クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

1月31日。
それはとても重要な日です。
ソロライブ「居飛車」もともかく、とても重要なことが起きる日でもあるのです。
それは「Go!プリンセスプリキュア」の最終回の日なのです。

イメージ 2

「あぁ、また始まったよ。。」と考えてください。
花粉症前の「発作」だと思っていただいて結構です。

イメージ 1

2月からのプリキュア新シリーズは「魔法使いプリキュア」だそうです。
キュアミラクルとキュアマジカルだそうです。
合言葉は「キュアップラパパ」だそうです。
50近いオヤジが口にしてはいけない言葉です。


現在放送中の「Go!プリンセスプリキュア」も後2話で終了。
新シリーズに期待するより、もうこれでフローラやマーメイド、トゥインクルにトワちゃんに逢えなくなる毎回毎回寂しさが胸を募らせるのです。
来月になれば「ドン・キホーテ」で今のプリキュアのグッズが叩き売りされるのですよ。
それがいたたまれません。

今日の戦いではノーブル学園の生徒たちの前で変身&カミングアウト、そしてプリンセスロッドもスカーレットバイオリンも壊れてしまいました、どえらいピンチです!
残す2話は決して見逃がすことができません。
そんなこんなで、今回は「Go!プリンセスプリキュア」の素晴らしかった場面を振り返ってみたいと思います。
「クロールのライフワークs」などというタイトルも変更して、「お覚悟はよろしくて!」のドン引きコーナーの始まりです。


イメージ 5

きららのほっぺは良く伸びる。
ただそれだけです(笑)。

イメージ 3

歴代黄色プリキュアの中でも、最も正義感に溢れポジティブなキュアトゥインクル。
夢は「トップモデル」。
4月には世界的デザイナー「ボアンヌ」氏の元で学ぶためフランスへ旅立ってしまうのです。

イメージ 4

裏キャラのトップアイドルを目指す「一条らんこ」との絡みも楽しかったです。

イメージ 6

海藤みなみさんの自称いいなずけ「伊集院キミマロ」君から見ると、はるかはこんなイメージらしいです。

イメージ 7

知的でお金持ち、「令嬢プリキュア」を引き継ぐキュアマーメイド。
「海藤家を継ぎ、父や兄のように人の役に立つ立派な人になる」という当初の夢。
獣医の「北風あすか」と出会い、獣医になるという夢に変わります。
それを父に言えない葛藤も素晴らしい話でした。

イメージ 8

不動産屋でお城探し。
「メイドは3人もいればよろしくてよ!」と説くトワちゃん。
幼少の頃、ディスピアにさらわれ「トワイライト」として悪の道へ。
実はホープキングダムの王女、王子カナタの妹。

イメージ 9

一人では何もできなかったトワちゃん。
「これだからお姫様は」とバカにされ、ムッとするトワちゃん。
ノーブル学園に入学し立派になりました。
後はグランプリンセスになり「絶望の扉」を開け、ホープキングダムの民を救うばかりです。

イメージ 10

どう描いたらそうなるのやら。。

イメージ 11

プリンセスになる為のレッスンも、人一倍出来損ないだった「はるか」。
夢の源であった「カナタ」に「プリンセスなんかになるな!」と諭された時の絶望も乗り越え、「私の夢には終わりなどない!」と決心するキュアフローラ。
当初「プリンセスになる」って夢は漠然としていかがなもの?と思っていたのですが、「本当のプリンセス」の在り方、むしろいつまでも夢を追う素晴らしさが胸を打ちました。

イメージ 12

そんな4人の夢を知り、プリキュアになれなくとも一緒に力あわせ戦ったゆいちゃん。
最終回では4人の夢をきっと形として残してくれるのでしょう。


第39話戦闘シーンにて、敵であるクローズに「夢は又お前を追い詰めるぞ!」と言われたフローラの答え。

「それでもいい、自分で決めた夢だもん!痛いのも苦しいのも全部受け止めて、私はプリンセスになる!」

「夢を追う」ということは簡単な事じゃない。
でもそれを乗り越えてこそ叶えられるのが「本当の夢」なのでしょう。
この39話は敵のチームワークも含め、4人の戦いがホント素晴らしかったです!


イメージ 13


「Go!プリンセスプリキュア」は、私にもいろんな勇気や元気を与えてくれました。
残すところ2話となりました。

「涙たちにSay Goodbye! 未来照らせGo!プリンセスプリキュア」

名残惜しいですが、ありがとう!「Go!プリンセスプリキュア」!!



イメージ 1


ビーフラットにて「居飛車」と称したソロワンマンライブも今回で3回目でしょうか?
昨年予定した「居飛車」は急遽の方向転換、絵描き「cobble」氏とのセッションとなり、完全なソロライブは2年ぶりとなります。


以前見たプロ野球の名ストッパーピッチャーと記者とのやりとり。

記者:「抑えという立場でマウンドに上がるのは責任重大でしょうし、緊張しませんか?」

名ピッチャー:「ありません。だって「マウンドに立て!」というのは監督ですから。全て監督の責任ですから!」

ユーモアある良い答えだなと思いました。
上辺だけ見る人は「なんて責任感ないピッチャーだ!」とお怒りになるかもしれませんが、私はそうは思わないのです。
マウンドに立つ「プロ」として、打たれれば自分の責任ってことは当然当たり前に思うはずです。
それ以上に自分を信頼してリリーフしてくれる監督への大きな信頼だと思うのです。

何が言いたいか?と言いますと、今回ビーフラットで私のようなヘタッピのピアニストにワンマンライブという大役を押し付けたのはビーフラットという店、他ならない!ということです。
ですので、今回の「居飛車」が大失敗に終わったとしても私だけのせいじゃないってことですよ(笑)。
・・・と、こんな責任逃れな発想をしてしまうほど、今は「居飛車」の事で頭が飽和状態です。

イメージ 2

「ピアノを弾く」ということが最近ようやく楽しくなってきました。
今回はギターを放棄し、ピアノのみの弾き語りが中心です。
2部構成で約1時間半のソロライブです。

当然緊張しないはずもなく、それでもやりたいことはたくさんあります。
以前は「見たい人だけ来ればいいさ」と、「居飛車」ならぬ「高飛車」な野郎でしたが、今は違います。
できるだけ多くの方に見届けていただきたく、そして見逃した方が歯ぎしりして「行けばよかった!」と後悔するようなライブが出来ればと思い描いています。


話は変わりますが、年明け早々あった芸能界の「不倫騒動」。
女性だけ矢面に立たせて、男はだんまりとはあまりに情けないと感じました。
けっこう「いいな」と思ってたバンドでしたが幻滅しましたよ。
男としてまさに「ゲスの極み」だと思いました。
全くの余談で失礼しました。





イメージ 1
ふぉとばいK1R様。 写真タイトル:「すいかさんと違って所詮うちらは小吉さ。。。」

1月3日、プレ葉で行われた「アフタヌーンライブ」の終了後オフショットです。
差し入れでいただいた「おみくじクッキー」。
この後、K1R氏も巻き込み、遅くまでアノ話で盛り上がりました。

会長主催の「アフタヌーンライブ」に、お年始も兼ねて遊びに伺いました。
K1R氏も合流して、1週間前と変わり映えない顔ぶれとなってしまいました。

イメージ 2

クロマティックハーモニカの「ミーア田」・・、もとい!「宮田薫」さんです。お帰りなさいませ!
このアフタヌーンライブ恒例ではありますが、毎回毎回ファンが増えている気がします。
次回には写真集でも作って売り一儲け!などと考えてしまったりします(笑)。

ご自身の人間性の表れるような、ナチュラルなハーモニカの音色。
今回も堪能させていただきました。

イメージ 3

今回の共演は「ちゃっともーもー」。
昭和歌謡にオリジナルも織り交ぜたバラエティあるライブでした。
あとむさんの朗らかな歌声が素敵です。
そして、なんやかんや10年以上、長〜い付き合いの大ちゃん。
派手さはなくとも繊細なギターはいつも感心します。
多くの人が足を止める、贅沢なライブでした。


イメージ 4

昨年いろいろと物議を醸しだした「プレ葉神社」にて「ミ〜ア田薫」嬢と。
新年早々こんな心霊写真みたいなのになって申し訳ございません!(笑)

多くの音楽仲間の方も見えられていて、新年の挨拶も出来て良かったです!
おみくじは「小吉」でしたが(笑)、今年も素敵な仲間と共に楽しんでいきたいと思います!!


イメージ 1

あけましておめでとうございます。
今年もクロールをよろしくお願いいたします。

暮れからこの正月2日にかけて、いろいろと遊んでまいりました。
新年は次女の受験祈願行ったり、カラオケ行ってカーチャンにラブソング歌いまくったり、スケートリンクでお尻濡らしてきたり、本読んだり、録画してたプリキュア観たりと、いろいろと忙しかったです。

料理もいろんなとこでいろいろいただきました。

イメージ 2

おふくろん家に行ったらなんとも場違いなおせちがありました。

某有名なとこの超高級おせちだそうで、お値段書きませんが聞いてビックリでした。
我が子たちは「美味しい!」とかいうのかと思ったら、「なに食べてるのかわからん」と宣い(笑)、結局ケンタッキーをむさぼっていました。

暮れの31日にビーフラットで「ゲロ味」や「ミミズ味」のジェリービーンズをいただきました。
Iさんに「ほれ!ほれ!」と半ば強引に口に突っ込まれ、半泣きで飲み込みました。
私が昨年行ったライブへの仕打ち・・もとい、感謝の気持ちに違いありません。
今年はこんな目に逢わぬようなライブをしたいと思います。

イメージ 3

そんなこんなでクロールソロワンマンライブ「居飛車」が今年も開催です!
1月31日(日)19時半より、チャージ1000円です。
今回はギター弾きません。
ほぼ(?)ピアノ1本の弾き語りでお届けする90分です。

ソロとしての限りを全身全霊でぶち込みます!
興味ある方・・いや!ない方も、「クロール」という音楽に触れていただきたく思います。
よろしくお願いいたします!





大掃除ちうです。
ネットカフェへ逃げ出そうにも、玄関の靴を全て隠されてしまい脱出できません、「敵もさるもの」ですね(笑)。
おとなしく我が家の「ディスピア」様の指令に従うとします。

今年1年あっという間でした。
いろんな方々にもお世話になりました。
感謝の意を込めて、少し振り返ろうと思います。


イメージ 1

珍しいことに今年のスタートは1月の「バルンガ」!
スタジオペタ前にて「自分の子供たち世代の方」に混じっての出演でした。

このライブの後、バルンガ(灰)氏が突然の休養宣言。
その後5月の街中のイベント、そして「第9回やらフェス」と、3人にての出演でした。
今だから言いますが、全く「モチベーション」ってもんが上がらないライブをしました。
皆さんの前で演奏するからにはそれじゃダメなのは分かっています。
そんな「空元気」のライブでした。
ですので、写真はあるけど載せません。(笑)

イメージ 2

10月31日、(灰)氏復帰!
ハロウィンで賑わう千歳町で楽しいライブが出来ました。
私の中の「バルンガ」は4人居てなのだということを改めて思い知らされました。

イメージ 3
そんなバルンガリズム隊,むさいです(笑)。
 
来年はイベントばかりでなく、久々にライブハウスもやりたいなんて考えています。
そしてもちろん来年は「やらフェス」も10回目。
もう完全「10年連続出演達成」狙って参ります!

イメージ 4

ソロの部です。
3月8日にビーフラットにて「ノーザンスター」さんとのジョイントライブ「ここで見る景色」敢行。
これは自慢なんですが、初めてノーザンスターを浜松に呼んだのはこの私です。
その日が丁度7年前の3月8日、同じくビーフラットだったという凄い偶然!
自分の今年のソロライブの中でも、1番ナチュラルで気持ちよい時間でした。

イメージ 6

そしてこの日のアンコールで、私のピアノに合わせてノーザンスターの歌ったのは「なごり雪」。
この曲がビーフラット開業から居座っていた白いグランドピアノの最後の演奏曲でした。
3日後のピアノ搬出の際、外は雪が降りだしたそうです。

イメージ 5

同じくビーフラット5月31日、ソロライブ「居飛車」敢行。
旧友である絵描き「cobble」氏と、「絵」対「音楽」のセッションでした。
お互いのインスピレーションだけが、照明落とした会場に充満するライブでした。
私自身がずっと「やりたかった形」を見事「cobble」氏は表現してくれました。
ただ、会場が暗いため私自身の存在が・・・(笑)。

イメージ 7

同じくビーフラット9月13日「路線図に記されない到着地」にて「kiki bouba」さんとのジョイントライブ。
ラストアンコールでは二人の演奏で「はっぴいえんど」の「風をあつめて」を歌わせていただきました。

今年もビーラットさんには大変お世話になりました!
来年も1月31日にライブが決まっております。
詳細は未定・・というか、これから本格的に準備の状態です。

イメージ 8

5月に東京ビックサイトで行われた「デザインフェスタ」にも参加しました。
シアタースペースにて10分間、色彩のエフェクトで加工したクラゲの映像&歪んだピアノ音をバックに、広いステージに座り込み黙々と「波紋音」をただ叩くという「誰に受け入れられるの?それ・」っていうことをしました。
自ら映像も手掛けたのは初めてであり、いきなり「アジア最大」と呼ばれる巨大なアートイベントにて披露するという暴挙!
おかげで海外のお友達も出来て「収穫はあったのでは?」と思います。

イメージ 9

9月の袋井マムゼル「フリーダムフォーク集会」に出席。
私にとって9月にここで歌うということは、とても重要な事なのです。

それの数日前にオンザロードの「アコ企画」にも出ました。
やる前の時点でのいろいろ暴言&失態の多いライブでした、主催者にお詫び申し上げます、ごきげんよう!(笑)


イメージ 10

「死ぬ前に一度は見たい絵」を観に、スペインはマドリッドにも行きました。
久々の貧乏旅行、途中所持金が底をつき、持って行った「波紋音」でストリートライブしたりしました。
スペインという国の持つ「芸術」への感覚を、肌で感じることが出来ました。

イメージ 11

プロベーシスト「今沢カゲロウ」さんのライブにて「ミンミンゼミとヒグラシにまつわるセッション」をしました。
テンポ、キーの指示は一切なく、バックに鳴る「ミンミンゼミ」と「ヒグラシ」の鳴き声を聞いて感じる音を鳴らすという「・・・?すみません、もう一度言っていただけます??」というセッション。
いや〜〜、面白かった!


他にも私にとっては雲の上の神様のようなピアニストさんともお話しできたり、本当に「プロ」と呼ばれる方との関わりも出来て勉強になりました!


youtubeにもいくつか作品をアップしました。
オリジナルのインストから沖縄民謡、ビートルズ。
そんな節操のない挙句、プリキュアの挿入歌をベース2本のアンサンブルで作った作品です。
Facebookでは歴代プリキュア41人を解説付きで紹介などという、「お友達登録」した方がよく「削除」というボタンを押さなかったと思うほどのくだらないことを仕出かしてしまいました。
これも全て「O会長」のせいです、未だわだかまりは来年も続きます(笑)。

イメージ 12

最近どっかへ出かけると見知らぬ方から「クロールさんですよね?」と声をかけられることが多いです。
私を知ってる経路が「大木サキちゃんと一緒にやってる。」とか言われると、実は少々悔しくもあります(笑)。

そんなこんなで今年も薄暗い私の活動にたくさんの彩りとヒカリをくれた大木サキ。
ライブはもちろん、今年はCD「HAPPINESS」のレコーディングにも参加させていただき、完成時にはその喜びを分かち合えたことを嬉しく思います。
アレンジャーのヒロさんと出会えたことも大きな収穫です。


今年ラストのライブ演奏です。
去年冗談で言った「大木サキハピネスレーベル」が実現してしまうとは感無量です。
しかし、一つだけ。。
去年の綴りは「croll happiness label」。
「Lavel」ではなく「Label」では?
まぁそんなこと「どっちでもいいわ!」っていう最高の仲間との演奏です!

ほんと皆様には目いっぱい迷惑かけて、目いっぱいお世話になりました!
ありがとうございました。

来年も楽しく愉快に和気あいあいと!超「happiness」な1年になりますように!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事