クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
7月1日に公開開始した「かっぱのななこ」。
週2回のアップロードで全25話、完結いたしました。

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」

イメージ 1



So that many encounters and smiles,may happen to your travel
「あなたの旅にたくさんの出会いと笑顔がありますように」


これは6月末の公開直前の告知フライヤーに書いた言葉です。
約3か月、没頭して作った作品「かっぱのななこ」。
私にとっても約4年ぶりの小説作品でした。

受け入れられるのか?
独りよがりになってないか?

音楽にしろ小説にしろ、常にオリジナルの作品にこだわって発表している「ひと」に常につきまとう不安。
ネット小説という世界で、どんな「ひと」と出会うのか?
その全てを、ななこに託しました。
この言葉は現実の誰かに向けてではなく、これから旅をするななこに送るエールでした。

イメージ 2

ご存知の通り、私は天才であり(笑)楽器も含め神羅万象を全て一人でこなせます。
しかし、今回の物語は決して私一人では作れませんでした。
やりたかったことは「物語xイラスト」。
イラストレーター「TOMOtive」の力がありました。
お互い音楽仲間にもかかわらず「物語xイラスト」という異種格闘技となりました。


実はTOMOtive以前にイラストをお願いした方が2名おりました。
二人とも商業的に「絵」を仕事としているプロです(そこそこの知名度あり)。
ななこのニュアンスを伝え、無償で(笑)描いていただきましたが、どうにもリンクしない。
「お前何様だ!?」と言われても仕方ないのですが、私はその二人のプロを除外しました。

他に当てがあるわけではございません。

そんな時にご無沙汰だった「TOMOtive」を思い出し、連絡しました。
TOMOtiveからななこのラフが出来た時、書きかけだった「かっぱのななこ」が動きだしました。

架空だったななこは「なのだなのだ!」を繰り返し、私の周辺で大暴れを始めました。
半分は書き上げていた物語さえ書き直され、つきまとわれる日々が続きました。


イメージ 3

TOMOtiveの描いたイラストはただの扉絵ではありません。
物語を、私の狭い世界を遠くへ導く「虹の橋」でもあり、ななこの「命」です。

ただイラストは到着がいつもギリギリで、こっちの玉稿が23時59分なんてこともしばしばあったのもいい思い出。。(笑)
最終話のエンドカードの2ショットはこの上ない愛情に溢れていて、「TOMOtive」にお願いして良かった、私の目に狂いはなかった!とただただ感謝です。


イメージ 4

おかげ様でななこは、私の予想斜め上を行く多くの人をかき乱し、楽しい旅をしてくれました。
今日あたり作者である私の元に帰ってくるかな?とも思ってましたが、どうやら「もえ」の家が居心地よく、しばらく入り浸っていそうです(笑)。
生憎、私はガラケーでLINEも出来ないので連絡の取りようもなく、少々困っています。

ななこが「ひと」の世界をもう少し勉強したら、この物語の続きを書こうと思ってます。

せっちゃんとの再会、ななこの帽子の秘密、もえの正体、ハチローの未来。
まだ多くの伏線が残されています。
長い旅になると思いますが、短編も含めゆっくり物語を進めていくつもりです。



「ご愛読ありがとうございました」とは言いません。
「かっぱのななこ」という作品の完成です。
ネットの世界で、「works」のページで、いつでもななこに会いに来てください。



イメージ 1

久しぶりの更新ですみません。
9月10日、高町のIGUZIONE CAFEさんにてソロライブ「sampling room」開催いたしました。
ごくごく静かなライブ、ご来場いただいた皆様、心よりありがとうございます。

9月10日 「sampling room」@IGUZIONE CAFE セットリスト

1 Empty chair
2 Bugs ensemble(feat マツムシ)
3 Bugs ensemble(feat クツワムシ)
4 黒い川に浮かぶ黒い月の選択
5 Bugs ensemble(feat エンマコオロギ)
6 talking rat


イメージ 2
当日の機材。



「波紋音」という楽器はつくづく孤独な楽器です。
私の技能や環境を考えると精進すべき部分も多いのですが、他の方とのアンサンブルやセッションにも、どこにも立ち位置のないことを、ここ数年でかなり思い知りました。

今回のライブが決まったのは2週間前。
イグチオーネさんにて、波紋音を使ってずっと考えていたやりたいライブの実現です。


ライブが決まった翌日から、私は「練習」ならぬ「準備」に取り掛かりました。
夜な夜ななるべく静かな田舎へ行き、虫の声を録音しました。
できるだけソロで歌っている虫が良かったので、灯り一つない場所をいろいろと歩き回りました。
随分と蚊にも刺されました、森から聞いたことのない獣の鳴き声も幾度か耳にしました。
iPad(どの録音機材よりiPadが1番音色が良かった)をそっと置き、じっと数匹の虫の声を録音しました。
完全なる不審者になること延べ4夜(笑)、様々な虫の声を録り、それが何の虫なのか調べました。

虫の名前を調べていくうちに、一つの当たり前のことに気づきました。
虫は交配する相手を探すため、命懸けで歌っていること。
そんなお方とアンサンブルが出来るとは、なんて素敵な事でしょう。
もうこんな事考えてる時点で、いかにクロールが目を合わせてお話ししちゃいけない人間かがお判りでしょう(笑)。

今回のライブタイトル「Samplin room」とは、自然で鳴く虫の音をサンプリングして、それとアンサンブルする事でした。
録音した音源を極力の小音量で流し、それと波紋音で歌うのです。
新曲「Bugs ensemble(バグズアンサンブル)」の完成です。
今回は「マツムシ」さん「クツワムシ」さん「エンマコオロギ」さんをゲストとしてお迎えしました。

本当は「御本人」をお迎えしてお店でアンサンブルしたかったのですが、如何せん気まぐれなミュージシャンですのでカウント通りに歌ってくれるわけでもなく、ましてや客席乱入なんてなったら歓喜の悲鳴が演奏どころじゃない状態を作り出してしまうでしょう。
そんなこんなのクロールの実験ライブ「Samplin room」、もし楽しんでいただけたのなら幸いです。

そしてなにより、「波紋音強化月間」などと称して、今回の未知数のライブを開催くださった「IGUZIONE CAFE」さん、ありがとうございました!



イメージ 3

シンプルで落ち着いてお茶できる「IGUZIONE CAFE」さん。
今まで様々な場所(屋内)で「波紋音」を鳴らしましたが、「IGUZIONE CAFE」さんが1番良い音が鳴る場所です。
良い音が鳴るというより「波紋音」が喜んでいます。
そんな「IGUZIONE CAFE」さんに、今月もう一人の波紋音奏者がいらしてくれます。
打楽器奏者「松本一哉」さんです。
9月29日(金)、19時からの投げ銭ライブです。
打楽器奏者の歌う「波紋音」。是非お楽しみいただければと思います。

イメージ 1

8月13日,ビーフラットにての「Rock in B♭」。
まずはお礼まで。
というより、お礼以外ありません。

イメージ 2

静岡からのJustice!
いろいろ大変で忙しいにも関わらず、怪しい私の3年越しの企みにまんまと乗ってくれてホントありがとう!
お互いいろいろあったけど(笑)、己を知って模索してのたうち回った甲斐があったよ。
どんな音楽をやっていてもJusticeはJusticeでいてくれたのが何より嬉しかった!
涙出る位嬉しかった!ホントありがとう!!



イメージ 3

そしてTHE JASON BLUE-RAY!
バンドひとくくりじゃなく一人ずつ言いたい!

ドラムのゆうま、寡黙でおとなしくて煽りブッこむわけでもないくせに、前のめりのドラムは、THE JASON BLUE-RAYの欠かせないリズムであり「音」なんだ。
私がベースで入った本番、もつれつっかえる私はゆうま巻き添えに引っ掛けてやろうと思った時、一瞬ニヤッと笑ったな!
最高の笑顔だった。ありがとう、こんちくしょう!(笑)

レフティJKギタリストおたみ、JK+レフティってだけで武器なのに、そのマニアックな世界にオトンはすっかり打ちのめされましたよ。
こうしてライブが終わりもう逢うこともなくなると、あの悪趣味なはっぴ姿も可愛かったな等と考えるので不思議です(笑)。
前向いて行け!おたみこそが正義であり無敵だ!

そんでもってベースボーカルのショウ、俺の目に狂いはなかった!
THE JASON BLUE-RAYがヘッドライナーでなければできない、私の望む「Rock in B♭」だったよ。
物事は正解かハズレだけじゃ測れないけど、「やいやい、とんでもない日に見に来ちゃったな。。。」なんていうお客は一人としていなかったはず。
それよりなにより今回「全責任」を担った私が1番楽しんだ!
いや・・それよりウチの次女が1番楽しんだらしい。。すまん(笑)。

誰かの期待に応えることはない。
「ゆうま」「おたみ」「ショウ」の3人の、2017年8月13日の音をビーフラットで鳴らせたことを私は誇らしく思います。



本来なら「全責任ライブ」などと銘打つのはとんでもない間違いです、バカの極致でしょう。
お店は1回きりのイベントではありません。
一度の失敗が今後の取り返しのつかないことになったりもします。
それでもそんなタイトルを真正面に、私の想像の斜め上あたりに掲げてくれたビーフラット様、本当にあなたたちはどうかしています(笑)。

自分がミュージシャンであることさえさて置いて行われた「Rock in B♭」。
「プロデューサー」だの「マネージャー」だのなんて今回出演の彼らにとってはクソであります。
今回出演した彼らにとっても、私自身がミュージシャンで居続けることが私自身の未来です。


いらしていただいたお客様、いかがだったでしょうか?
オラオラに見えて誠礼儀正しい青年&少女にがっかりしたと言われるのではあれば謝ります(笑)。
音楽はカテゴリーでもなければ年齢でもない、ヒットソングを「後に続け!」とばかりに追いかけるよりその上を行くライブだったと私は自負します。

私たちは日常、仕事、家庭、様々な窮屈の中で生きています。
下げたくない頭下げたりもするでしょう。
言わないでそっと回避しようってこともあるでしょう。
だからこそせめて、本気で好きでやってることぐらい、真っすぐ「好き」にやりましょうよ!

それこそが今回のライブの醍醐味だったと思います(責任は全部私なんだけどね(笑))。








もうね。。
もの書くことにどうーにも拒否反応起こして、またもや久しぶりのブログ更新です。(笑)

イメージ 1

あああ、またいろんな悪意と意地悪に満ちたフライヤーをビーフラットさんは作ってくださいました(笑)。

クロール全責任ライブ「ろっきんびーふらっっと!」が8月13日に開催されます。
出演はご機嫌ギタリスト「Justice」と磐田のパンクバンド「THE JASON BLUE-RAY」の二組です。

ご存知のように半田山ビーフラットは、それはもう厳選されたプレイヤーのみが演奏することが出来る、浜松を代表するジャズライブハウスです。
当然、私もジャズピアニストとして県内外で名をはせる迷プレイヤーなわけで(つっこむところですよ〜)、そんな私が「もうこの日はいいじゃん!やっちまおう!」と選んだ場違いな二組です。

「Justice」は以前、私がユニットで活動してた頃出逢ったギタリスト。
カワイ子ちゃんばかり名を連ねるイベントで、彼自身もTommyちゃんのサポートとして参加していました。
サポートだっ!ちゅーのに、本能的にフロントに立とうとする遠慮ないギターに、とても親近感を覚えました。
後に私はユニットを解散、そしてJusticeもTommyちゃんに首を言い渡され今回に至るわけです。
ホントはバンドで来てほしかったのですが、今回はソロ。
それでも十二分に楽しめるギター聞かせてくれることは間違いありません!

そんでもって「THE JASON BLUE-RAY」!
ボーカルのショウ君とは4月にサポートで参加したライブでご一緒しました。
彼らを出したいが為の今回の企画!と言っても過言ではないヘッドライナーを務めていただきます。
3ピースの若きパンクバンドが、あのビーフラットの白いステージをどう染めてくれるのか?
もうメッチャ楽しみです!


多分、「楽しむ」ってことにカテゴリーなんてなく、匙加減を計って空気読むんじゃなくて「ただ好きな事をやる!」って姿が私は大好きです。
8月13日、この日を1番楽しむのは私なので、是非皆さんは2番目くらいに楽しんでいただきたく思います。

「クロールは出ないの?」と気になるかもしれませんが、今回は若造にお任せして企画者として年寄りはリスナーで楽しみたいと思います。
。。。
な〜〜〜〜んて私が考えてるはずあるわきゃない!!(笑)
黙って指くわえて見てられるほど、私は大人じゃないのは皆様の方がご存知。
そこらはお楽しみに。
SNSとかで「行けばよかった!」と後悔の投稿が連発するようなライブにします。


先日言われて少々頭にきたこと。

もうここしばらくライブ活動してない私に、ある方が「うちのイベントに出ない?リハビリついでに」っておっしゃってくださいました。
なんだ?リハビリって?4か月くらいのブランク、4日もあれば十分だっちゅーの。
私自身の音楽に触れたことのない調和だけ考えてるバカ野郎が時々現れるので困ります。
自分の土俵くらい自分で選べないで「音楽」やってる言えるか!!




ご無沙汰クロールです、3か月ぶりのブログ更新です。

7月1日よりネット小説「works」にて、書き下ろし新作小説を連載します。
タイトルは「かっぱのななこ」です。

イメージ 1

私をよくご存じの方は、「かっぱ」と聞いて、「ん?」と思われるでしょう。
「河童」は私の代表曲(笑)でもあります。
250年生きた河童が「人に姿さらしたるわい!」と意気込んで村へ出かけたが、過疎する村には誰も居なかったという歌です。
実は4年ほど前から「河童」についての物語を書こうと構想していました。
幾度か挫けました。
そんな私の歌の河童、その娘が今回の主人公です。

4月に自分のライブが終わった後、ずっと物語を書いておりました。
音楽活動はもとより、ほとんど人とも会うことなく、それでも日曜朝はちゃんとテレビの前で正座して、その後ずっと何週も引きこもりでした。
ブログもご覧の有様、放置しておりました。
そしてなんとか7月1日公開の段取りも済み、現在メッチャ安心しております。

色んな事をマルチで仕上げてしまう私ですが、今回はたくさんSOSを発信しました。
言うだけじゃなく、ちゃんとした感性があり、一方的な私の方針を理解して下さる方ばかりで、ホント感謝です。
そして今回、小説の挿絵として、それ以上のimaginationを与えてくださったのがこちら。

イメージ 2

「Go5-T」、様々なバンドでボーカルを務めている「TOMOtive」様です。
以前ユニットの頃は、いくつかのライブでご一緒した素敵な音楽仲間ですが、今回お互い「音楽」とはかけ離れたところでこうしてコラボできると不思議なもんです。

実を言うと、ほかの画家のお仲間にもいくつか作品を描いていただきました。
もったいないくらいのクオリティの作品ばかりでしたが、今回私がやりたいものとはリンクしませんでした。
小説の構成、プロットが仕上り、小説としての肉付け段階で、メッチャ行き詰っていた頃、TOMOtiveの描いた「ななこ」が到着しました。
一気に物語の中の「ななこ」が、「私を生きさせるのだ!」とばかりに暴れだしました。
気づけば明け方という日々も続き、架空であるはずの河童の小娘「ななこ」に私は殺されかけました(笑)。
無事に描き終え、こうして7月1日を待つことができるのも、TOMOtiveのおかげです。

イメージ 3

昔から私にはあるビジョンがありました。
50になったら、終身をかけるような作品を一つ作りたいという事。
今回の「かっぱのななこ」は、そんな作品です。

ネット小説という性質上、7月1日初回だけ盛り上がればいいわけではありません。
全部で24話、物語は毎週火曜土曜更新で、9月末まで続きます。
それを飽きられず読んでいただくことが結果であり、答えでもあります。
すごく怖い挑戦ですが、ワクワクしています。

物語の出来の良し悪し以上に、今回の目標は「ななこを好きになってもらう」それに尽きます。
私の作品の中でも最強のヒロインです、プリキュアに匹敵します(笑)。
多くの皆様に可愛がっていだだけたらという夢を持ち、土曜日のななこの旅立ちを待ちたいと思います。

ななこをよろしくお願いいたします!







.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事