クロールのライフワークs

https://ameblo.jp/fpkks223/ ネット小説「works」にて短編連載ちう。

クロールライブレポート

[ リスト | 詳細 ]

自分自身のライブの感想です。
極少数のクロールマニア(略してクロマニア)必見っす!!
記事検索
検索

「croll with myself」

イメージ 1

なるほど!「ビックサイト」言うだけあって広かった。
無事迷子になることはなかったですが、自分の居所が分からず3〜4回半泣きになりました(笑)。

「デザインフェスタVol41」に参加してまいりました〜。

イメージ 2

表で練習ちう。

アジア最大のアートフェスというだけあって、とんでもない規模でした。
私が出た「シアタースペース」は他には劇団やバンドの方が多く、東京観光したい娘二人を「チームクロール」と称して連れていきましたが、シアタースペースの他の方のリハを見てそのクオリティの高さに「クラゲと波紋音で大丈夫か、おやじ?」と妙な心配をされました。

イメージ 3

作品は「with myself」というタイトルをつけました。

1/2倍速したクラゲの映像(一部脚色あり)と歪ませたピアノの音色にあわせての「波紋音」演奏です。
自らのピアノ曲を自分自身とし、それに向き合う演奏なので「with myself(私自身と共に)」。
広いシアタースペースの床に座り込み、顔あげるわけでもなくただ黙々と自分の音に没頭しました。
さすがのデザフェス、音響さんには簡単な説明と楽器見せたのみで、イメージドンピシャな音作りをしてくださいました!

「波紋音」という楽器に出会い、「一つの音を鳴らす」という行為に超喜びを見出しています。
公園など屋外に行き、その音色を楽しむ。
そこで鳴る風や葉のこすれる音、水のせせらぎ、自転車の走行音、人の声、世界に鳴る様々な音が「波紋音」とのアンサンブルになります。
故に、そこに聞く人が居ようと居まいと一切気にしなくなったのは流石にミュージシャンとしてマズイとは思います(笑)。

この日は音響さんのおかげで音の鳴らしも気持ちよく、不思議と緊張も何もなく自然で没頭した演奏ができました。


イメージ 4

この日は山梨に嫁いだ(?)幼馴染もわざわざ東京まで観にきてくれました。
中学時代、彼とギタークラブに入ったのが私が音楽に足を突っ込むきっかけでした。
30年以上経っても私には全然進歩はありませんが(人間性も含め(笑))今なおのらり〜と続けていることは確かです。
それを観てもらえただけで充分な幸せです!ありがとう!!

イメージ 5

自分の出番も終え、会場をウロウロしましたが、到底見尽くせる規模じゃございません!
中にはおそらく浜松のような田舎では絶対教育委員会からお叱りを受けるような出展も(笑)。
アートっていうのは表現ですから、そこで遠慮したんじゃきっと面白くないのでしょう。
それは音楽もしかりでしょう。
私は結構な頑固なわがままミュージシャンと捉えられているようですが、まだまだ甘いなと実感しました。

今回のデザフェスに出て、自分の中の迷いが晴れた気がします。
私にはまだまだやりたいことがあります。
それをやるには力が必要です。
怠けることなく鍛えなければいけません!

カオス、エロス、ユーモア、タブー、カルマ、etcetec。
全て人とは違うから面白いのです。
デザフェスに参加できて良かったと思います!

イメージ 6

帰りに代官山の「アートラッシュ」さんにご挨拶。
ここで出会った私のパートナー「波紋音」と共に3ショット。
いつもいつも家に帰るような気持ちで立ち寄ってしまいスミマセン。
店主様は「写真の顔は綺麗に修正してね」とおっしゃってましたが、充分お美しいのでこのまま載せます、あしからず(笑)。
アートラッシュ」さんは私の創作意欲を湧き立たせるパワースポットであります!


次回のライブはいよいよソロクロールワンマンライブ「居飛車」です。
気合十二分に楽しみたいと思います!





台風直下のライブ

浜松の洋菓子店「モンターニュ」さんの「なんづらシュー」はその大きさもさながら、中身もフルーツやら盛りだくさんで正真正銘の「なんづら!」でした。
「なんづら!」とは遠州弁で「なんだぁ!?」っていう表現です。
最近の人はまず使わない古い方言です。

えっ?「なんづらシュー」の写真ですか?
そんなもん瞬殺で食べちゃったのであるわけありませんよ(笑)。


イメージ 1
kiyosakuさんのFacebookより拝借。 突撃の際は招集くださいね〜。

「kiyosaku弾き語りライブ」の第一回ゲストとして「大木サキwithクロール」で参加いたしました。
この日はピアノも豆乳・・もとい!投入。
大木サキに暴露されましたが実はぶっつけ本番!
「失敗したらお互い指さして笑おうぜ!」とお互い恐縮しないようやりました。

ピアノの伴奏をしてると、その人がどんな思いで歌ってるのかが良くわかります。
伴奏をひたすら大事に歌う人、伴奏をぶっちぎり突っ走る人、ゆで卵が好きな人・・あっ、これは坂東でしたね(笑)。
とまあ様々な歌い手がいる中で、大木サキはその思いっきりが気持ちよかった!
もちろんこっちの出方をうかがうようないやらしいマネはせず、信頼してくれるのが良くわかりました。


私にとって「大木サキ」はタレントやアイドルではなく一人の信頼できるシンガーです。
そして彼女の作る歌は私の大きなエネルギーであります。
この日のライブはお互い(多分)良い出来とはいえず、終始ひっきりなしに指さして笑いっぱなしだったかもしれませんが(笑)、楽しかった!
台風直撃の最中の時間でしたが、恐ろしいことに多くのお客様も見えられてくださり嬉しかったです!

イメージ 2

kiyosaku様、第一回のモンターニュライブにお呼びくださりありがとうございました!
1年半前、偶然ではありましたが「大木サキ」と関わることになったのも全てkiyosakuさんのせい・・もとい!おかげです(笑)。
その1年半を披露すべく、私も大木サキもこのライブは気合が入っていました(練習は×でしたが(笑))。

この写真の3人は「絆」です。
「ゆる〜り」なんていいながら決してそんなことできず、誰かに負けるのが嫌で、見返してやりたい奴もいて、「発表会」なんかで満足できない頑固なシンガーソングライターです。


毎週火曜(第3はお休み)の19時、モンターニュ石原店にての「kiyosaku弾き語りライブ」が始まりました。
その「はじめの一歩」に関われたことが感慨深く、とても嬉しく思います!
超足元の悪い中、いらしてくださった皆様!ありがとうございました!


ライブ終了後には強風も雨も上がっていました。








イメージ 1

良く晴れた連休初日。
ライブ会場のアクト通りは御殿屋台が並んでいて、浜松まつりのムード満点です。
3日から5日まで行われる「浜松まつり出世道inアクト通り」のイベント、10月の「やらまいかミュージックフェスティバル」のPRバンドとしてバルンガで参加してまいりました〜。


イメージ 2

(白)氏だけぬけがけして法被です(笑)。
(灰)氏欠席の3人バルンガ。
リーダーもアコギに持ち替えての久々のサウンド、やはり物足りない感はぬぐえませんでしたが多くのみなさまの見守る中楽しく演奏できました。
予定時間に遅刻して来る方も数名おりましたが、それでも我々がやることを気にかけてくださった証拠。
そんな思いもとてもうれしく思います!

イメージ 3

DIにベースぶっこむ乱暴な音響でしたが、腕のいいPAさんのおかげでベースがきれいに出てたと思います。
おかげで容赦なくいつも以上にバキバキとした音を鳴らすことができました。
アバンギャルドなプレイの時は、アリアちゃんよりこのピンクベースの方が向いてると思う今日この頃です。

ちなみにこの日のTシャツは1997年の安室ちゃんのライブツアーのTシャツです。
この日下ろしたのですが、タンスの中で18年寝てたある意味年代ものです(笑)。

イメージ 4

やらフェスの出演者募集は今月31日までです。
PRバンドとしてちゃんと告知しないとならないのですが、競争率が上がるのを恐れ今日は少々口ごもってしまいました、すみません(笑)。
な〜んてことは冗談で(?)今年も10月10〜11日のやらフェス、バルンガも9年連続出場の想いを持って、楽しんで参加したいと思います!

「浜松まつり出世道inアクト通り」とても楽しかったです!
スタッフの皆様、そしていらしてくださった皆様、ありがとうございました!
5日は16時から「大木サキ」が出ます。
一応弟子なので宣伝しとく事にします(笑)。

「Music enjoy」


イメージ 1
ふぉとばいルゥ様、毎度毎度毎度可愛がっていただき嬉しいです!ありがとうございました〜!

 

厳選オーディションを突破し、血と汗を流し勝ち抜き手に入れた「Music enjoy」のゲストの座!(笑)
ホント楽しいライブでした!


ジュリアーノさんの語り掛ける世界、
幾度かご一緒してるのですが、見るたびに予想を裏切る表現は私自身のチャレンジ精神をも掻き立ててくれます!
案外な腐れ縁でもあり(笑)、きっと必ずどっかでお逢いするでしょうが、その時のお互いの進化も楽しみにしています。

そしてこちらこそ「超腐れ縁」のもやし様。
今年初ライブを拝見できて光栄です。
カバー中心で、もやしの超テクのオリジナル曲のファンの私は少々物足りなかったですが(笑)、リスナーに染み渡る歌声とその演奏はやはり圧巻でした。
今年は1曲は!必ずや書かせていただきます!申し訳ございません!!


イメージ 2
ふぉとばい、もやし(妹)嬢   もうこれ以上ハードル上げんといてください、すんません。。。


3月14日 「Music enjoy」 セットリスト

1 I must be strong
2 敗者
3 talking Rat
4 Empty chair
5 ガジュマルの樹の下で
6 河童
アンコール ヒカリ(feat大木サキ)
Wアンコール Hapiness(feat大木サキ)

ギターと波紋音を使ったライブでした。
誠にガヤの多いライブでした(笑)
しかし、おかげでいつもの重くなりがちなクロールのライブと違い、とても私自身もリラックスして楽しくライブすることが出来ました。
こないだのビーフラットも含め、最近の私はよく喋る!
今回も自分自身の理想となるべく「やりたい形」に近づけた気もします。
それでお客様が楽しんでいただけるのが本望です。

そして今回はアンコールにゲストをお迎えしました。

イメージ 3

19歳のシンガーソングライター、大木サキ!
「久しぶり!」といきたいとこだったんですが、日曜のプレ葉以来6日ぶりです。。。

アンコールだけの「ヒカリ」1曲をお願いしたのですが、その歌声と笑顔にWアンコールまでいただく始末。
急遽彼女のオリジナル「Hapiness」を歌ってもらったのですが、もうそうなると「大木サキワールド」の炸裂です。

おなじみともなった振付も含め、年齢層高めの会場一体がすっかり彼女に支配されます。
「クロールのライブ」という概念は消し去られ、私はただのサポートギターと成り下がってしまいました(笑)。
「飼い犬に手を噛まれる」とはこういった現象のことでしょうか?(笑)恐るべし!


この日も言われたのですが、最近の私はよく笑うそうです。
「Music enjoy」のライブ全体も含めですが、そこで多くのお客さんが楽しめる時間を作るのがライブです。
どんな楽器を使おうと、音楽をやってて「楽しい」っていう感情が、遅ればせながら私の中に芽生えた気がします。
ホント超「遅ればせ」ですが、理屈ではなく心で感じるのです。


今回ご一緒くださったジュリアーノ様、もやし様、そして企画のルゥ様、グリーン様、音響の大澤様(この日もリハが出来ずもう残念この上ない!)、飛び入りくださった皆様、温かいガヤを下さったお客様、そしてそして会場である「IGUZIONE」様、すっかり私のライブ持ってった大木サキ様、ありがとうございました!
こうした人たちに関われる自分を幸せに思います。
そして今後も自分らしさを求め、楽しく音楽に勤しんでいきたいと思います!



「GIRLS LIVE 2015 SPRING」

イメージ 1

3月8日、こちらのイベントに出演される「サキお嬢様」の音響スタッフを頼まれました。
私自身も夜はライブ。
午後には精神統一の苦行の為、滝行&瞑想をしなければならなかったので困りました。
しかし、「プレ葉」のライブと言えば心強いお方がおりました!
すかさず「奧山会長」に連絡とったところ、快くOK〜。
モニタースピーカーを借りようと松井親分に連絡したところ、その日は親分の絡むイベントがあるのでダメとのこと。
仕方なく諦めたところ、またもや親分から連絡が。
「お前!会長連れてっただろ〜〜!!」
どうやら親分も、スタッフとして会長をキープしようとした模様。
機材や人材を取り合う、久々の「松井組」のいざこざでした〜。

と、そんなこんなで8日は朝からプレ葉へ。
10時から設営(全て会長の機材!)。
「GIRLS LIVE 2015 SPRING」と、全く私には縁のないようなネーミングのライブでしたが。。

イメージ 2

出てるし〜〜。
もうスタッフでもなんでもありません(笑)
てなわけで正義さん、サプライズでビックリしたでしょ?、写真ありがとうございます!

この日は大木サキのサポートで3曲ほど「GIRLS」と銘打つライブに48歳のおっちゃん(笑)参加させていただきました。
久々再会の大木サキ!
相変わらず笑顔でハッチャけてご機嫌で、ここんとこ学業に忙しく頑張っていて中々ライブ出来なかったようで、そのうっぷんを晴らすべくパワフルなステージでした。
彼女のオリジナル曲は既に私の血となり、久々に披露出来たことを嬉しく思います!


この日の出演は「畑中摩美」さん、そして私は初めましての「こずえ」さんという女性シンガーソングライター3組の共演。

畑中さんは歌もさながら、ホントギターを良い音で鳴らします。
本人の前でギター弾くことに正直怯みます(笑)。
この日もユーモアと余裕溢れるライブでした!

そして「こずえ」さん。
ゆったりとしたオリジナルと浸透するような歌、派手さは無くともどこか懐かしくホッコリするライブでした。

そんでもって決して贔屓に言うわけではなく、そんな個性ある二人のシンガーソングライターの中であっても「大木サキ」らしいオリジナルと明るい世界観、素晴らしかったです。
自分の夜のライブの為のHPはかなり消耗しましたが(笑)、HP以上の回復魔法をもらいました。


イメージ 3

我ながら恥ずかしいのですが、大木サキと居る時の私はぶさいくながら恐ろしいほど笑顔です。
「笑顔職人」と呼んでも過言ではありません。

今回のライブ、誘ってくれてありがとう!
そして今回出演に当たり、約束だったお母様のお弁当!
もう最高のプレゼントで、せめて写真撮っときゃよかったと後悔しきりです!
当然、奧山会長もメッチャ喜んで・・・。。。
・・・あれ?
なんか忘れてるような・・?
この日私は音響スタッフだったのでは??!

結局、音響のお仕事は全て会長に丸投げで、私はギター弾くだけ弾いて、絶品のお弁当に舌鼓打って、間もなくドロンしてしまいました!
ホント会長!申し訳ない!!


結局会長は、この日3人の女子の音響を全て一人で任されるという、良く言えばハーレム状態で、悪く言えば男子一人取り残され状態でした。
会長無しではこの日のプレ葉の「GIRLS LIVE 2015 SPRING」というライブは成り立ちませんでした!
そこんとこよろしくです!!
ありがとう!会長!!






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事