クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

カンボジア初上陸〜

イメージ 1

以前いただいたガジュマルの盆栽。
「とどどん」と命名し、順調に育っています。
これがカンボジアではこんなに成長するんですから驚きです!

イメージ 2


先週ですがタイとカンボジアへ行ってきました。
初日午後、3度目のタイ上陸。
用事だけ事務的に済ませ夕食に誘われました。
が!
今回のレストランは大外れ!
とはいえご馳走になる身なので文句も言えず、会食後そそくさとハッポン通りの屋台で食事。
タイのラーメンとチキンとビールを路上で食べて約100バーツ(日本円で330円くらい)
・・というか、ハッポンの屋台で食事する日本人の9割はお腹壊すらしいですが、私は今のところ無傷。

その後ハッポンの奥まった通りを歩いていたら、いきなりオカマの襲撃にあいました。
見たくもないオカマのポールダンスをウイスキー呑みながら見る羽目に。
かなりぼったくられる覚悟してたんですが、実際支払いは300バーツ。
その後、オカマの案内でコンビニで買い物。
仲睦まじいオカマとの2ショットを、一緒に行った日本人に盗撮され、今後いろいろたかられる運命が待っています(笑)。

イメージ 3



翌日タイからカンボジアへ。
到着したホテルが高級リゾートホテルだったのにビックリ!
早速プールで泳ぐ。
一緒に行った20代の若造に競泳を挑む。

泳ぎには自信のあるクロールが3戦3敗!
後から聞いたら学生時代水泳部だったとのこと。
クロールがクロールで2馬身引き離されて無様この上ないです。


アンコールワットとアンコールトムを巡りました。
ガイドもついて「簡単に回りますね」って言われたが、開始1時間でリタイア。
またもや路上でビールをいただく。
「2ドル!2ドル!」と、Tシャツと呼ぶにはあまりによれよれへろへろな「Tシャツの形をした布」をしきりに売りに来る。
無視していたが酔いも回り、気が付いたら「Tシャツの形をした布」がギッシリ詰められたビニール袋を持ってました。
同時に財布から20ドルほどなくなっていました(笑)。

どっちがアンコールワットでどっちがトムだったのかさえもおぼろげです。

イメージ 4


とまぁ、そんなこんなで楽しかった旅行でした。

タイのハッポンで生業を立てる人々にしろ、遺跡の周辺で物売り物乞いをする人にしろ、私たちの暮らしとかけ離れた「幸せ」がその場所にあるってことに感動します。
貧しさ豊かさは決して「お金」だけで換算されるものではなく、時にだましてでも、空気読むことなくごり押しする人の逞しさがあります。
「可哀想」だとか同情する声もあるかもしれませんが、きっと人はどこでも「幸せ」を見つけられるのです。


「ソフトにやってね」って言っても首もげるほど乱暴な整体師も、「アイリーンって呼んで♡」って言われても「せめてひげ剃れよ!」としかツッコミできないオカマも、路上でお金をせびる子供たちも、水牛にひたすら餌を与えるおばさんも、兵隊さんも、足をなくしたストリートミュージシャンも、きっとみんな幸せなんだと思います。


旅の副作用なのか、ここ2、3日新陳代謝が良いです。
夜も良く眠れるようになってます。

お土産の「Tシャツの形をした布」は「バルンガ」そして「Happiness label」のメンバーにばらまきました。
「Tシャツの形をした布」のはずなんですが、大木サキが着るとちゃんとオシャレな「Tシャツ」になったのはビックリしました。
もっと輸入してくればよかったと後悔しています。



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事