フレディのジョギング絵日記

サブ4(4時間切り)を再度味わいたい!

ジョギング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

見沼通船堀

会社は1月6日まで休みです。
でも、今年は多忙で9連休のうち3日間は自主出勤となってしまいました。
 
1月4日の今日、関東はとても寒い日でしたがランニング仲間と見沼田んぼ走ってみました。
 
さいたま市に大きく広がる低地帯は見沼田んぼと地元から呼ばれる平坦な地域です。
とても広大なこの地区は東が東北自動車道近辺、南が武蔵野線付近、西が東北本線、北が東武野田線に囲まれた大きな低地帯です。
 
その東を身沼代用水(東縁) 、西を身沼代用水(西縁)が流れています。
 
その南の端に東西見沼代用水と芝川をつなぐ運河「見沼通船堀」があります。
 
イメージ 1
 
ここは国の史跡に指定され、整備がされています。
江戸時代は米などを江戸に運ぶのに重要な水路だったらしく、川の間の高低差を調整するために堰が4箇所もうけてあります。
パナマ運河のように水量で水位を調整し、川から川へと舟がわたっていったそうです。
 
いまでも時々水位調整のデモンストレーションがあるそうです。
 
昔の人の知恵と功績がしのばれる場所です。
 
さて、今日は用水路にも氷がはっている寒さでしたが、仲間がいると楽しく走ることができ、あっという間の26kmでした。なかなか一人で長距離を走るのが大変ですが、仲間と走ったことが無い場所を走るのも楽しみです。
 
皆さん 昨年中は大変お世話になりました。
今年も宜しくお願いします。
皆様とご家族が多幸でありますよう。

このところ多忙でランニングの機会が減ってしまいました。早速体形に問題が出ています。
でも、京都マラソンをはじめとするフルやハーフの大会が控えておりますから、計画的にこなして行こうと思います。
また皆様からのご指導宜しくお願いします。
金曜から風邪。けっこうひどい。鼻水は止まらず喉は焼けるように痛い。
熱がありそう。発熱なら欠場と固く決めていたが、寝起き平熱。
すると、カーボローディングの餅を食べ、支度をする自分がいた。

会場でも咳が出たり喉が痛かったら引き返すと心に決めていたが、「だいぶさん」と会場で会ってあれよあれよとスタート地点に立つ自分がまた。

さて、走り始めてからは風邪のことは気にならない。前回筑波では全体的にキロ6分を忠実に守りすぎてタイムが伸びなかった。
今回はスピードを出せるところは自由に走ってみた。
意外と走れる。緩やかに初冬の山あいの奥を目指す。
イメージ 1


20kmまでは快調。これは自己ベストに近づけるか?
佐野は後半になって心臓やぶりの坂が続く。

イメージ 2


さすがに足に来た。サブフォーに対する貯金がだいぶあったはずだが、後半はかなり貯金を崩し始める。途中火事で消防車の列が前途を邪魔する。給水所が少ない。向かい風強しなど、いろいろ阻害要因はある。
それでも絶対にサブフォーを取り返そうという気持ちは持ち続けた。
結果グロスで3h59'04"、NETで3h58'11"。

イメージ 3


もう無理かなと思ったサブフォーを出せたのは、失った物を取り返せたようで素直に嬉しかった。 これからも練習して安定してサブ4出せるようにしなければ。
ちなみに着ているのはレッズ槙野背番号20の新調したサポーター服。これが良かったかな?[2012年12月9日(日) 17:38]
先日の日曜開催された つくばマラソンに参加してきました。
 
3年連続の参戦です。
ここつくばマラソンはフラットなコースで記録が出やすいと主催者側の売り言葉です。
しかし、私はあまり良い記録が出たことはありません。
 
ただ、初フルマラソンがつくばであったことから、思い出深いコースでもあります。
 
当日は快晴、無風。絶好のコンディションでした。
アップダウンの少ないフラットなコースなのでよい記録が出るはずです。
 
が、このところあまり調子が上がらない私。
今回はあまり欲張らないでキロ6分で進もう と思いました。
 
丁度紅葉のシーズン快晴に銀杏の黄色が映えます。
筑波山もランナーに微笑んでくれます。
イメージ 1
 
スタートからキロ6分と決めていたので、10kmで1時間で進みます。20km地点でも2時間弱です。
ここで、周りのランナーがへばってきます。ここから少しづつペースを上げてみました。
 
30kmを過ぎても元気です。これまでのフルマラソンと全く違う感覚です。いつまでも走れる気になります。
35kmを過ぎてからは殆ど周りをゴボウ抜き状態です。
かなりの快感です。でも、ジグザグ走行なので体力を余計に使う感はあります。
そして、これまでのフルの中で一番体力ダメージ少なくゴールしました。
 
結果 NET4h08’14” Gross4h13'01"。
記録は冴えませんが、今回試した「前半を完全に抑える」成功でした。
ただ、一応つくばでは自己ベストでした。最速不到の東京よりは20分以上も遅いですが。
ラップを分析してみると、後半極端に早かったわけではなく、前半5分55秒台後半5分50秒台と殆どフラットでした。
なんだかフラットなコースをきわめてフラットに走れたのが良かったようです。
 
ガツガツと記録を求めず、これで良いのだと念じながら走った大会でしたが、ゴール後同行したラン友がサブ4だのサブ3.5だのを談笑しているのを見て、やっぱ後ろ撃沈でも記録あってのものか、楽に走るか、心が少し揺らいでおります。
 

人間案山子

先週の日曜に茨城県の岩井という所で行われた、坂東いわい将門マラソンというハーフマラソンの大会に参加して来ました。
22回目の大会で歴史があるようです。
私は今回この大会には初めての参戦でした。

フルマラソンに参加した後だったのでハーフはちょろいと舐めていましたが腐っても21.2キロです。
やはり後半は厳しいものがありました。
この大会の名物?中間地点付近で出迎えてくれるのは大きな人間案山子です。梯子の上に衣装を着た人が入って上方から応援してくれます。

イメージ 1


中身人は化粧をしているので分かりづらいですが、なんとそのうち一人は市長という噂です。
案山子は田んぼの中の直線路左右等間隔で10体ほどいます。

手作りで盛り上げてくれるローカル大会楽しいものです。
ただし私の結果は昨年のレベルから少し落ちる1h51'20"(グロス) 1h50'30"(ネット)でした。
シーズン序盤とはいえ、もうしこし上げなければ。
年齢のせいにするにはまだ早い!と自分に聞かせる日々です。

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事