フレディのジョギング絵日記

サブ4(4時間切り)を再度味わいたい!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
私はこれまでマラソン大会晴れ男を豪語しておりました。
これが狂ったのが前回の京都
今回のかすみがうらは、前日から雨、当日も雨、走り始めて強く、ゴールも雨、その後も雨。
 
これほど厳しい雨に直面したのは初めてでした。
 
ボストンの影響で警官の方もいる中、スタートです。しかし、あまりに降りしきる冷たい雨に警官の方も呆然と立っている様子。
出で立ちはいつもの長袖シャツの上にレッズの半そで赤シャツ、その上に腕なしのビニールをすっぽりかぶりました。このビニールは天気予報どおりであれば12時ころ晴れるので、途中は捨てる予定でした。
結局ゴールして、駐車場までずっとこのビニールをかぶることに。
 
スタート直後はゆっくり。丘を登っていきます。予定どおり。
すでに足も服もすっかり水分を吸って重くなっています
7kmを過ぎて、突然好調な自分を発見。
そうです。季節外れの低温と高湿度で呼吸が楽です。
行けるところまで行ってみようと思いました。
雨の中、快調にスピードを上げていきます。
10kmから20kmはキロ5分近くの自分としては有り得ないほど飛ばせます。
雨で衣服が重くて鬱陶しいものの、心はハイ。昨年の東京の記録に肉薄する好記録が期待できるかと思うとますますスピードが上がりました。
 
異変は25km過ぎ。
足が突然止まりました。
全くシカゴの時足にきたのと同じです。
痛いのは気合いで続けられそうですが、吊った足はどうにも走れません。
屈伸したり、歩いたり、遅走りをしたり、すっかりペースが落ちました。
後で記録証を見るとキロ7分という屈辱的遅さです。
これが36km位まで続きました。
かなり前に抜かし去った4時間のペースメーカーに抜かれます。
 
でも、その後はゆっくり走るように回復し、気持ちだけで一歩一歩足を前に出します。
 
すっかり貯金を使い切り、ゴール1km手前で3時間52分。
なんとかサブ4行ける!と気合いを入れますがスピードは上がりません。
 
ゴールが遠く、結果NET4時間00分06秒!
うぐぐぐ、なんとも悔しい。
 
突っ込みの恐ろしさはシカゴの時に記憶していたのに、調子に乗るのは恐ろしいものです。
がたがた震えながら駐車場へ。
心も記録も体もびしょ濡れ、ガタガタな大会でした。
 
でも、3度目の正直でかすみがうらを走れたのはよかった。震災、腰痛で2回だめだったので。
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事