて無様この上ないです。


アンコールワットとアンコールトムを巡りました。
ガイドもついて「簡単に回りますね」って言われたが、開始1時間でリタイア。
またもや路上でビールをいただく。
「2ドル!2ドル!」と、Tシャツと呼ぶにはあまりによれよれへろへろな「Tシャツの形をした布」をしきりに売りに来る。
無視していたが酔いも回り、気が付いたら「Tシャツの形をした布」がギッシリ詰められたビニール袋を持ってました。
同時に財布から20ドルほどなくなっていました(笑)。

どっちがアンコールワットでどっちがトムだったのかさえもおぼろげです。

イメージ 4


とまぁ、そんなこんなで楽しかった旅行でした。

タイのハッポンで生業を立てる人々にしろ、遺跡の周辺で物売り物乞いをする人にしろ、私たちの暮らしとかけ離れた「幸せ」がその場所にあるってことに感動します。
貧しさ豊かさは決して「お金」だけで換算されるものではなく、時にだましてでも、空気読むことなくごり押しする人の逞しさがあります。
「可哀想」だとか同情する声もあるかもしれませんが、きっと人はどこでも「幸せ」を見つけられるのです。


「ソフトにやってね」って言っても首もげるほど乱暴な整体師も、「アイリーンって呼んで♡」って言われても「せめてひげ剃れよ!」としかツッコミできないオカマも、路上でお金をせびる子供たちも、水牛にひたすら餌を与えるおばさんも、兵隊さんも、足をなくしたストリートミュージシャンも、きっとみんな幸せなんだと思います。


旅の副作用なのか、ここ2、3日新陳代謝が良いです。
夜も良く眠れるようになってます。

お土産の「Tシャツの形をした布」は「バルンガ」そして「Happiness label」のメンバーにばらまきました。
「Tシャツの形をした布」のはずなんですが、大木サキが着るとちゃんとオシャレな「Tシャツ」になったのはビックリしました。
もっと輸入してくればよかったと後悔しています。



開く コメント(0)


台風による悪天候も予想されていましたが、無事な日でした。
ビーフラットさんにて行われた「9月の描歌」、シンガーソングライター「朋」ちゃんをお迎えして素晴らしい時間になりました。
ご来場くださった皆様、この日はソロクロール初見のお客様も多くありがとうございました〜!!

イメージ 1
ふぉとばい鈴木様、ただの「プリキュアの人」から逸脱できて一安心です!!(笑)


なんでモールさんにてのマンスリーライブや各地のイベントで、ここんとこメキメキ頭角を現しだした朋ちゃん。
普段はキーボードのライブですが、今回お誘いしたのは「ピアノ弾き語りの朋」を見たい!という私自身のわがままでした。

シンガーソングライターとして評価される肝心要なところとは、「愛用する楽器といかに向き合いアレンジするか」、という部分が重要だと私は考えます。
習ってきたことを根気よく、セオリー通りになぞることも大事です。
しかし、せっかく想いを込めたオリジナルが、「どっかで聞いたことある歌」と評価するバカチンもいることは確かです。

「朋」ちゃんのピアノはとても素直でまっすぐです。
この日の本人の衣装と一緒で(笑)飾ることなく、それでも丁寧に自分の歌を伝えようとする力を感じます。
これは初めて朋ちゃんの演奏を聞いた時と変わらなくて、私はとても嬉しくなりました。

5年ほど前、ライブハウスで歌う朋ちゃんを見たことがあります。
この日が初ライブぐらいの頃で、今と変わらず真っすぐでした。
そんな清々しさにライブ終了後声をかけたのですが、本人は超ド緊張&かなり混乱していて「私に話しかけないで!」的な応対をされました。
「この子は家帰ったら首吊ちゃうんじゃないか?」と、少し心配になりましたが(笑)、無事昨日一緒にライブ出来たことがホント嬉しいです。

幾度かここでも語ってますが、「ピアノ」と「キーボード」は違う楽器です。
お客様もいつもとちょっと違う「ピアノの朋」を楽しんでいただけたようで、誘ってよかったとホストとして大満足です。


イメージ 2



朋ちゃんの「大丈夫」という歌を心で口ずさみながらステージに立ちました。

9月4日 「9月の描歌(びょうか)」@ビーフラット セットリスト

1 JANOME
2 半分欠けた月
3 猫になった恋人
4 代官山
5 Joker#2
アンコール バンパイア

朋ちゃん目当てのお客様が多く、いつものビーフラットなのに結構なアウェイ感でした。

ピアノだけを使うライブだったので、本番前ピアノをセンターに持ってきてもらいました。
しかし、そんなちょっとした変化にもビビって調子崩してしまい、リハでは実は繊細なクロールのガラスのハートを冷やかされてしまい悔しいです。

そうなんです、余談ですが私はセンター苦手なんですよ。
バルンガでもどこでも、私の写ってる写真を見ていただけるとお分かりの通り、向かって左にいないと絶対ダメなのです。

本番一週間前、全てのセットを却下してやり直してました。
どんなセット持ってきても「正解」「不正解」などない世界なのに一体なんなんなんでしょうか?
結局本番直前にもセットを変えて、後はもう開き直り。
アンコールは「バンパイア」じゃなく「DeepNight」にすればよかったと、まだ後悔しています(笑)。

今回2回目の発表「Joker」。
実はまだ歌詞を作り直しています。
通して歌う度、「そんなのどうでもいいでしょ」ってところが気に入らず、この日もリハ終わった後書き直してました。

今回のライブは「9月の描歌」。
私たちシンガーソングライターにとって、作った歌は「書き終えた作品」であり、ライブは展覧会なのかもしれません。
私はこの日も常設すべき「Joker」という絵を持ち帰り、今もまだ更に色を塗り続けています。
完成する日は来るのでしょうか?
スペインにある「桜田なんちゃら」になるかもしれません。

未だかつてここまで作った歌に執着することはありませんでした。
15分に及ぶ歌「Joker」。
この歌をやらなければ、この日のセットももう2〜3曲増えたのです。
私自身も散々手を焼いていて「誰得?」って感じです。
でも「Joker」こそが私の今一番やりたい「理想」であり、今後挑戦していきたい「表現」なのです。

イメージ 3


ほんと相変わらずですがわがまま放題なライブやらせてもらっています。
そんな私の身勝手に価値を付けてくれるビーフラットさんには頭上がりません。

朋ちゃんは今月も大忙しのライブが続きます。
是非是非!足を運んでいただきたく私からもお願い申し上げます。
そんでもって9月18日の窓枠のライブは必見ですよ。
朋ちゃんは昼間ですが、夕方のライブも良いバンド出ますんでよろしくお願いいたします!(笑)





開く コメント(0)

全302ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事