クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日、仕事途中にお財布を買いました。
中身の入れ替えは仕事終わったらやろうと思い、助手席に買った財布をほっぽらかしておきました。
仕事が終わり車に戻ると助手席から財布がなくなっていました。
ドアも少し半開きだったので盗まれたものと思われます。
泥棒さんも中身なくてガッカリでしたね、ご愁傷さまです。(笑)

イメージ 1

こないだ音楽仲間のBINさんと話していたところ、BINさんがソロで活動して10年だということでした。
デビューしたての頃、私とライブご一緒させていただいたことを思い出しました。
ん?まてよ?
確か私もクロールと名乗る直前だったよな?
バルンガ公式HPで調べたところ、2006年10月8日、森町の「フォーク&カントリーフェスティバル」がクロールのデビューライブでした。
私も「クロール」という名で活動を始めて、今年で10年でした。
月日の経つのは早いもんです。

それ以前は「バルンガ(黒)」という形で黄色いライブカフェで随分とお世話になりました。
ソロで「バルンガ」の名を背負うことに迷い、「クロール」という名を付けました。
様々な場所で歌わせていただきました。
屋外ライブも当時は積極的に参加して(笑)、今思えばかなり精力的な活動だったと思います。

未だにそうですが、私は今まで74点以上のライブをしたことがありません。
自分の音楽に迷い悩みが今も続いています。
ビーフラットさんでのソロライブにて、少しづつ「本当に自分のやりたいこと」に気づき始めた気がします。
おかげで今、こんな有様ですよ(笑)。

10月になったら記念ライブでもしようか?
な〜〜んてことは全然考えていません。
私の音楽活動の軸はソロではなくやっぱり「バルンガ」です。
4人で作る音が大好きで、バルンガの練習はお互い自画自賛の嵐です(ただしここでも無口な(白)さんは喋らない加わらない(笑))。
そんな傍らにコッソリ身勝手なソロ活動が出来れば大満足なのです。

6月には又「自分のやりたいこと」に参加できます。
その場に自分が居られるという事に感動します。
企画くださった方、そして協力してくれる方々にホント感謝です。
まだ公式発表前ですのでアレですが、あ〜〜言いたい!
6月5日!
是非この日の予定をあけといていただきたく思います。





ゴールデンウイーク

イメージ 1

4連休です、本日最終日。
本当は東京で「甘いもの食べつくしツアー」を計画してたのですが、予算的問題で断念!
3日〜4日にかけては頼まれていた書き物などを一騎に片づけ。
ついでに「誰が歌うの?この歌?」っていうような詞もできたりして、いろいろと脳の内部にあるものを整理整頓できた気がします。


4日は10代の娘たち引き連れて「浜松まつり」を覗きに行きました。
盛り上がってました。
ちょっと目を離すと娘たちはナンパされていたりして、人いきれも含めそんなディフェンスも任されてかなり疲れました。

イメージ 2

昨日は奥山会長主催のこちらへ遊びに行きました。

ミ〜ア田さんのハーモニカは素晴らしかったです。
大勢の方が観覧していて、誰っちゃら動こうとしない「聞くモード」に入っていました。
フリーライブだったのがもったいないです。
次回は「ミ〜ア田グッズ」を物販として売り出そう、そして小銭稼いでやろうか?と計画中です。
とりあえず「はもにかラブ♡!」って丸文字で書いたステッカーを家のプリンターで印刷するつもりです(笑)。
あっ、佐助も出ました。うん、良かったですよ。

イメージ 3

連休前半、カフェを転々としたので、その間に食べた甘いものでお財布が更にピンチ。
昨日はプレ葉で寿司食べてしまったし。。
脳内が未だ「書き物モード」で、妄想がアタマン中ぐるぐるしてます。。
今日は1日ピアノ弾き倒して過ごします。


ピアノとキーボード


イメージ 1

先日ライブオファーをいただきました。
Facebookでは「お友達」になってますが、ほぼ面識のない方からでした。
その方が主催する野外イベントでした。

「ピアノ弾き語り」で是非!と言われました。
「いやいや、野外でしょ?ピアノあるんスか?」と聞いたところ「キーボード持参でお願いします」とのお返事。
「すんません、私キーボード持ってないんですけど。。」
主催者さんはとてもビックリされていました。

結局「ギターでもいいです」とも言われましたが、申し訳ありませんが辞退させていただきました。

私にとって「ピアノ」と「キーボード」は全く違う楽器です。
私のピアノを見ていただいた方は解ると思いますが、あのプレイを脚立のようなアルミ製のキーボードスタンドでやったら必ずキーボードひっくり返します、断言します。
専門の運送業者があるほどの、「ピアノ」という楽器のあの重量が大事なのです。
「じゃあそっと弾けば?」言われるかもしれませんが、そんな事コントロールできるんなら最初からやってますわい。

このようなことは以前もありました。
常々思うのは、私のライブを一度見てからオファーいただきたいのです。
私と一度会話してからでも結構です。
「Youtubeで見ました」「プリキュア講座面白いですね」とかじゃないんです。
晴れた休日、家族連れで楽しむ人もいる中で「「JANOME」歌うほど私はバカではありませんよ。

はっきり言いますが、今後も私はソロで屋外のイベント、オープンマイクなどに出るつもりはないのです。
「偉そうに!」と思われるかもしれませんが、私はそこで勝負するつもりがないだけ。
今回の件、その主催者さんも理解してくれありがたいです。
単なる怒りでこんなこと書いているつもりはござらんのです。

それでもそんな「私の音楽」というものを理解してくれて、その上で「ムリムリやだよ」と断る私をねじ伏せて強引にブッキングくださる方もおられます。
私は嬉しいです。
そんな仲間に感謝します。
責任を全て主催者に押し付けて思いっきりやらせていただいています(笑)。


どうにも思うに、「私が守りたいもの」と、「音楽やってる全般の常識」にズレが生じてる感じです。
「怒るポイントが分からん」と言われたこともよくあります。
いっぱいライブしたい、場数増やしたいわけじゃないんです。


そこまで言っといてアップする動画(笑)。
こないだの日曜の道の駅ライブです。
これ見て「イイネ!」思った方、バルンガにはガンガンオファーくださいませ。



イメージ 1

大きな干物だと思ったら、5月の日本の風習だそうです(笑)。

「掛川道の駅バンドライブ」
天気が多少危ぶまれましたが、気持ちいい風と気温の中バルンガで楽しんで参りました。

イメージ 2

ドライブ休憩&お食事の旅の途中のみなさまも足を止めてくださってありがとうございます。
やっぱ、バンドに囲まれてのライブは楽しいです。
良い音鳴らす機材設営くださった「西尾楽器」様、そして今回声をかけてくださったshin君、感謝します。
とても楽しいライブであり、舌鼓な一日でした。

イメージ 3

他のバンドさんの演奏も楽しかったです。
トリを飾った「XQs」さんのイーグルス。
ほぼ完ぺきと言えるイーグルス愛に溢れたカバーでした。

今年始めに亡くなったグレンフライ。
「あぁ、ほんとに死んじゃったんだな。」と演奏を聴きながら思ってしまいました。
「呪われた夜」をあれだけきっちりライブで聴いたのは初めてかもしれません。
得した気分でした。


さて、これで6月までライブはありません。
長めのGWということで、少し充電いたします。

6月の初めにはちょっと変わった形で皆様の前に現れる予定です。
詳細決まりましたら報告します。

浜松街中付近を夜走ると、お祭りの準備の人々をよく見かける昨今。
浜松まつりももうすぐですね。
そんな連休は、代官山でパンケーキ食べにでも行こうか?と計画中の私は「非市民」でしょうか?(笑)

24日は掛川道の駅!


イメージ 1

藤の花、好きです。
あの垂れ下がっりプリが!


20日はオンザロード「アコ企画」ライブでした。
いらしてくださった方にはホント申し訳なく思います。
全ては自分だけのエゴであり、「喋る」という事に長けている、トレーニングしているわけでもないのに、偉そうにライブにいらしたお客様の前で全くもって無様でした。

それでも、興味持ったものは一度「開ける」ということしないと分からないバカであります。
今後はちゃんと自分のやるべき「ライブ」というものを踏みしめてやっていきたいと思います。
そして奥山会長、オンザロードさん、ありがとうございました!



さて、今度の日曜24日は掛川道の駅の「バンドライブ」にバルンガで出演します。
イベントは10時ごろから、バルンガの出演は12時半を予定しております。
多くのバンドの中に放り込まれるライブ、とても楽しみです。
天気も問題なさそうで一安心です。

丁度お昼頃です。
お食事ついでに遊びにいらしてくださると嬉しゅうございます!

イメージ 2

毎朝ラジオを聞いて通勤しています。
珍しくプリンスが流れていました。
曲が終わりDJの声の中に「追悼」という言葉が聞こえました。

まだ57歳だったということで残念です。
彼のマルチプレイヤーっぷりは私の憧れであり、他を寄せ付けないその音楽性は素晴らしいものでした。
賛否真っ二つに分かれるアーティストで、そんな評価も気にせず己の音楽を貫く姿勢、。

昔はカラオケで「PurpleRain」を良く歌ったものです。
早口のパートが多く、無理やり詰め込み歌った後の「Weekend Lover」という言葉が今も印象深いです。
紫が美しい花の咲くこの季節の大きな悲しみです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事