クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「居飛車」


ライブSEとはライブのオープニングの登場曲。
その会場の空気を盛り上げるために使われるBGMのことです。

イメージ 1

1月31日「居飛車」@ビーフラット。

私は「この日のSEはこれだ!」と決めていました。
その曲をCD-Rに焼き、リハーサル後お店でサウンドチェックをしました。
マスターT氏の表情が途端に曇りました。

「この曲は店で用意したと思われると困る!」とまで言われました。
それでも私は「このSEじゃなければ今日は出演しない!」とまで言い張りごり押ししました。
ちなみにこの日「クロさんにぴったり!」と、開演までのBGMでビーフラットが用意したのは「シンドラーのリスト」でした。
「私のライブは葬式か!?」
そう言いたいですよ(笑)。

イメージ 3
ふぉとばいK1R氏、今月は忙しくなりそうだぜ!!


1月31日「居飛車」@ビーフラット セットリスト

OPSE 「Miracle Go!プリンセスプリキュア」
1 かえるととんぼ
2 name
3 コッペリア
4 Invitation
5 彼女  (by 佐野元春)
6 VALON-1 featもやし(妹)(by salyu)
   休憩
7 mona
8 jerryfish slider
9 Deep Night
10 バンパイア
11 JANOME
12 望んではいけない夢
アンコール Lemon Girl


早くにいらしたお客様にはドップリ暗いBGMで待たされた挙句、オープニングとのギャップにリアクションもできなかったと思います、半分はお店のせいです(笑)。


中2の頃に作った、自分にとって顔から火が出る想いのデビュー曲。
天沢さんの人形に魅せられての久々のコッペリア。
若かりし私のヒーローである佐野元春。
去年、すみだ水族館のクラゲを見て作った新曲。
昔のユニットの曲、バルンガの曲などなど。
過去やルーツや思い出を手繰るかのセットでした。

イメージ 2

そして「デュエットをやりたい!」とのわがままで、もやし(妹)嬢に土下座して懇願(嘘)、salyuの「VALON-1」。
リハも参加していただき反省点を聞かれましたが「とりあえずその服で来ないでね」というダメ出しだけさせていただきました(笑)。
そのくらいリハの時はラフでしたもん、部屋着じゃない!って聞いてビックリしましたよ!

イメージ 4
ふぉとばい大木様、この日はマルっと1日、ありがとうございました!!


今の自分にまつわる様々な過去、場面。
「ピアノを弾く」という事が忌まわしく思った時期もありました。
思い出したくない事がいっぱいでした。
そんな過去も、今では「今の自分」を作っていることに気づき、胸張ってライブ出来るようになったと思うのです。

「天国まで届くかな?見ていてくれるかな?」

そんな思いでライブを終えました。

沢山の人に観ていただけたことを嬉しく思います。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

イメージ 5


私の活動を応援してくれる人がいます。

「クロールさんは素晴らしい!」とかよそで喋って、私のハードルを勝手に上げてしまう輩が時々います。
最近では10代の小娘が「師匠!」とか呼んで、うっとうしくてなりません(笑)。

私自身、何の「勲章」も持っていない一握りのアマチュアミュージシャンです。
人気者になりたいわけでもなく「道楽」として音楽を楽しんでいるだけです。
めちゃくちゃ上手いわけでもなく、実は大したミュージシャンではありません。

でも、こんな風にも考えます。。。

私を慕ってくれる人が、もしそのお友達を連れてライブを見にきてくれたとします。
その友達にふれ回り、勝手にハードル上げてウキウキで観に来てくれたとします。
そんな時、「自分は大したことない」なんて決して言いたくないのです!
その人の為に堂々とした姿を見せること。
あきらめたり自分を卑下したり投げやりになったりしない。
それが私の音楽をやる糧であり「夢」としてずっと持ち続けたいと思います。

こんな大人げない私を応援してくださる方、そしてわがまま放題なアナーキーな私にソロライブなんていう場を設けてくださるビーフラットさん,そして本番ではちゃんと着替えてきてくれたもやし(妹)様に感謝です!
「応援してる」って言葉の重みをしかと受け止め、これからも楽しくわがままに続けていきたいと思います。



それと「応援してる!」と誰よりブッこいておいて「居飛車」に来なかったM氏!
フリショコ夜の部に行ったな!俺よりK太郎の方が上なのか〜〜〜!!!(笑)

イメージ 1

あああ、Go!プリンセスプリキュアが終わってしまった。
歴代プリキュアの最終回の中でも最高とも思える最終回でした!!

最大の号泣ポイントはやはり、はるかとカナタのお別れの場面!
始めて出会った丘ではるかはカナタにキーを返します。
「また会えるよね?」と聞くはるかにカナタは「あぁ、会いたいと・・」
「心から望めば」、とはるかが続けます。
それは以前トワちゃんを救い、カナタ自ら犠牲となった場面でのカナタの言葉でした。

花びらが丘に舞い、はるかはそっと目を閉じます。
目を開けると、そこにカナタの姿はありません。
はるかは左手でスカートの裾を握りしめ、声を出して泣きます。
そしてそっと涙をぬぐい、笑顔で走り出すのです。

1週間後に始まる「魔法使いプリキュア」。
たった1週間で、今までの1年続いたプリンセスプリキュアを忘れるなんてできませんよ。
。。とはいえ、きっと今度の日曜の8時半にはテレビの前にいるんですけどね!(笑)


さて、これ以上ではライブレポにも何にもならないので割愛。
この日はソロライブ「居飛車」の日です。
他にブッキングしそうなライブ、私の集客を妨げるライブを探したところ見つけました!
「フリージアとショコラ(略してフリショコ)」っていうイベントです。
バレンタイン企画だそうで、女の子中心の出演者を揃えている模様です。
というわけで、早速抗議しに行きました。

イメージ 2
ふぉとばい、えいちゃん様。ありがとうございます!

ってなわけで出てるし〜〜。

愛弟子「大木サキ」のサポートでギター参加させていただきました。
実はこの日はプリキュア見た後、すぐさま練習へ。
スタジオ取るわけでもなく冬空の下、公園での練習でした。
ハピネスレーベルにてギターをK1R氏に引き継いだ故(笑)、結構元を取り戻すに大変でした〜。

ライブ前に少し時間があったので「今しかない!」と思い、バッチリ「居飛車」の宣伝をさせていただきました。
「フリショコ」は夜の部もあるというのに、とんでもないクーデターで失礼しました。
当然「大木サキ」を見にきていただいた方ばかりだというのに、かなりとっちらかしてしまい、主催者様にはお詫び申し上げます。
恐らく「フリショコブラックリスト」という書類に掲載されたと覚悟いたします。(笑)

窓枠2FカフェAOZORA。とても思い入れある場所であり、その昔気持ちいいライブをさせていただいた場所です。
再びそのステージに上がる事が出来たのは大木サキ様のおかげです。
お店のおかーちゃんも変わらずで、この日もサキちゃんファンの方々の様々なガヤの中、言いたい放題言ってギター弾き倒してで最高に楽しいライブでした。
うっかり夜のライブを忘れてしまいそうでしたよ。(笑)

私の音楽の活動範囲はとても狭いです。
大木サキと出会い、いろんな方と知り合い、そこで話しできるようになりました。
この日も私のギター参加に舌打ちする人もいたと思いますが(笑)、そんなこととんじゃかない歓迎をいただき嬉しく思います。
あれ?。。きっと歓迎されたんですよね?(笑)
私一人では決して踏み入れることのできないライブ「フリージアとショコラ」。
とてもいい経験をさせていただきました!ありがとうございます!!

と。あんだけ「居飛車」の宣伝したにも関わらず、あの会場のお客さんを誰っちゃら引っ張ってこれなかったのは、きっと私の力不足です!(笑)
やっぱ「未来」ちゃんや「うーたん」には勝てないな、と思いました。

THE WALK

イメージ 1

ロバートゼメキス監督の「THE WALK」を観に行きました。
「バックトゥザフューチャー」もしかり「フォレストガンプ」の羽の舞う映像美は素晴らしく、大好きな監督です。

フランス出身の大道芸人「フィリップ・プティ」。
NYの立つという411m、地上100階のワールド・トレード・センター、その2棟の間を綱渡りしたいという夢に駆られます。
そして仲間と出会い、その夢を実現させるという物語です。
ちなみに実話です。

めっちゃ単純な物語もさすがのゼメキス監督、フィリップ・プティのモノローグの中で素晴らしいドラマとなります。
そして綱渡りのシーン、3Dで見ると凄い迫力です。
決して合法ではないアナーキーな挑戦。
いざNYに乗り込み、着々と準備される中で「アーティスト」としての誇りであったり、葛藤し正気を失っていく場面も引き込まれます。
「芸術」とは決して敷かれたレールの上にはなく、1本のワイヤーに全てを懸ける生き様。
実話だという上の物語だけに、あっという間の2時間の作品でした。
映画観終わった後、なんか足元がフワフワしますよ〜。


イメージ 2


さぁ、くどく書きますが今度の日曜はソロライブ「居飛車」です!
いつもソロライブの際の習慣なんですが、ライブの1週間前に作ったセットでトータルの練習をします。
「その日が本番!」っていう気合でやります。
ライブの時間を計ったらMC抜きで3時間近かったのに自分でビックリしました。
これではあまりにお客さんが可哀想なので(笑)、かなりハショりました。

いつもこの練習をするおかげで、本番は1度失敗した「やり直し」みたいなリラックスした気持ちでライブ出来るのです。
ちなみにこのフライヤーに「隠れクロール」が居るのはご存知でしょうか?
そこまでみなさん真剣に見ていないでしょうからどうでもいい事なのですが(笑)、わざわざ「隠れキャラ」を作ってくれるビーフラットさんには感謝いたします。
きっと良いライブにします!

イメージ 3
イメージ 1

なんやどえらい寒波が来てる模様ですね。
今日は超寒い1日でした。
姪っ子のピアノ発表会を観に行きました。
さすが私の血を継ぐ子!
「もういつ引退してもいい!」と思わせるピアノでしたよ(姪バカ)。


昨日はビーフラットで行われた「chiiiii」ちゃん&「もやし」ちゃんのジョイントライブ「コイハヒゲ」を観に行きました。
お店に貼られているフライヤーのカメラアングルをもう少し下げたかった本音(笑)。
不思議なライブタイトルに興味深々だったのですが、実際タイトルのいきさつ聞くと全くもってつまらなかったので割愛します(笑)。
ライブ自体はとても中身あるものでした。

イメージ 2

久々にライブを拝見した「chiiiii」ちゃん。
以前は私とのジョイントライブでビーフラットでピアノ対決したこともあります。
「chiiiii」ちゃんならではの世界観持ったオリジナル、堪能させていただきました。
弾き語りのピアニストとしても勉強になる部分も多く、来週のライブの参考にもなりました。

「chiiiii」ちゃんのお腹が大きかったです。
5月が予定日だそうで、もう少ししたら産休に入られるようです。
育児する「chiiiii」ちゃん、あまり想像つかなかったですが、なんとも嬉しく感慨深く思います。
元気な子産んで、又ライブの場で会えることを「夢」として持っていたいと思います!

イメージ 3

後出の「もやし」さん。

(姉)さんの喉の具合の悪さもあってか、どっか「全力」というには物足りない感じではありましたが、それでも「もやし」は「もやし」でした。
力むことばかりが良い音楽を生むはずもなく、そこは「もやし」らしい少しゆったり目のライブ楽しゅうございました。

「居飛車」の宣伝もいっぱいしてくださりありがとうございます!
そして私の作詞作品も3曲も歌ってくださり感激です!!
ラストの「かえりみち」は私にとっても大事で可愛い作品でして、養子に出した子の成長を見るかの如く感動いたしました。
恐らく私にとって最も縁深い音楽仲間「もやし」様、今後もお互い持ちつ持たれつ(笑)やっていけたらと思います。


アンコールでは「chiiiii」ちゃんとのコラボもありました。
色の違う歌声の重なりが面白かったです。

イメージ 4


ライブ日はカメラ持たず家を出てしまい、携帯の画質悪い写真で申し訳ございません。
私ばかりでっかい写り良い写真で失礼いたします(笑)。

さぁ、もう来週です。
「ディスピア」は本当に倒されたのか?プリキュアは世界を絶望から救ったのか?とても気になるところですが・・・じゃなくて!ソロライブ「居飛車」です。
着々と準備、練習にも熱が入り、今週は悔いのないものを披露することだけを考えます。
どうか多くのみなさまにいらしていただきたく思います。



イメージ 1

今年に入ってまだ3週間なのに、海外のいろんなミュージシャンの訃報が連発です。
イーグルスのグレンフライ、そしてデヴィッドボウイ。
本当の才能と影響力のある「レジェンド」と呼べるミュージシャンだけに残念です。

しかし、デヴィッドボウイがあんな年齢だったのにも驚きました!
デビューが1967年!私の生まれた年ですもんね。
旧友のイギーポップからの追悼の言葉も胸締め付けられました。

今年始めに「ナタリーコール」さんがお亡くなりになりました。
「歌」というものを全力で開花させるようなシンガーでした。
亡き父「ナットキングコール」との多重録音のデュエット「Unforgettable」は、合成されたものと知りつつも「絆」と「血」を魅せつけてくれました。
ほんと素晴らしいシンガーでした。



今現在、日本では人気グループの解散でメディアが賑わっています。
プロの所属する「プロダクション」なんてもんは所詮その「人間」や「歌」を商品とするものなのです。
当たり前の事でありそれがお金儲け、いわゆる商売なのですから。
要は本人たちが解散したいのか?ってとこだけで充分なんだと思います。

やたら外部がヤンヤヤンヤで賑やかなものです。
人気者は大変です。
「バルンガ」も一部だけプロダクション「松井組」に残り、「独立!」「解散!」とか、騒ぎ立てるってことは・・まぁ恐らくないでしょう(笑)。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事